海外活用 香港 株式投資
連載欧州系有名ファンドハウスの現役ポートフォリオマネージャーが語る「日本株の現在と将来」【第4回】

「アクティブ運用」のマネージャーを使うメリットとは?

アクティブマネージャーETFポートフォリオNWB(日本ウェルス銀行)

「アクティブ運用」のマネージャーを使うメリットとは?

スイス発祥で、アクティブ運用戦略を得意とするファンドハウス「GAM」。同社の2つのファンドにおいて日本株のポートフォリオマネージャーを務める三戸玲子氏へのインタビュー。第4回目のテーマは「アクティブ運用のマネージャーを使うメリットとは?」。聞き手は、香港の新しい金融機関であるニッポン・ウェルス・リミテッド(NWB/日本ウェルス銀行)の幾田朋彦氏である。

スイスにいながら日本株を運用する理由とは?

幾田 投資家からアクティブマネージャーを使うメリットについて質問をよく受けます。特に最近はETFが数も残高も伸ばしてきておりますので、アクティブマネージャーに対する風当たりは強くなっているように感じております。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京/大阪/名古屋/福岡の4都市で開催!

海外での財産隠しはできない時代。それでも富裕層がいま「香港」に向かうワケ

 

三戸玲子さんの場合ユニークなのが、チューリッヒにいて、そこからリサーチもしていますし、運用もされています。日本株であれば、日本にいた方が良いパフォーマンスを出せるのではないか? ましてや、それがアクティブ運用であれば、なおさらではないかという気がしますが、欧州の投資家から何か言われることはありませんか?

 

三戸 そういった質問は非常に多いです。まず2番目の、スイスにいながら日本株を運用する点についてお答えします。私も長くヨーロッパに住みたいと思っていながら、なかなかそこに踏み出さなかった理由は、日本を離れたら情報へのアクセスが少なくなることを恐れていたからです。しかし、実際に動いてみたら、いくつか発見がありました。まず一番の発見はトップ企業の経営陣に対するアクセスです。

 

中小企業も大企業も、経営陣の素質や考え方に業績が左右されるという点においては同じですが、東京にいたときは、経営陣とお話をしたいと申し上げても、つないでいただける機会はほとんどありませんでした。一様に断られるか、IR担当の方にお会いするのが精一杯です。でも、実は東証が上場企業に出している質問事項の中に、「投資家に直接会って、話をしていますか?」という項目がありまして、当然企業としては「はい」と答えたいと思っています。その一環で、名のある企業の経営陣はヨーロッパやアメリカに出張する際に投資家廻りをすることが多いのです。

 

そうすると、GAMチューリッヒは日本株で3000億円以上の運用規模がありますので、必然的に訪問先の有力候補になります。実際、チューリッヒで初めて経営陣とお会いできた企業もあり、そういう機会というのは、チューリッヒにいなければ得られなかったのではないかなと思っています。

 

もう1つは、私たちは長期投資を目指しており、非常に低いターンオーバー(取引量・銘柄入替の頻度)でポートフォリオを運用しておりますので、そもそも情報の量とかスピードでは競争はしておりません。投資先の企業が、3年後、5年後にどういった姿になるのかということを前提に投資をしているので、東京にいる必要は特にないですね。

 

香港やシンガポールにも多くの投資家やヘッジファンドがたくさんいらっしゃると思いますが、それとあまり変わりないと思っています。私自身も毎日6時半に出社していますので、東京は夏時間であれば午後1時半には電話の前におります。この時間帯であれば、東京のオフィスから電話をかけようが、チューリッヒのオフィスから電話をかけようが、同じことです。

「選択投資」で市場のアウトパフォームを狙う

幾田 今回香港までいらっしゃったのは日本での現地調査も兼ねてとお伺いしました。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京/大阪/名古屋/福岡の4都市で開催!

海外での財産隠しはできない時代。それでも富裕層がいま「香港」に向かうワケ

 

三戸 そうです。日本でも企業訪問を行いましたし、今回はインドネシアに事業を拡大している投資先企業の工場を訪ねてきました。こうした方々に直接お話をお伺いするのは、グローバル企業の動向を把握する上では大事なことです。

 

幾田 アクティブ運用のメリットに関してはどう思われていますか?

 

三戸 アクティブマネージャーを使うメリットに関してですが、ETFに投資すると、基本的にはその国に上場しているすべての企業にポジションを持つことになります。つまり、あまり収益をあげていないような企業にも投資することになりかねません。私たちは業績・質の良い、会社、ビジネスモデルがちゃんとしていて、マネジメントがちゃんと数字を出せるような会社に選択投資をしています。裏を返せば、業績があまり良くないような銘柄を避けることで、市場をアウトパフォームすることを狙っています。相応のメリットはあると言って差し支えないと思います。

本稿は、情報提供を目的として、インタビュー時点での経済データ等をもとに個人的な見解を述べたので、GAMおよびNWBとしての公式見解ではありません。また、特定の金融商品への投資の勧誘を目的とするものではありません。

三戸 玲子

GAM ポートフォリオマネージャー

Julius Baer Japan Stock Fund 、the GAM Star Japan Equity fundのポートフォリオマネージャー。
2011年11月のGAM入社以前は5年間東京のAtlantic Investment Management でシニア・エクイティーアナリストを務めた。それ以前は、6年間東京においてゴールドマンサックスアセットマネジメントのアナリスト、ポートフォリオマネージャーとして勤務。
1996年、日本銀行においてキャリアをスタートした。
国際基督教大学にて経営学士を取得。CFA保有。現在の拠点はチューリッヒ。

著者紹介

幾田 朋彦

Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB/日本ウェルス) シニア・マネージャー

2006年より三菱UFJモルガン・スタンレー証券(入社当時は三菱UFJ証券)にてリテール営業、株式、仕組債、商品戦略等の幅広い業務に従事。2011年から2012年にはニューヨークのモルガン・スタンレー・ウェルスマネジメント(当時はモルガン・スタンレー・スミス・バーニー)でマネージド・アカウントをはじめとする米国の富裕層ビジネスの現場で経験を積む。2014年、現職であるNippon Wealth Limitedの商品およびビジネスデベロップメントの責任者として就任。国際基督教大学卒。
WEBサイト https://jp.www.nipponwealth.com/

著者紹介

連載欧州系有名ファンドハウスの現役ポートフォリオマネージャーが語る「日本株の現在と将来」

海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2016年12月10日(土)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?<緊急追加項目>

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年01月14日(土)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【大阪会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年03月05日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 イオンコンパス 大阪駅前会議室 (大阪駅前第2ビル15階 Room B)
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【名古屋会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年03月12日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 イオンコンパス 名古屋駅前会議室 Room A
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【福岡会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年04月16日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 アクロス福岡 6F 608会議室

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest