その他 法人の財務改善
連載“ナニワの人情税理士”が明かす、儲かる社長の「資金繰り」のノウハウ【第5回】

多くの社長が憧れる「無借金経営」は本当に素晴らしいのか?

レバレッジ借金

多くの社長が憧れる「無借金経営」は本当に素晴らしいのか?

今回は、多くの社長が憧れる「無借金経営」は、本当に素晴らしいのかどうかを検討してみます。 ※本連載は、“ナニワの人情税理士”として知られる鈴木和宏氏の著書、『中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ』(マネジメント社)の中から一部を抜粋し、「儲かる社長」が実践している資金繰りのノウハウをご紹介します。

借金をすることで儲けに差が出る理由

無借金経営は、本当に会社としてよいことでしょうか?無借金経営のいいところは「支払利息もかからず、借入金を返済する必要がない」ということです。しかし、無借金経営の場合、「いまの手元資金でできること」しか行うことができません。たとえば、事業拡大のチャンスがにわかに訪れたとしても、無借金経営を押し通すと、急な仕入代金や設備投資もできません。ビジネスチャンスを逃してしまいます。

 

レバレッジといわれる〝てこの原理〟をご存じでしょうか?

 

たとえば、自己資金で商品代金100万円を使って仕入した結果、売上代金として2倍の代金(200万円)で売れた場合、100万円の儲けになります。

 

同様に、1000万円の借入れをして同じ2倍の売上(2000万円)ができた場合、儲けはどうなるでしょうか。ここでは1000万円の借入金の返済と利子を10万円負担しても、990万円は手元に残ることになります。

 

これがレバレッジという〝てこの原理〟です。100万円の儲けと990万円の儲け、この違いをよく理解してください。借金をすることによって儲けの差が出るわけです。

 

「無借金経営は素晴らしい」というのを別の視点から見てみるのはいかがでしょうか。

 

無借金経営をしたいという経営者の相談がよくありますが、本当にいいのでしょうか?

 

私は具体的な数字を使って、以下のように答えています。

 

2社の現金預金残高と借入額を比較します(ちなみに借入額から現金預金を差し引いた正味の借入額は、いずれも2000万円です)。

 

●大阪ほんわか社・・・現金預金額500万円/借入額2500万円

 

●あべのハルカス社・・・現金預金額2500万円/借入額4500万円

 

大阪ほんわか社は借入額も少なく、現預金も少なくなります。負担する借入金利も少なくなります。一方、あべのハルカス社は借入額も多く、その分、現金預金も多くなり、負担する借入金利は増えます。

 

しかし、経営の安全性、資金繰りに苦労しない確率は、大阪ほんわか社よりあべのハルカス社のほうが、はるかに高いはずです。

儲かっている社長は借りられるときに上手に借りる

儲かっている社長は、銀行を上手につかいます。100円ショップのダイソーの矢野社長がある雑誌のインタビューで話していました。

 

ダイソーは銀行が「借りてください」と頭をさげてきたときは、全部借りて預金していたそうです。知り合いの社長からは「利息がもったいないから、そんなに借りなくてもいいのでは?」といわれたそうですが、「銀行さんは晴れているときに傘を貸して、雨が降ると傘を取り上げるから、うちの会社は銀行が借りてくださいというときに全部借りて預金しておくんだ」といっていたそうです。

 

その後、貸し渋り、貸し剥がしの問題が起き、知り合いの会社はうまく資金調達ができなかったが、ダイソーは資金が十分にあったために計画どおりの出店ができた、ということでした。

 

儲かっている社長は、銀行は晴れているときに傘を貸して、雨が降ると傘を取り上げることを知っています。利息は、経費で落ちるので税金も安くなるし、保険みたいたなものと考えています。「損して得取れ」ということです。

 

無借金経営が必ずしもいいわけではありません。借金経営にして資金繰りが楽になると余裕のある経営判断をすることができ、迷いがなくなり、会社はめっちゃ順調に成長発展していきます。

 

もちろん、銀行からの借入金は少ないにこしたことはありません。しかし、会社経営には、「運転資金」や「固定資産等設備資金の取得」に多額の資金が必要になります。

 

ところが、無借金経営にこだわりすぎるとどうなるでしょうか?ビジネスチャンスを逃して会社の成長が阻害されることもあります。ただし、無理な成長、過大な設備投資は慎むべきです。借金だらけの経営では倒産予備軍になるので論外です。

 

いつでもお金が途切れない経営を継続させるためには、銀行などの金融機関からの借入金とうまく付き合っていくことが儲かる社長になるための条件です。

本連載は、2015年12月12日刊行の書籍『中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

鈴木 和宏

鈴木和宏税理士事務所 所長
一般社団法人ほほえみ信託協会 代表理事
税理士 

昭和30年1月14日大阪市東成区生まれ。昭和52年3月京都産業大学経営学部経営学科卒業。昭和52年4月大丸百貨店(現・大丸松坂屋百貨店)の子会社経理部門において、経理全般に従事。昭和54年9月税理士事務所において関与先の記帳指導・監査・決算・税務申告等に従事。
昭和58年12月税理士試験に合格。昭和59年2月税理士登録。
昭和59年8月鈴木和宏税理士事務所開設。現在は税務業務をはじめ、キャシュフローコーチ、経営計画策定支援、保険塾、飲食店成功支援の業務を行っている。
主な著書に、『中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ』(マネジメント社)、『検討してみよう!家族信託の基礎知識』『相続対策の基礎知識 生命保険活用編』『[改訂版]検討してみよう!生前贈与の基礎知識』『生前贈与Q&A』(以上、ファーストプレス)、『まんがで学ぶ相続と遺言』(新日本保険新聞社)、『中小企業経営者のライフプラン~起業から事業承継まで~』(共著、ぎょうせい)など多数。

著者紹介

連載“ナニワの人情税理士”が明かす、儲かる社長の「資金繰り」のノウハウ

中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ

中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ

鈴木 和宏

マネジメント社

がっちり儲けている社長は、どういうことを考え、実践しているのでしょうか。同時に、税理士をどのように役立てているのでしょうか。本書は、31年の税理士生活のなかで出会った多くの経営者とのお付き合いを通じ、学んだエッセ…

検討してみよう!家族信託の基礎知識

検討してみよう!家族信託の基礎知識

鈴木 和宏

ファーストプレス

家族信託とは、信頼できる家族・親族や知人などが財産の預かり手(財産管理をする者)となり、「高齢者や障がい者のための安心円滑な財産管理」や「柔軟かつ円滑な資産承継対策」を実現しようとする民事信託の形態です。家族の財…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest