スイス企業と同様に「グローバル株」化が進む日本企業

スイス発祥で、アクティブ運用戦略を得意とするファンドハウス「GAM」。同社の2つのファンドにおいて日本株のポートフォリオマネージャーを務める三戸玲子氏へのインタビュー。最終回のテーマは「富裕層マーケットの本場スイスの分散投資事情とは?」。聞き手は、香港の新しい金融機関であるニッポン・ウェルス・リミテッド(NWB/日本ウェルス銀行)の幾田朋彦氏である。

スイスにはそもそも「国内株」「海外株」の概念がない

幾田 最後の質問です。チューリッヒという場所は、ウェルスマネージャーがたくさんいらっしゃるのと、欧州という性格上かなり資産配分の分散が進んでいると想像していますが、実際のところはいかがですか?

 

三戸 一般的に株式の配分は相対的に低いという感触を受けていますが、という感触を受けてそもそも株式の配分は、グローバルエクイティというアセットクラスとして分けられており、あまり国別にはなっていないですね。MSCI等のインデックスそのままのアロケーションになっていることが多いかもしれません。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京/大阪/名古屋/福岡の4都市で開催!

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛&トランプ時代のマーケット展望

 

幾田 日本では国内と海外の株式が全く異なるアセットとして分類されることが多いのですが、そういった分け方はされていなさそうですね。

 

三戸 スイスの人口がせいぜい700万人と、ヨーロッパの中で小さいという認識があるにもかかわらず、カントリーバイアスはあると聞いています。

スイス企業と同様に「グローバル株」化が進む日本企業

幾田 それは良い事なのでしょうか、それとも悪い事なのでしょうか? 私も自問するときがあるのですが、リスク分散の観点からは投資先の国を分けた方が良いのですが、国内企業の方が馴染みもあるし、為替リスクも負うことがないので、下手に海外資産に投資をするより安全な面がないわけではない。スイスの投資家はこの点をどのように考えているのでしょう?

 

三戸 良い悪いは私も判断しかねます。一方で、スイスの企業は一般的に海外売上比率が非常に高いのです。有名どころではネスレが真っ先に浮かびますが、例えばABB(スイスに本社を置く重電大手)などは海外売上比率がおそらく9割近かったように記憶しております。

 

そこまで海外売上比率が高いとスイス株というより実質グローバル株ですよね。株式投資については、投資先企業が最終的にどこで収益を上げているか、という点が最も重要なので、そういった議論をする余地があまりないのかもしれません。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京/大阪/名古屋/福岡の4都市で開催!

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛&トランプ時代のマーケット展望

 

幾田 投資先が直接的・間接的に分散されているのが当たり前、ということなのでしょうね。国内株式なのに、実質グローバル株である企業が多いという意味では、日本もそうかもしれませんね。

本稿は、情報提供を目的として、インタビュー時点での経済データ等をもとに個人的な見解を述べたので、GAMおよびNWBとしての公式見解ではありません。また、特定の金融商品への投資の勧誘を目的とするものではありません。

GAM ポートフォリオマネージャー

Julius Baer Japan Stock Fund 、the GAM Star Japan Equity fundのポートフォリオマネージャー。
2011年11月のGAM入社以前は5年間東京のAtlantic Investment Management でシニア・エクイティーアナリストを務めた。それ以前は、6年間東京においてゴールドマンサックスアセットマネジメントのアナリスト、ポートフォリオマネージャーとして勤務。
1996年、日本銀行においてキャリアをスタートした。
国際基督教大学にて経営学士を取得。CFA保有。現在の拠点はチューリッヒ。

著者紹介

Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB/日本ウェルス) シニア・マネージャー

2006年より三菱UFJモルガン・スタンレー証券(入社当時は三菱UFJ証券)にてリテール営業、株式、仕組債、商品戦略等の幅広い業務に従事。2011年から2012年にはニューヨークのモルガン・スタンレー・ウェルスマネジメント(当時はモルガン・スタンレー・スミス・バーニー)でマネージド・アカウントをはじめとする米国の富裕層ビジネスの現場で経験を積む。2014年、現職であるNippon Wealth Limitedの商品およびビジネスデベロップメントの責任者として就任。国際基督教大学卒。
WEBサイト https://jp.www.nipponwealth.com/

著者紹介

連載欧州系有名ファンドハウスの現役ポートフォリオマネージャーが語る「日本株の現在と将来」

出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【大阪会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年03月05日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 イオンコンパス 大阪駅前会議室 (大阪駅前第2ビル15階 Room B)
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年03月08日(水)
内容

・トランプ大統領誕生!2017年のマーケット展望

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【名古屋会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年03月12日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 イオンコンパス 名古屋駅前会議室 Room A
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【福岡会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年04月16日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 アクロス福岡 6F 608会議室

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧