[連載]現地発!フィリピン不動産投資&永住権取得の最新事情

世界有数の成長国フィリピンでの不動産投資が人気だ。だが、意外に知られていないのが、役所や税務署への届出などを含む、フィリピン不動産取得の具体的な手続き。ここに不備があると、後で思わぬ経済的損失を被る可能性もある。本レポートでは、フィリピン現地に密着し、多数の不動産取引を手がける「ハロハロ・ホーム」だから知り得た、フィリピン不動産取得に関する留意点の数々と、それを踏まえた正しい手続きのポイントについて、当社ファウンダーの鈴木廣政氏に解説していただいた。

本連載の著者紹介

ハロハロアライアンス/ディレクター
GATE of ASSETS 財団/ 常任理事
公益財団法人 国際人材育成機構/マニラ駐在員事務所開設準備室長 

1979年、愛知県生まれ。大原簿記専門学校卒業後、アパレル会社での勤務をへて、2000年、同業種で独立。同年自社ブランドを立ち上げ、卸、直営店舗を展開。その後、海外生産拠点を背景にOEM事業を開始。2005年にフィリピンに行き、1人のタクシードライバーに人生の生き方を考えさせられ、同地にて為替&アテンドビジネスをはじめ、もともとの事業を売却。その後、2007年にコンサル会社、2009年にPR会社を設立。2010年にフィリピンでオフショアのシステム会社を経営するO氏と出会い、同年Hallohallo incの立上げに従事する。

2014年にHallohallo Home incを立ち上げ、Hallohallo Assets、System、Travel、WebTV、Design、Builder、Exercise、Life、School、Maintenance、Architect、Salon、Clinic、Spaやストリートチルドレン復学プログラム等、多くの新規事業をアライアンス事業として立ち上げる。

著者紹介