その他 健康
連載胃腸を整えるための「生活習慣」のポイント【第1回】

体の健康状態が見えてくる「便のチェック」の習慣化

新連載乳酸菌発酵便通

体の健康状態が見えてくる「便のチェック」の習慣化

本連載では、良い「腸内環境」を作るための実践的な整腸法を中心に、腸を健康にする生活習慣のポイントを解説していきます。

「臭い」で分かる腸内の状態とは?

本連載では、乳酸菌生産物質の活用法も含め、私が実践している整腸法を中心に、腸を健康にする生活習慣のポイントをお話しします。

 

腸の健康状態を最もよく表しているのが「便通」です。腸内で悪玉菌が優勢になると、腸に入ってきた消化物を腐敗させてしまいます。そうすると便秘になりやすくなったり、出てきた便の色や形が明らかに悪くなったりします。

 

便は出さえすればよいと、排便後にすぐ流してしまう人は、腸が発するSOSをみすみす見逃しているかもしれません。私は、前の日やその前の日に食べたものを思い出しながら、必ず色や形状を確認しています。

 

便のチェックで一番大切なポイントは「臭い」です。排便して便器に落ちるまでの、1秒足らずの間に、便の臭いは感じ取れます。この臭いは腸内にて発酵した菌の発散する独自のものです。その人の持っている腸内フローラによって、同じ食べ物を食べても微妙に異なった臭いになります。

 

ご自分の便の臭いによって、何を食べたときの臭いか判断できるようになればしめたものです。腸内フローラの調子を判断できますし、健康のために何を食べ、何を食べてはいけないかを判断できるようにもなるからです。

 

私は長年、菌の培養に携わっていて、菌の発する臭いを大変重要視しています。微妙な違いを見逃すことは許されません。菌が私に発酵の良し悪しを伝えてくれているのだと、ありがたく思っています。みなさんも、臭いのチェックはぜひ行ってみてください。

歳をとるとともに、便通や便の状態が不安定に…

便の太さも、発酵状態の良し悪しを示しますので、よく見るようにしています。腸の中で良好な発酵が行われていると、便は太くなります。直径2.5~3㎝のバナナ状が理想といったところでしょうか。

 

加えて、たくさんの気泡がついています。これは発酵が盛んに行われているあらわれなのです。排便後にわざわざ、気泡の有無まで観察するなんて、と思われるかもしれませんが、一度じっくり見てみてください。なお、水に浮くか浮かないかは、腸の健康には直接関係ありません。

 

便は、腸が消化物を発酵させた結果つくられるもの、と考えれば、歳をとるとともに便通や便の状態が不安定になり、若いころほどには良くなくなるのも頷けます。つまり、大腸の発酵タンクが言ってみれば老朽化しているからそうなるのです。

 

それは、発酵させるための腸内フローラからの生産物質が減るために、発酵タンクの働きが悪くなっていることを意味します。だからこそ、生産物質をつくる能力を落とさないようにするために、普段から大腸の発酵タンクをメンテナンスすることが大切です。

 

それには、普段の生活習慣を見直すことが第一ではありますが、身体の外から乳酸菌生産物質を補充することも、効率よく大腸の発酵タンクの働きを整える大きな助けとなります。

 

【図表】便のチェック方法

本連載は、2016年4月30日刊行の書籍『不老「腸」寿』から抜粋したものです。記載内容は予防医学の観点からの見解、研究の報告であり、治療法などの効能効果や安全性を保証するものではございません。

村田 公英

株式会社光英科学研究所 代表取締役

昭和15年山口県山口市生まれ。昭和34年に電子工学系専門学校を卒業後、義報社に入社。同社の大谷光瑞農芸化学研究所にて、乳酸菌生産物質の生みの親である正垣一義氏に師事し、乳酸菌の培養技術を学ぶ。昭和44年、光英科学研究所を設立。以降、約50年にわたり「乳酸菌生産物質で、世界人類の健康増進に貢献する」という理念のもと独自の研究開発を行い、現在も多くの人の健康長寿に貢献し続けている。

著者紹介

連載胃腸を整えるための「生活習慣」のポイント

不老「腸」寿

不老「腸」寿

村田 公英

幻冬舎メディアコンサルティング

本書では、約50年の長きにわたり乳酸菌の研究を行ってきた著者が、本当に効果のある腸内改善のノウハウについて解説していきます。「乳酸菌生産物質」を活用した腸内改善を行えば、100歳まで健康に長生きすることが可能になる…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest