「他行への借換え」を通告された和久井――待ち受ける試練

かけだし信金マン・和久井健太の活躍を通して「お金の増やし方」を学ぶ本連載。今回は、その第9回です。※本連載は、銀行の元支店長で現在は実業家として活躍する菅井敏之氏の著書、『読むだけでお金の増やし方が身につく 京都かけだし信金マンの事件簿』(アスコム)の中から一部を抜粋し、お金の増やし方について、かけだし信金マン・和久井健太の活躍を通して見ていきましょう。

<登場人物紹介>

・和久井健太(わくい・けんた)
京都にある洛中信用金庫に就職。入社三年目を迎え、北大路支店の営業部に配属されるも、引っ込み思案がわざわいして、苦戦。最近自分がこの仕事に向いているのか悩んでいる。

 

一時間後、しだれ桜をバックに観光客が自撮り棒を突き出している横を抜けて、賀茂川の岸辺に降りていった和久井は、ぼんやりと川面を眺めた。

 

そして、店に戻ったらどうやって田中主任に報告しようかと頭の中で色々シミュレーションしてみたが、どのバージョンもうまくいきそうに思えなかった。

 

和久井は腰を上げて川岸の道に上がった。そして店に戻るべく、川沿いを重い足取りで歩いた。

 

ふと見ると、見慣れない喫茶店ができている。いつのまにかオープンしていたらしい。くそっ、オープンの費用はどこで融資を受けたんだろう? すぐにそんな方向に連想呼び起こされてしまうのが、金貸し業の性である。

 

そういえば、今日は店へ配達してもらう弁当を予約していなかった。洛中信金は、昼食は配達される弁当を店の休憩室で食べる決まりになっている。しかし、外回りのついでに「本日は外で食べます」と先に報告していれば別だ。逆に、そうしてしまうと、店に戻っても食べるものはない。

「金を取ってこの味は、いくらなんでもあんまりだ」

和久井は喫茶店のドアを押した。

 

ぎょっとした。昼時だというのに、客はひとりしかいない。

 

店の隅で、うらぶれた中年のオヤジが、新聞片手にスパゲッティをフォークに巻き付けている。嫌な予感がした。

 

「いらっしゃい」

 

でっぷりと太った女主人が、テーブルに水の入ったコップを置いた。

 

「パスタランチ?」

 

「え」

 

「パスタランチがオススメやねん」

 

「ああ」

 

「パスタとサラダとデザートにコーヒーがついて九百八十円」

 

「ほかには?」

 

「それしかないねん」

 

「ああ、じゃあパスタランチください」

 

「グッドチョイスやね」

 

選択肢がないのだからチョイスじゃないよな、と思いながら和久井は水を飲んだ。

 

そして、嫌な予感は当たった。

 

出てきたのは、見るからにぶよぶよした麺にトマトケチャップを適当に振りかけただけのナポリタン。この皿の横に小さなガラス容器があり、和風ドレッシングをかけたキャベツの千切りに細切りピーマンが混じったクズ野菜が入っていて、どうやらこいつがサラダらしい。そしてデザートは小鉢に盛られたヨーグルトである。これは市販のものを器に移しただけだろう。

 

それでもパスタがうまければ我慢できた。しかし、和久井は一口ほおばってフォークを置いた。

 

まずい。

 

金を取ってこの味は、いくらなんでもあんまりだ。開店したのはいいけれど、これは遅かれ早かれつぶれるな。和久井はそう思った。こんな食い物を出して、味にうるさい京都でやっていくのは難しいだろう。この店に融資しなくてよかった、と和久井は今度はほっとした。

 

あまりのまずさに、和久井は再びフォークを取る気になれなかった。

 

すると、店内にいたただひとりの客と目が合った。

 

斜め向かいの席から、楊枝(ようじ)を使いながら、オヤジがこちらを見てニヤッと笑った。

 

その笑いは、まるで「まずいよな」と連帯のサインを送ってきているようにも思えた。

 

どう反応していいのかもわからず、目をそらした和久井は、クズ野菜とヨーグルトをやっつけた。それからもう一度パスタに挑戦してみたが、ふたくち目で心が折れた。

 

和久井は手を上げた。

 

「コーヒーください」

 

はーい、と女主人が明るい声を出した。それは潤いのある美声だった。この時、またオヤジと目があった。あいかわらずニヤニヤしながら、今度はやれやれという具合に首を振った。だんだん気味が悪くなってきた。

 

和久井は鞄から商売用の資料を取り出すと、表紙をじっと眺めて、オヤジの視線を遮った。本来は、金融業に従事する者は、機密保持などの危険を避けるために、外出先で業務書類を安易に広げたりしてはならない。それは和久井も知ってはいたが、表紙くらいならかまわないだろうと甘えが出た。

 

そして、トレイを前に押し出すと、空いたスペースに商売用の資料を鞄から取り出して、オヤジの視線をそらすようにしばし眺めた。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載京都かけだし信金マンの事件簿〜第1章より

実業家

1960年山形生まれ。1983年、学習院大学卒業後、三井銀行(現・三井住友銀行)に入行。 個人・法人取引、およびプロジェクトファイナンス事業に従事する。2003年には金沢八景支店長(横浜)に、2005年には中野支店長(東京)に就任。 48才のときに銀行を退職。
その後、起業し、アパート経営に力を入れる。 6棟のオーナーとして、年間7,000万円の不動産収入がある。 また、2012年には東京の田園調布に『SUGER COFFEE』をオープンし、人気のカフェとなった。
著書『お金が貯まるのは、どっち!?』(アスコム)は40万部を突破し、2015年オリコンランキングビジネス書部門第1位を獲得。

著者紹介

読むだけで お金の増やし方が身につく 京都かけだし信金マンの事件簿

読むだけで お金の増やし方が身につく 京都かけだし信金マンの事件簿

菅井 敏之

アスコム

長年の取引先を次々と失う洛中信用金庫。メガバンクの巧妙な罠にはまり、貸し剥がしにあう老舗商店――。人々の夢と希望と「お金」を奪うメガバンクの策謀がうずまく京都の町を、かけだし信金マン・和久井健太が駆け巡る! 読…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧