スモールM&A・・・投資家として成功するための条件

前回は、サラリーマンが「スモールM&A」を活用して起業するメリットを解説しました。今回は、スモールM&Aを成功させるために「投資家として必要な条件」を見ていきます。

M&Aに慣れた投資家は、赤字会社も投資対象に加える

株やFX等の金融商品投資をしている方なら、ブル(雄牛)・ベア(熊)という言葉を聞いたことがあるかもしれません。ブルは牛の角が上を向いていることがその語源で、相場上昇時に利益を狙うポジション。ベアは、熊が上から下へ手をかくことが語源で、相場下落時に利益を狙うポジションです。多くの投資家はブル型でしょう。

 

[PR]本稿執筆者による無料セミナー 東京(幻冬舎)で開催!
新たな投資分野として注目集める「スモールM&A」の活用術

 

M&Aの世界も同様です。一般的に財務が安定していて、業績も良い会社に買い手は集中します。これがブル型です。一方、M&Aに慣れてきた投資家は、業績が低迷、もしくは企業価値が下落している赤字会社も対象に加えます。当然リスクもありますが、リターンはそれに比して大きくなります。表現は適切でないかもしれませんが、スモールM&Aのベア型投資家です。日本の企業は7割が赤字と言われているので、実は市場は大きく競合も少ないのです。


不動産や金融商品の投資と単純比較できませんが、事業投資はROI(利益/投資額)20~30%以上を狙いたいところです。ハードルが高いと感じるかもしれませんが、そもそも事業が成り立たないリスクがあります。対象事業が3年後に平均で3割程度が失敗するとすれば、その比率を掛けなくはいけません。この確率は、投資する側の資質・やる気・経験値で上下変動します。

 

ある程度回収した後に、Re(再び)Sale(売る)することが可能です。ただし、売れやすい事業には特徴があります。まずは毎月安定的に収入が入る「ストック型」がその典型です。月額利用料が入る賃貸収入事業、レンタル事業、通信販売の定期購買などです。技術、人、顧客、資格、許認可、業歴、営業力、革新性などの優位性・特徴を分かりやすく、シンプルに伝えられる事業も好まれます。事業は、数字の前に感性で判断されることも多く、重要なポイントです。ビジネスが「仕組み化」できている会社も好まれます。

最も重要なのは「ビジネス」「事業性」を見抜く力

審査はだいぶ緩くなったと聞きますが、「信用取引」の口座を開設するためには、投資家としての適性・知識・経験・資産状況などがそれなりに厳しく問われていました。スモールM&Aにおいても同様で、経営に関する基礎的な知識は身につけておく必要があります。とはいえ、財務・税務・法務など詳細な実務に踏み込む必要はありません。専門家を使う能力を磨く方が近道です。専門家に依頼しづらいのは「ビジネス」「事業性」を見抜く力で、スモールM&A投資家として最も重要な適性となります。


知人の社長でスモールM&Aを活用し成功した事例を紹介します。最初のスタートは老舗小料理屋の買取りです。その後、2年程度で売却。その資金を元手に郊外の赤字ホテルを買収。見事に黒字化して、すぐに売却。同じ手法で都心のビジネスホテルを買収し多店舗店舗展開しFC化した方がいます。仮にゼロから飲食店・ホテルを立ち上げていったら成功できたでしょうか。その可能性は否定しませんが、何倍もの「時間」がかかったはずです。

 

[PR] 幻冬舎アセットマネジメント(GAM)が最新のスモールM&Aの案件情報をお届け!
個人投資家・不動産投資家も必見! スモールM&A 売買・投資情報


不動産や株で成功された方が、事業分野に興味を持たれるケースが増えてきています。正直、投資リターンの予測がしづらく、予定外のトラブルが起きることもあります。それでも、参入者が増えているのは、恐らく自ら手が下せるワクワク感があるからだと思います。表現を変えれば、スモールM&Aの成否、投資リターンは投資する側次第とも言えます。日本人の寿命は延びましたが、事業系の経営者として旬な時期はそれほど長くはありません。時間と経験を買うという意味でも、スモールM&Aは成功への近道と感じています。

「相続・事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「M&A」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載新たな投資分野として注目集める「スモールM&A」の活用術

株式会社つながりバンク 代表取締役社長
株式会社つながりリンク 代表取締役 

オリックス株式会社1996年~2012年。16年在籍。 在職中に多くの新規Projectに参画し、東京都、銀行、カード会社などに出向。ベンチャー企業から上場企業まで投融資を実行。経営企画部時代(約8年在籍)に、出資先の株主間調整、合弁契約解消、事業撤退・売却、海外子会社統合、債権回収業務など前向きから後ろ向き案件の対応をこなす。2012年、株式会社つながりバンク設立。スモールM&A市場の普及・拡大をメイン事業とし現在に至る。自らも小規模の事業系投資を実践中。

著者紹介

事業投資セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

新たな投資分野として注目集める「スモールM&A」の活用術

~会社や事業を買う一般投資家が増えている理由と、買い手としてのM&Aへの取り組み方

講師 齋藤由紀夫 氏
日時 2018年01月27日(土)
内容

・なぜいま「スモールM&A」が注目を集めているのか?

・不動産投資家や一般投資家、シニア起業家によるM&Aの活用が増えている理由

・対象となる投資先(売り手)の探し方

・投資家(買い手)から見たスモールM&Aの成功事例

・投資手段としてのM&A。その出口戦略とは?

・借入れを使ったM&Aのメリットとは?

・スモールM&Aでいま注目の業界とは?

・投資詐欺に遭わないためのポイント

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧