不動産 国内不動産
連載不動産投資の「出口戦略・組合せ戦略」実践マニュアル【第17回】

不動産投資の「金利上昇リスク」に備える方法

固定金利

不動産投資の「金利上昇リスク」に備える方法

今回は、不動産投資の「金利上昇リスク」に備える方法などを見ていきます。※本連載は、株式会社アセットビルドの代表取締役・猪俣淳氏の著書、『誰も書かなかった不動産投資の出口戦略・組合せ戦略』(住宅新報社)の中から一部を抜粋し、不動産投資で「自分に合ったスタイル」を導き出し、成功するためのノウハウをご紹介します。

投資に対する借入金の割合を一定以下に抑える

前回に引き続き、不動産投資のデメリットを見ていきます。

 

(2)金利上昇、滞納、空室、賃料低下、財務、災害、事件・事故など不動産投資特有のリスク

 

不動産投資特有のリスクというものがたくさんありますが、基本的な考え方として「すべてのリスクには対処の方法」があります。

 

1.最初からリスクを避けておく

2.リスクの発生を予想して対応する仕組みを作っておく

3.リスクが顕在化しないように予防的な準備をしておく

 

多くの場合、財務分析・市場分析など投資分析の知識と、運営・管理の経験とノウハウがあれば、その過程でリスクの予想と対処の方法を考えることができます。筆者がとっているリスク回避の方法を、いくつか参考にご紹介しましょう。

 

①金利上昇のリスク

 

「現金で購入」するのが最大の解決策ですが、それ以外にも対応する方法はあります。例えば、投資に対する借入金の割合を一定以上にしないというのも立派な対策です(DCR=負債支払いの安全率の項目で詳細に触れます)。いろいろな物件を組み合わせていくというのも、ある意味で金利上昇リスクを回避する有効な方法です。

固定金利の選択も方法のひとつだが・・・

あるいは固定金利の選択といった方法もあります。固定期間は20年とか30年とか全期間の選択ができるローン商品もありますが、固定期間が長くなれば長くなるほど金融機関の金利変動リスクを織り込むことになるので、最初の金利は割高になる傾向にあり、その点が不利になります。

 

また、固定期間中のローン弁済には、残高の数パーセントやローン残り期間の未払い金利といった、かなりの金額のペナルティが発生するケースがほとんどなので、繰上返済や出口戦略による売却という選択肢をとるときに足かせになることがあります。

 

個人的には、3年・5年といった一定期間の固定期間選択でも、十分にリスクヘッジをすることはできると考えています。「固定期間終了時の元金残高が確定できるということ」と、「固定期間中のキャッシュフローを留保しておくこと」は、金利上昇リスクをコントロール可能なものとしてくれます。

 

例えば、新築で購入した「コンフォート」の場合であれば、

 

固定期間選択型の場合、期間終了時の融資の内部は、

 

1.その期間が終了した時点で残っている借入元金を

2.残りの期間で借り換える

 

という扱いをしますので、例えば、繰上返済をしなかった場合で、金利が1%上昇し、3.7%になったと仮定した場合、固定期間が終了する年後の残債「49,301,110円」を年利3.7%・20年返済で借り換えるということになります。

 

この場合、年間ローン支払額は3,492,231円になりますから、従前の年間返済額3,192,938円と比べると、299,293円(月額24,941円)の増加になるということです。

 

2.7%→3.7%と金利上昇が生じた場合でも返済額が変わらないようにするためには、この時点での借入金額を減額することによって対応できます。原資は、保有によって手元に残った税引後キャッシュフロー累計を転用することが可能です。

 

年間返済額3,192,938円・年利3.7%・期間20年の場合、借入額は45,075,878円となりますので、5年後の残債49,301,110円との差額4,225,232円を繰上返済すれば、返済額は従前と変わらない状態にできます。

 

年間の税引後キャッシュフロー累計は3,232,810円ですから、近い結果にはなることでしょう。

 

1.不足する992,422円を自己資金で追加するか、

2.ATCF累計額を繰上返済して、460,680,300円を新たな借入残高とし、年間返済額3,263,236円として、年間70,298円(月額5,858円)の返済額上昇で済んでよかったと受け入れるか

 

といった判断になるでしょう。

 

金利上昇の程度、残債の減り具合、税引後キャッシュフローの累積状況などによって条件がかわりますが、考え方としてはこのような計算をして判断をしてください。

本連載は、不動産投資における金利上昇のリスクを回避する方法2016年3月31日刊行の書籍『誰も書かなかった不動産投資の出口戦略・組合せ戦略』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

猪俣 淳

株式会社アセットビルド 代表取締役 一級建築士

1961年生れ神奈川県横須賀市出身。
不動産・建築業界の最前線で30年以上の実務経験を有し、みずからも収益物件の購入・運営・資本改善・売却を行う実践不動産投資家である。不動産・建築・投資・金融・管理・保険・相続の各分野における26もの資格を保有している。
活動は幅広く、CCIM-JAPAN(全米商業用不動産投資顧問協会日本支部)、IREM-JAPAN(全米不動産管理協会日本支部)の理事を兼任、CPM®(認定不動産経営管理士)公式コースのファカルティ(講師)としてプロフェッショナル向けの教鞭をとるかたわら、新聞・雑誌への執筆・取材(ビジネス専門誌・一般週刊誌・海外も含む業界誌)、年間70件を超える全国での講演活動、ラジオ・TVなどへの出演も行っている。
著書は『不動産投資の正体』、『誰も書かなかった不動産投資の出口戦略・組合せ戦略』(以上、住宅新報社)などがある。自身のブログ「不動産投資にまつわる100の話 プラス」でも情報を発信している。

著者紹介

連載不動産投資の「出口戦略・組合せ戦略」実践マニュアル

誰も書かなかった不動産投資の出口戦略・組合せ戦略

誰も書かなかった不動産投資の出口戦略・組合せ戦略

猪俣 淳

住宅新報社

本書は、不動産投資において想定される“あらゆるスタイルの投資家”が、ご自身の投資を定量化し、方向性を検討したり、強みと弱みを把握したり、最適化を図る・・・といった視点で使える「ツール」としての機能を重視して、ほ…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest