不動産 海外不動産 国際資産分散
連載ハワイ不動産投資の新スタンダード「ホテルレジデンス」の魅力【第22回】

ハワイのホテルコンド「イリカイ(Ilikai)」の最新分譲事情

ハワイ不動産ホテルレジデンスIlikaiイリカイ固定配当

ハワイのホテルコンド「イリカイ(Ilikai)」の最新分譲事情

ハワイの老舗有名ホテルで、最近は「固定配当」の投資用ホテルコンドミニアムとしても人気のイリカイ(Ilikai Apartment Building)。このたび、新たな分譲のアナウンスがあり、多くの日本人投資家からさらなる注目を集めています。今回は、その最新事情を見ていきましょう。

2階部分がフルリノベーションで新たに分譲

今回は、アラモアナとワイキキの間に位置するホテルコンドミニアム「Ilikai Apartment Building(以下Ilikai)」について説明します。

 

[PR]2017年1月14日(土)開催@幻冬舎
無料セミナー『ハワイ不動産投資「ホテルレジデンス」の魅力』

 

Ilikaiは1964年築で、オアフ島で最も歴史のあるホテルコンドミニアムの一つになり、総戸数は1,000室を超える大規模なホテルコンドミニアムです。

 

今まで連載の中で触れてきたTrump Tower Waikiki(トランプ・ワイキキ)やThe Ritz-Carlton Residences Waikiki Beach(リッツカールトン・ワイキキ)のように全室分譲タイプのホテルコンドミニアムですが、今までミーティングルームやライブラリーなど商業用スペースとして利用していた2階フロアが今回ホテルの客室にリノベーションされ、分譲されることになりました。

 

実はこの2階部分と22階から25階までの計5フロアは同一の所有者が保有していましたが、経済的な事情でNYの金融機関が差し押さえをしました。その金融機関が資金回収を目的として、2014年末より22階から25階の全室をフルリノベーションして分譲し、あっという間に完売してしまったという経緯があります。

 

元々この2階部分も分譲されると言われていましたが、なかなか正式に発表さず、首を長くして待っていた方も少なくありませんでしたが、このたび、2016年3月7日付で正式に分譲のアナウンスがなされました。

 

上層階の分譲時には、購入者の約半数が日本人であり、今回の2階の分譲も上層階を買い逃した多くの日本人の方から大きな注目を集めています。そのため、一般的な先着順の販売方式ではなく、2016年3月31日までに、それぞれの購入希望者が、自分が購入したいと思う条件(価格を含む)にてオファーを入れるという入札方式にて購入者が決まることになっています。

 

 

稼働状況に影響されない「固定配当システム」を採用

前述のとおり、IlikaiはTrumpやRitzと同様のホテルコンドミニアムとなっていますが、ホテルとして貸し出しをした際の配当システムに大きく異なる点があります。通常、ホテルコンドミニアムは、その部屋の稼働実績に応じて収入が上下します。よって通常は毎月収益にばらつきが出てきますが、今回のIlikaiは、「固定配当システム」が用意されており、ご所有のお部屋の稼働状況に影響されず、ホテルオペレーターが収入を保証する仕組みが用意されています。


その固定配当システムによって、想定キャッシュフローがクリアになるため、投資家が安心して投資できる環境が整っていることが人気の秘密となっているのです。

 

[PR]2017年1月14日(土)開催@幻冬舎
無料セミナー『ハワイ不動産投資「ホテルレジデンス」の魅力』

 

現在、ご自身のポートフォリオを検討される中で、優良な海外資産を保有したいというニーズが非常に多くなっています。特に、最も身近な米国であるハワイ不動産への注目度は年々高まっていますが、ハワイの中でもオアフ島の【ワイキキ】に存在する不動産というのはごく僅かであり、その中でも安心して投資できる物件を見極めていくと、本当に一握りと言えます。


今回のIlikaiについては「最後のチャンス」と言えるタイミングを迎えています。2016年3月31日までにオファーを入れるためには一定要件があり、興味・関心がある場合には早めの行動が必須といえるでしょう。

 

[PR] 本件のお問い合わせは、Seven Signatures International まで。

谷貝 亮

Seven Signatures International アシスタントマネージャー

株式会社Seven Signatures International(セブン・シグネチャーズ・インターナショナル)は、Trump International Waikiki Beach Walk、The Ritz Carlton Residence Waikiki 等の日本正規販売代理店であり、ハワイのホテルレジデンス・高級コンドミニアムの販売に特化。東京・ハワイにそれぞれオフィスを構え、Trump25階には購入顧客専用のラウンジを設けている。顧客専用ラウンジでは、常駐のコンシェルジュがレストランやSPA、レンタカー等の予約手配を行い、よりハワイでの滞在が充実するよう各種サポートを行っている。
WEB サイト http://www.sevensignatures.com/

著者紹介

連載ハワイ不動産投資の新スタンダード「ホテルレジデンス」の魅力

海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

ハワイ不動産投資の新スタンダード「ホテルレジデンス」の魅力

~自己使用に加え賃料収入を極大化する「ハイブリッド型」所有形態のメリットと、 ワイキキ周辺の最新開発プロジェクトの動向

講師 田村仁氏
日時 2017年01月14日(土)
内容

・ハワイ不動産の種類とそれぞれの特徴とは?

・「ホテルレジデンス」という所有形態が注目される理由

・最新のハワイ不動産市況

・ハワイ不動産の価値がなかなか下がらない理由

・タックスメリットから見るハワイ不動産の魅力とは?

・ワードビレッジ等を含むハワイの最新物件情報も公開

【コラム】ハワイ不動産投資の新標準「ホテルレジデンス」とは?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest