不動産投資で「100円パーキング」が狙い目となる理由

前回は、「不整形地」のパフォーマンスを最大限に引き出す方法を説明しました。今回は、不動産投資において「100円パーキング」が狙い目といえる理由を見ていきます。

リーマンショックをきっかけに、多くの土地が駐車場に

意外に思うかもしれませんが、「100円パーキング」もお値打ち価格で入手できる土地のひとつです。

 

リーマンショック以降、それ以前に不動産業者が購入していた土地の多くは、地価の下落のため、処分できないまま金融機関に融資の担保として押さえられてしまいました。そして、その中の一部は、駐車場に姿を変えました。

 

たとえば、街中にある100円パーキングの土地の登記簿謄本を取ってみると、相場価格は1億数千万円程度のはずなのに、なぜか2億円以上の抵当権がついていることがあります。

 

その土地を担保として融資した金融機関が、1億円で売却して損切りするわけにはいかず、しばらくは時間貸し駐車場にして様子を見ているというわけです。

値段と交渉次第で物件が手頃な値段で買えることも

とはいえ、お金を貸している側としては、回収の見込みがない債権をいつまでも抱えこんでいるわけにもいきません。担保に取った土地を売却して、いくらかなりとも回収することを決断しなければならないときがいつかは訪れます。

 

そこで、タイミングと交渉次第では、そのような物件を手頃な値段で買えてしまうこともあるというわけです。

 

お目当てのエリアに、理想的な土地がなかなか見つからない場合には、「100円パーキング」に目を向けてみると、思わぬ「お宝物件」に巡り合えるかもしれません。

本連載は、2013年9月20日刊行の書籍『不動産投資は女性が選ぶ新築RCマンションで始めなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

株式会社フェイス 代表取締役社長

1988年某銀行に入行。12年にわたり融資担当として500件以上の案件を扱う。2001年、不動産会社である有限会社フェイスネットワーク(現・株式会社フェイス)を設立。2003年、渋谷区松涛に自社物件第一号を建設する。2006年には自宅兼投資マンションを1棟、2007年には自社ビルを建設する。この12年間で、城南3区にて60棟の不動産投資プロジェクトをプロデュースする。

著者紹介

連載不動産投資に「向いている物件・向いていない物件」とは?

不動産投資は女性が選ぶ 新築RCマンションで始めなさい

不動産投資は女性が選ぶ 新築RCマンションで始めなさい

蜂谷 二郎

幻冬舎メディアコンサルティング

不動産投資は、「新築RC一棟マンションを」「20代・30代単身女性をターゲットとして」「城南エリア(世田谷区、目黒区、渋谷区)」で行うとなぜ成功するのか。城南エリアに特化した不動産業で10年以上の実績をもち、融資から物…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧