ハワイのホテルコンド「イリカイ」・・・最終分譲の2部屋の詳細

ハワイの老舗有名ホテルで、投資用ホテルコンドミニアムとしても人気のIlikai Apartment Building(イリカイ)。今回は、6月に入札期日を迎える、最終分譲の2部屋(25階)について詳細をご紹介します。

最終分譲となる25階の2Bedroom、2部屋が販売開始

本連載第22回(こちらを参照)、第24回(こちらを参照)にてIlikai Apartment Building(以下Ilikai)の分譲住戸について案内しましたが、2階部分はすべての入札が完了し、多くのお部屋はすでに引き渡しも終わり、ホテルとしてレンタルに出されている部屋もあります。

 

 

そして最終分譲となる25階の2Bedroom、2部屋が遂に販売開始となりましたので、今回はその2部屋について案内します。

 

まずはフロアプランから見てみます。こちらが2543号室のフロアプランになり、2544号室は反転タイプとなります。広さは2件とも1,000Sqftになり、平米換算ですと約92㎡になります。

 

そして下記の写真が、弊社にて撮影したそれぞれの部屋の写真になります。ダイニングチェアなどの一部の家具を除いては、ほとんど2階の部屋と同様のものになり、室内も同じデザインとなっています。

 

眺望はどの部屋からも海を見ることができ、特に海側のバルコニーに出ると一面に海が広がり、正にオンザビーチのような素晴らしいビューとなっています。また、2543号室は西側を向いた部屋になりますので、眼下にヨットハーバーや7月4日の独立記念日に毎年あがるマジックアイランドからの花火も目の前で見ることができ、2544号室は毎週金曜日にヒルトンからあがる花火を目の前で楽しむことができる眺望となっています。

 

 

「固定配当システム」のレンタルプログラムも活用可

そして今回デベロッパーより発表になった価格の案内ですが、2543号室は$2,285,000になり、2544号室は $2,195,000になります。こちらも前回の2階の分譲時と同様に入札方式での販売となり、入札期日は6月15日 午後12時までとなっています。

 

尚、こちらの部屋もホテルにレンタルに出した場合、月額$5,500の「固定配当システム」が用意されていて、ご所有のお部屋の稼働状況に影響されず、ホテルオペレーターが収入を保証する仕組みが用意されています。

 

最後に下記はIlikai公式ウェブサイト上にある22階から24階の販売時に使われた動画になりますが、2543号室と同じフロアプランであり、眺望等も大きく変わることはないかと思いますので、参考までにご覧ください。

 

 

 

なお、22階のStudioと1Bedroomのお部屋2件が最後の分譲住戸となり、こちらも近日中に販売価格が発表になるようですので、詳細情報が出ましたら改めて紹介します。

Seven Signatures International アシスタントマネージャー

株式会社Seven Signatures International(セブン・シグネチャーズ・インターナショナル)は、Trump International Waikiki Beach Walk、The Ritz Carlton Residence Waikiki 等の日本正規販売代理店であり、ハワイのホテルレジデンス・高級コンドミニアムの販売に特化。東京・ハワイにそれぞれオフィスを構え、Trump25階には購入顧客専用のラウンジを設けている。顧客専用ラウンジでは、常駐のコンシェルジュがレストランやSPA、レンタカー等の予約手配を行い、よりハワイでの滞在が充実するよう各種サポートを行っている。
WEB サイト http://www.sevensignatures.com/

著者紹介

連載ハワイ不動産投資の新スタンダード「ホテルレジデンス」の魅力

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧