英国のEU離脱がドイツ不動産市場に及ぼす影響とは?

英国が下した決断は、欧州の不動産業界を大きく揺るがしました。Brexitが引き起こすであろう影響の多くは、現段階でまだ明らかになっていないものの、欧州各国の経済情勢へのインパクトも極めて大きいと予想されています。そんな中、ベルリン最大手のある不動産会社が、英国の脱EUが不動産業界に及ぼす影響について分析結果を発表しました。今回は、それらをまとめてご紹介します。

「安全地域」としてのドイツの地位はさらに高まる!?

ドイツの住居用不動産市場にBrexitが及ぼす影響とは?

ドイツ国内の住居用不動産の需要が上昇する可能性は、非常に高いことが予測されています。「安全地域」としてのドイツの評判は、英国の脱EU投票の結果、さらに強くなってゆくでしょう。ヨーロッパで最も優秀かつ最大規模の経済力を誇るドイツは今後、国際不動産投資家にとって、特に主要都市について、これまで以上に魅力的な対象となるでしょう。

 

[PR]6月20日(火)ルリン不動産投資セミナー in 幻冬舎 >詳細はこちら

 

Brexit投票に対する国際不動産投資家の反応は?

国際不動産投資家達はこれまで、長年に渡り、英国を投資先としてきました。脱EU決定は、特にアメリカ合衆国、アジア諸国、そして中東諸国の投資家達に警報を鳴らしたことは想像に難くありません。世界最大手の信用格付け機関Standard & Poor’sが発表したところでは、英国の信用格付けは既に下がってきており、これは不安感の増長を招きます。特に「中価格帯」物件を対象とする国際投資家たちは、今後ドイツ国内での投資額を増やしてくることが予測されています。主に、価格帯にして20万ユーロ~70万ユーロの住居用不動産物件の需要は、確実に上昇することが見込まれます。
 

英国の不動産は今後、より手が届きやすい価格に下がる?

短期的に見ると、英国の不動産物件は今後、国際投資家にとって入手しやすくなることが確実視されています。その一方、注意も促されています。それは、英国の不動産産業はこの数ヶ月間、すでに縮小傾向にあるということです。諸銀行の報告によると、2016年4月の新たな住宅ローンビジネスは、過去11ヶ月間を通じて最も低迷しています。今後も、この傾向が続くと見られています。

ロンドンからの労働力流出による影響も見逃せない

今後ロンドンから欧州大陸へ流れる労働市場の予想は? それによるオフィス・住居用不動産の需要は増加する?                     
近い将来、ロンドンからヨーロッパ大陸へ移動する職の数は一万以上と予測されています。フランクフルト、ミュンヘン、そしてベルリンといったドイツの主要都市は、この動きによる利益を享受する好ポジションにつけています。労働力の移動に伴い、オフィス用不動産市場にとどまらず、住居用不動産市場も、その需要が上昇してゆくでしょう。


⑤ 投資家にとっての利益はあるのか?
英国民がEU脱退を決めたことは、大勢の人達にとって遺憾なことである、というのは事実です。国民投票の結果を尊重する一方、それが経済に及ぼす副次的影響は何か。それを正確に評価することが、現段階での焦点となります。

 

[PR]6月20日(火)ルリン不動産投資セミナー in 幻冬舎 >詳細はこちら

 

Brexit投票は、上に述べた通り、ドイツ国内の不動産需要を押し上げると見られています。ドイツの不動産仲介業者、不動産コンサルティング関係者によると、海外投資家達からの問い合わせ数は既に、急激な上昇を見せています。それら投資家達は、今回のBrexitが、彼らの投資にまつわる判断を強力に後押ししている、と口を揃えます。

 

今後数ヶ月間は、上記に述べた傾向が勢いを増してゆくことが、確実視されています。

株式会社ウィンドゲート ウィンドゲート・ジャーマニー支社長 ヴァイスプレジデント

ベルリン生まれ。 John-F.-Kennedy International HighSchool。ロンドンのUNL大学卒業後、大手物流企業でリーガル・コンサルティングに従事。その後、不動産業界にてライフスタイル・プランニング、不動産調査、インテリアデザイン等の業務に従事。 2011年より、株式会社ウィンドゲート取締役副社長、ドイツ・ベルリン支店長として不動産売買、投資アドバイス、仲介等に携わる。 日本滞在経験は10年以上で、ドイツ語に加えて日本語、英語もネイティブレベルで会話可能。また、ドイツでの不動産売買業務に長年従事しており、豊富な業務経験に加え、最新の物件情報にも精通。

ウィンドゲートでは、日本語・ドイツ語・英語が堪能なドイツ人及び日本人スタッフがベルリンに常駐。物件案内・契約サポート・管理時の翻訳サポートなどを通じ、所有から売却時までケアしている。
WEBサイト http://windgate.jp/jp/

著者紹介

連載ユーロ建て現物資産で注目!ドイツ「ベルリン不動産」の魅力

海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

「ドイツ・ベルリン不動産」の魅力

~現地専門家が伝える、先進国の知られざる「成長都市」ベルリンの最新事情と不動産投資のポイント

講師 尾嵜豪氏
日時 2017年06月20日(火)
内容

・「壁」の崩壊から四半世紀。

 着実に成長を続けるベルリンの姿とは

・人口増加中で賃貸利用が約85%。

 豊富な需要が空室リスクを軽減

・戦前建築の堅牢な中古物件も多数存在。償却メリットも享受できる

・ローンの活用で、レバレッジを効かせた投資も可能

・最新の物件情報も公開。2000万~3000万円台の物件も多数あり

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧