2032年オリンピック開催決定の豪州「ブリスベン」…再開発で不動産価格は2倍の可能性も (※写真はイメージです/PIXTA)

2032年の夏季五輪の開催地に決まったオーストラリア第3の経済都市、ブリスベン。過去の事例によると、五輪のような国をあげてのイベント開催が決まると、再開発や都市整備の機運から不動産価格が値上がりするとされています。はたして、ブリスベンの場合はどうなるのでしょうか? 32年間にわたってオーストラリアで不動産ビジネスを手掛けている、株式会社ワイドエステートの砂川盛作代表が解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

ブリスベンを中心とする「SEQエリア」で競技が開催

IOC(国際オリンピック委員会)は7月21日、2032年夏季五輪・パラリンピックの開催地をオーストラリア第3の経済都市「ブリスベン」に正式決定しました。

 

筆者はオーストラリアに住んでいますが、1956年のメルボルン、2000年のシドニーに続き、世界最大のスポーツのイベントが再び開催されることが決まり、メイン会場をはじめ各種競技が実施される予定のブリスベン周辺のエリアは、このニュースで賑わっています。

 

また、ブリスベンだけでなく、リゾート地としても知られる「ゴールドコースト」でも多くの競技が行われる予定です。なぜゴールドコーストなのかというと、イギリス連邦加盟国による最大のスポーツイベント「コモンウェルスゲーム」が2018年に開催されており、そのために建てられたスポーツ競技施設が使えるからです。

 

ちなみに、ブリスベンとゴールドコーストはオーストラリア東部のクィーンズランド州に位置しています。クィーンズランド州政府は、ブリスベンを中心とした120キロ圏内(ゴールドコーストを含む)を「SEQ(South East Queensland Region)」という「戦略的成長エリア」に定めており、日本語で「クィーンズランド州の南東部都市圏」と訳されます。まさにこのSEQエリアで、各種五輪競技が行われるのです。

 

ブリスベンとゴールドコーストの2都市間にかけて広がるこのSEQエリアは、常に政治・経済の議論の要となっています。それを象徴するかのように、州政府より公表される土地鑑定情報によると、不動産取引数と金額はこのSEQエリアが際立っており、そのなかでブリスベンとゴールドコーストが頭一つ抜け出ています。

 

株式会社ワイドエステート(クィーンズランド州公認不動産業者) 代表

1989年より日系の豪州不動産コンサルティング会社で営業を経験。その後、日系の不動産投資・開発会社の現地取締役に就任。さらに、現地の不動産会社LJH社、JLL社、CBREにてコンサルティング業を続ける。1991~1993年のバブル崩壊を乗り切った経験を持つ。1997年、起業。1999年、株式会社ワイドエステートを設立。居住不動産、収益不動産、店舗・オフィスビル、開発用地の仲介・売買を行う。新規開発物件の日本市場への販売、住宅開発分譲事業、小規模M&A・コンサルティングも手がける他、アーリーラーニング(保育幼稚園)事業買収コンサルティング等も展開。共同経営で保育幼稚園9園のオーナーでもある。オーストラリアにおける不動産ビジネス歴は32年。日本人としては、最も長く不動産業に関わっている。オーストラリア・ゴールドコースト在住歴34年。

著者紹介

連載専門家が語る!「オーストラリア不動産」投資の魅力

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧