美容室の開業――家賃交渉を有利に進めるためのポイント

今回は、家賃交渉を有利に進めるためのポイントを見ていきます。※本連載は、ベネフィット税理士法人の代表社員、田崎裕史氏と、同法人所属の税理士、伊澤真由美氏による共著、『ゼロから開業して1億円を目指す美容室経営術』(三和書籍)の中から一部を抜粋し、美容室を新規出店する際の準備と心得を紹介します。

オーナーが法人であれば交渉が容易なことも

物件選びの隠れた常識、知っていると得するというような情報をいくつかお話しします。

 

①借りる相手が法人オーナーの方が個人オーナーより交渉しやすい

 

個人オーナーはこだわりをもっていたりして、なかにはこの値段以下では絶対に貸さないとか、こういう業種には絶対に貸さないとか、そういう人もいます。

 

一方、法人のオーナーだと賃貸で営利を追求しなければなりません。特に法人所有の物件を管理会社の人間が管理していたりすると、交渉の相手はその会社の会社員だったりします。

 

こういう人はサラリーマンですから、物件を空けておくと、自分の成績にも関係します。ですので、わりと交渉に乗ってくれやすいということがあります。

 

②物件が多い地域だと比較しやすいので交渉もしやすい

 

物件の少ない地域というのは、借りたいという需要の方が、貸したいという供給より多くなってしまいます。借りる側からすると、当然、物件がないとお店がはじめられませんから、そこを逃すとほかにない、という心理状態になりやすく、交渉が不利になりがちです。

 

ところが、例えばターミナル駅などの物件が多い地域だと、もしそこがだめだったら他のところでよいというふうに交渉することもできますし、似たような物件がたくさんあるので比較もしやすくなります。

 

あの物件がこれくらいの値段だったら、この物件はもう少し安くなるんじゃないか、というような交渉時のネタにも使えます。

 

③空調をつける、つけない

 

これも結局大家さんとの交渉になってきます。

 

業務用の空調をつけるとなると、費用が一〇〇万円くらいかかったりします。それを自分の費用でつけるのか、それとも大家さんが出してくれるのかというのは大きな違いになります。そういったことも視野に入れて、交渉していくということが重要になります。

 

④こちらに実績があると有利になる

 

これは二号店以降の話になりますが、事業をやっていて好調に推移しているというのが相手にも見えると、交渉次第では、六か月くらいのフリーレント(一定期間、家賃無料で借りること)をつけてくれるなどもあり得ます。これは向こうから言ってくれるケースもありますが、やはり交渉になります。

申込書を入れても、契約成立までは安心できない

次は実際に物件をこれに申し込もう、となった場合のポイントです。

 

物件を申し込むときには、まず不動産業者に「申込書」というのを提出します。ここで注意してほしいのが「申込書というのは契約書ではない」ということです。むしろ、「まず申し込みをしないとはじまらない」という場合が多いのです。申し込みして終了というのではなく、むしろはじまりなのです。

 

申し込みを入れたから、もう安心と思ってはいけません。自分が申し込みをした後にほかにもっと高く借りたいという人が出てきて、「実は同タイミングで申し込みが入って」と不動産業者に言われ、ひっくり返されることだってあります。契約が成立するまでは、安心はできません。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「経営戦略」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載ゼロから収益1億円を目指す「美容室」の経営術

ベネフィット税理士法人 代表社員
税理士 

栃木県宇都宮市出身。同志社大学商学部卒。税理士・美容室経営コーチ。美容室経営研究会「ビューティベネフィット」主催。ベネフィットコンサルティング(株)代表取締役、ベネフィット税理士法人代表社員。
前職では商社の営業マンをしていたという経歴を持つ。開業時の最初のお客様が美容師さんだったというご縁もあり、美容業特化の税理士となる。美容室経営に関する無料メルマガを毎日配信しており、現在、登録者は2,000人を超えている。現在は、自らの経験を踏まえて、美容業に特化した税務会計サービスのほか、マーケティングや経営に関するコンサルティングも行う。
家族は、妻のほか、長女、長男。趣味は、釣りと自転車だが、最近は、トライアスロンにも挑戦。だが、何よりも「お客様の経営をより良くすること」に情熱を燃やしている。

著者紹介

ベネフィット税理士法人 税理士

栃木県下野市出身。立命館大学法学部卒。税理士・美容室経営コーチ。ベネフィット税理士法人社員税理士。超氷河期のさなかの就職活動だったため、スキルを身につけようと税理士を目指し、現在に至る。年間150人以上の開業美容師さんと会い、開業や税務のサポートを行っている。税理士の中で最も多くの美容師さんに関わっており、信頼も厚い。また、美容室開業者に向けたセミナーも開催しており、受講者からも「わかりやすい」と大変人気を集めている。

著者紹介

ゼロから開業して1億円を目指す 美容室経営術

ゼロから開業して1億円を目指す 美容室経営術

田崎 裕史、伊澤 真由美

三和書籍

美容室オーナーが、最初に掲げるべき目標は、年商1億円。本書には新規出店の準備と心得、美容院を軌道に乗せるために必要なこと、さらには将来を見据えた多店舗展開まで、年商1億円を目指すためのノウハウが満載されている。 …

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧