海外不動産投資における「信頼できるパートナー」の選び方

前回は、粗悪な新興国不動産の購入を回避するための「デベロッパー」の見極め方について解説しました。今回は、海外不動産投資における「信頼できるパートナー」の選び方を見ていきます。

同じ業界の人からのセカンドオピニオンを参考に

海外不動産投資の業者として関わりを持つのは、購入物件を紹介してくれる販売会社、そして購入後の物件をマネジメントしてくれる管理会社ということになります。しかし、信頼できるパートナーを見分けることは、簡単ではありません。私は初めてコンタクトをするパートナーに関しては、本人だけではなく、同じ業界の人からのセカンドオピニオンを取るようにしています。狭い業界ですから、問題ある人たちにはすぐに悪い評判が立ち、そんな話があちこちから耳に入ってきたりするのです。

 

[PR] 出版記念セミナー 東京(幻冬舎)で開催!
内藤忍の「日本×世界で富を築くグローバル不動産投資」

 

取引経験のない個人投資家が、いきなり現地に行って物件探しを始めるのは、リスクが大きいと言えますが、投資家のサイドに立ってパートナーを探してくれる信頼できるアドバイザーがいれば安心だと思います。物件選択だけではなく、価格の交渉やどの部屋にするのか、ローンの手続き、送金、契約書の内容確認、完成してからのテナント付け……何でも安心して相談できるパートナーは有益です。物件ありきではなく、まず付き合うべき相手をしっかり見つけ、その上で具体的な投資対象を探すというプロセスを忘れないようにしてください。

現地で管理体制やスタッフのクオリティをチェック

海外不動産投資では購入時だけではなく、購入後の管理方法についても精査が重要です。購入後はなかなか現地に行く機会はありませんから、しっかりとした管理会社を探して契約し、安心して任せられる体制をつくらなければなりません。

 

私は、フロリダ州に購入したコンドミニアムを、現地のアメリカ人に賃貸しています。物件の管理は、現地で実際にオフィスを訪ねていき、ヒアリングした上で、信頼できると判断した地元の不動産管理会社に委託しています。彼らには空室時のテナントの確保から毎月のメールでの賃貸状況のレポートまで、きめ細かく対応してもらっています。

 

[PR] 出版記念セミナー 東京(幻冬舎)で開催!
内藤忍の「日本×世界で富を築くグローバル不動産投資」

 

物件を購入してから、現在までテナントは変わることなく賃貸を続けており、安定したキャッシュフローを受け取ることができています。日々の管理は基本的に管理会社がすべて対応してくれますから、現地に行く必要もありませんし、施設の修理の際に工事の許可を求めるメールが来たときに、こちらから指示を出す程度ですから、手間としてはほぼゼロと言ってよいと思います。このようなメンテナンスフリーの状態が実現できているのは、管理会社のクオリティが高いからだと考えています。

 

長期で入居し、賃料の支払いが遅れることのない良質の賃借人を確保できるのは、管理会社のマーケティングと入居希望者のスクリーニングがしっかりしているからだと言えます。空室になった場合のテナントが見つかるまでの時間や、日々の管理状況の報告方法などは管理会社の能力によって異なると言えます。

 

良質な管理会社を見分けるには、やはり現地でオフィスを訪問し、管理体制やスタッフのクオリティをチェックするのが確実です。現地に行く前にいくつかの管理会社にアポイントメントを入れて、実際に行ってみれば、誰に管理をお願いすべきかが見えてくるはずです。私が視察に出かける場合、現地に信頼できる管理会社が存在することを条件にしています。管理会社の選択によって、海外不動産投資の成否は大きく変わってくるのです。

本連載は、2014年4月25日刊行の書籍『究極の海外不動産投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
本連載に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本連載の内容は著者の個人的な見解を示したものであり、著者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。本連載の情報を利用した結果による損害、損失についても、出版社、著者ならびに本連載制作関係者は一切の責任を負いません。投資の判断はご自身の責任でお願いいたします。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載海外不動産投資を活用した資産形成&資産防衛のススメ

株式会社資産デザイン研究所 代表取締役

1986年、東京大学経済学部卒。MITスローン・スクール・オブ・マネジメント卒(MBA)。1999年に株式会社マネックス(現マネックス証券株式会社)の立ち上げに参加。2013年に株式会社資産デザイン研究所を設立し、代表取締役社長に就任。自らも投資家として活動する一方、資産運用に関する講演、セミナー、執筆活動など多方面で活躍する。また、一般社団法人海外資産運用教育協会の代表理事として、資産運用の重要性を広めるべく、人材育成にも力を入れている。主な著書に、シリーズ累計12万部を超える『〔第3版〕内藤忍の資産設計塾』(自由国民社)の他、『内藤忍 お金の話をしませんか?』(日経BP社)、『60歳までに1億円つくる術』(幻冬舎)などがある。
1996年から続く、公式個人ブログ「Shinoby’s World」は、毎日更新。毎週金曜日には「資産デザイン研究所メール」(無料)で、資産運用に関する最新情報を配信中。

著者紹介

究極の海外不動産投資

究極の海外不動産投資

内藤 忍+GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

海外不動産投資の最大の魅力は、海外の国や地域が持つ「成長力」に投資できること。とはいえ、やみくもに投資を行っても利益は得られません。目的に合った投資先に、適切な方法で投資することこそが「究極の海外不動産投資」な…

日本×世界で富を築く グローバル不動産投資

日本×世界で富を築く グローバル不動産投資

内藤 忍

幻冬舎メディアコンサルティング

今や、不動産投資において日本国内と海外の垣根はなくなりつつあります。 身近でわかりやすく、土地勘のある国内不動産。 成長性の高いエリアならば高収益が見込める海外不動産。 各投資商品の違いを比較することで、メリッ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧