投資不動産の「管理会社」を選ぶ際のポイント

前回は、投資マンションの入居率を維持するために「メンテナンス」が重要となる理由を説明しました。今回は、不動産管理会社の重要性を見ていきます。

選ぶ管理会社によって「入居率」が大きく左右される

物件が完成したあとは、その管理・運営をスタートすることになります。多くの場合、入居者の募集、家賃の集金と延滞家賃の督促、退去時の原状回復の立ち会い、緊急時の対応など、日常的な管理業務に関しては、専門の管理会社に任せることになるはずです。

 

その結果、オーナーとしての仕事は、

 

「入居者からの家賃減額の要求に応じるかどうか」

「家賃滞納者を退去させるかどうか」

「部屋のリフォームや建物全体にかかわる設備の更新や追加、修繕をどの施工会社に頼み、いつ、どの程度行うか」

 

等々、そのときどきの状況に応じて重要な判断を下す程度のものになるでしょう。

 

「それなら、いったん建ててしまえば、あとは楽だな」と思うかもしれませんが、管理会社選びには細心の注意を払わなければなりません。管理会社の社員の働きいかんで、物件の運営がスムーズにいくかどうかが決まり、マンションの入居率が大きく変わることになるからです。

管理のみならず様々なサービスを提供してくれる業者も

なお、管理業務に限らず、ワンストップサービスで、土地探しからマンションの設計・施工も含めたサービスを提供してくれる業者もあります。

 

自身の不動産投資のスタイルなどによっては、そのような業者に管理を依頼する方が適切なケースもあります。

本連載は、2013年9月20日刊行の書籍『不動産投資は女性が選ぶ新築RCマンションで始めなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載不動産投資に「向いている物件・向いていない物件」とは?

株式会社フェイス 代表取締役社長

1988年某銀行に入行。12年にわたり融資担当として500件以上の案件を扱う。2001年、不動産会社である有限会社フェイスネットワーク(現・株式会社フェイス)を設立。2003年、渋谷区松涛に自社物件第一号を建設する。2006年には自宅兼投資マンションを1棟、2007年には自社ビルを建設する。この12年間で、城南3区にて60棟の不動産投資プロジェクトをプロデュースする。

著者紹介

不動産投資は女性が選ぶ 新築RCマンションで始めなさい

不動産投資は女性が選ぶ 新築RCマンションで始めなさい

蜂谷 二郎

幻冬舎メディアコンサルティング

不動産投資は、「新築RC一棟マンションを」「20代・30代単身女性をターゲットとして」「城南エリア(世田谷区、目黒区、渋谷区)」で行うとなぜ成功するのか。城南エリアに特化した不動産業で10年以上の実績をもち、融資から物…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧