[連載]【話題の本.com 著者インタビュー】『知らない自分に出会う 精神分析の世界』庄司 剛

ロンドンで研鑽を重ね、現在は北参道こころの診療所の院長を務めている庄司 剛先生は、精神分析を社会に広めることで多くの患者を救おうと日々奮闘しています。精神分析的精神療法とは何か、そして、精神分析について学ぶことで何が期待できるのか、聴きました。


本連載の著者紹介

北参道こころの診療所 院長 

1999年に筑波大学医学専門学群卒業後、東京大学医学部附属病院心療内科、長谷川病院精神科を経て2008年~2013年までロンドン、タビストッククリニックに留学。

帰国後、心の杜・新宿クリニックに在籍し、2021年より医療法人イプシロン北参道こころの診療所に勤務。

<所属学会>
日本精神分析学会
日本精神分析的精神医学会
日本心身医学会
日本精神分析協会訓練生

<資格>
精神保健指定医
BPC(British Psychoanalytic Council) Psychodynamic Psychotherapist
TSP(The Tavistock Society of Psychotherapist) メンバー

著者紹介

TOPへ