200万~300万円の資金でスタートできる「コインパーク事業」

特別な不動産知識がなくても、少額の資金でスタートできる「コインパーク事業」。本連載は、大阪府で60ヶ所以上のコインパーキングを運営する経営者・福崎茂樹氏の著書、『コインパークの魅力――実録・すべて借地で年商1億円』(にじゅういち出版)の中から一部を抜粋し、コインパーク事業の魅力を紹介します。

特別な知識がなくても実践可能な不動産投資の一つ

コインパーク事業は不動産投資の一つだと考えています。不動産投資といえば、通常、賃貸マンションを取得し、家賃を受け取り、諸経費を支払い、利益を手にするということを想定されることでしょう。テナントビルであれ駐車場であれ同様です。

 

しかし、賃貸マンション経営を経験されている方は十分ご存知でしょうが、人が住むと様々な要望・クレームが発生し、24時間対応が必要となります。もちろん管理費を払って不動産管理会社にその対応を任せる方法もありますが、まあ大変です。さらに、10年に1回大規模修繕が必要になってきます。そうして表面利回り10%前後、実質利回り5%前後といったところでしょうか。

 

コインパーク事業は、賃貸マンションの代わりにコインパーク設備一式を設置し、30分いくらという利用料を受け取り、諸経費を支払い、利益を得るものです。こちらも24時間対応が必要ですので専門業者にフィーを払って委託しますが、表面利回り71%、実質利回り27%です。

 

しかも、特別な不動産知識がなくても、賃貸マンション経営に比べて少額の資金で、個人でスタートできるのです。スタートすればあとは機械が稼いでくれます。会社勤めをしながら、200万〜300万円あるから何かに投資したいと考えている人にも適した事業といえます。アパート・マンションの一室あるいは一棟を投資目的で購入する人がいますが、そのコインパーク版と捉えることができます。

空きスペースと一時利用需要をマッチングさせた事業

数年前まで、駐車場といえば月極が普通でした。つまり、1カ月単位で駐車スペースを貸すというものでした。土地所有者にとって月極駐車場は、固定資産税は少し高くなりますが、ほとんど手間がかからず、売却も含めいつでも転用が効く土地活用なのです。

 

ところが最近は、若者の車所有の減少によって空きが目立つようになってきています。他方、駐車違反の取り締まりは強化されています。ここにコインパーク事業のベースがあるのです。すなわち、駐車場の空きスペースと一時利用需要をマッチングさせた実需の事業なのです。

駐車場の空きスペースを利用したコインパーク
駐車場の空きスペースを利用したコインパーク

 

コインパーク事業は、一時利用需要をマッチングさせた実需事業
コインパーク事業は、一時利用需要をマッチングさせた実需事業 

本連載は、2016年3月24日刊行の書籍『コインパークの魅力――実録・すべて借地で年商1億円』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載不動産投資の新たな選択肢「コインパーク事業」の魅力

株式会社 エステートリンク 代表取締役

昭和53年大学卒業。歯科器材販売会社の営業、ハウスメーカー・ディラーの総務経理を経て、平成元年地元有力不動産会社に入社。平成8年代表取締役に就任。平成15年近畿財務局管内初となる特定目的会社による不動産の証券化を実施。
全国賃貸管理ビジネス協会関西支部副支部長、公益財団法人日本賃貸住宅管理協会大阪府支部支部長を歴任。
平成21年大阪府茨木市に株式会社エステートリンクを設立。大阪府北部を中心にコインパーク62ヶ所、バイクパーク10ヶ所を運営している。

著者紹介

コインパークの魅力 ――実録・すべて借地で年商1億円

コインパークの魅力 ――実録・すべて借地で年商1億円

福﨑 茂樹

にじゅういち出版

コインパーク事業は、特別な不動産知識がない個人でも、賃貸マンション経営に比べて少額の資金でもスタートすることが可能です。そんなコインパーク事業の最大の魅力は「自分は働かず、機械が日銭を稼いでくれる」こと。本書で…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧