不動産 国内不動産
連載任意売却物件の魅力と投資法【第4回】

任意売却物件の投資では「リフォーム」が特に重要となる理由

インカムゲインキャピタルゲインリフォーム任意売却

任意売却物件の投資では「リフォーム」が特に重要となる理由

任意売却物件では、通常の中古マンションに比べて室内が荒れているケースが少なくありません。今回は、任意売却物件で避けては通れない「修繕管理」について見ていきます。

修繕管理には大きなコストがかかるケースも・・・

任意売却物件の場合、離婚や自己破産などによって家庭不和な状態の所有者が多く、通常の中古マンションに比べて、室内が荒れているケースが少なくないといわれます。そのため、やや修繕管理のコストがかさんだり、時間がかかる場合もあります。さらに、空室期間をできるだけ少なくし、次の入居者をスムーズに受け入れるためにも、ただ単に壁紙を張り替えたり、清掃したりするだけでなく、入居したいと思わせる修繕が必要かもしれません。

 

たとえば、修繕という範囲を超えて、思い切ってリフォームに踏み切ってみるのも一つの方法かもしれません。実際に、弊社でも任売物件を購入して、リフォームを行い、現代風な内装に作り変えて、高い価格で転売できた、あるいは、スムーズに新しい賃借人を入居させることができたケースが数多くあります。任売物件の場合は、この修繕管理にも注目しておく必要があるということです。

リフォームをすることで「表面利回り」アップも可能

そもそも投資用不動産の場合、その投資効率を示す重要な指標として「表面利回り」が大きな意味を持つと説明しましたが、この利回りを自分自身の力で向上させることができます。その方法がリフォームなのです。リフォームをすることによって、それまでの家賃収入よりも高い家賃を得ることが可能になるわけです。

 

むろん、購入価格にプラスアルファして、リフォームのコストを加算しなければなりませんから、一気に大きく利回りがアップするわけではありません。いずれにしても、創意工夫次第で投資用不動産はそのパフォーマンスを大きく変えることができるということです。

 

実際に、リフォーム後はそのまま新しい賃借人を募集することでインカムゲインを引き続き追求することも可能ですし、場合によっては転売してキャピタルゲインの獲得に切り替えることも可能です。

 

任売物件は、インカムゲイン、キャピタルゲインどちらも狙うことができますが、リフォーム後はより有利にどちらかを選択できる、ということです。ちなみに、リフォームにも一定のルールがあります。

 

たとえば、キャピタルゲインを狙う場合のリフォームというのは、マンションのような区分所有物件の場合は、内部を優先的にリフォームすることになります。外装部分は管理組合の管轄であり、一入居者が出ていく余地はありません。中小型のマンション1棟とかアパート1棟、もしくは一戸建ての場合も、室内のリフォームを優先して、外装は後回しになっても構わないでしょう。転売する際に現状次第で外装のリフォームを検討するのがいいと思います。

地元の比較的小規模なリフォーム業者が狙い目

ちなみに、リフォーム業者の選び方も重要なポイントになりますが、賢い業者選びのコツは次のような業者に依頼するのがいいかもしれません。


①物件の近くにある地元のリフォーム業者
②家内工業的な規模で仕事をしている業者
③派手な広告を出していない
④不動産屋から評判を聞いておく

 

要するに、地元の比較的小規模なリフォーム業者が、結局は格安でやってくれるというわけです。こういう業者は、通常は大手の不動産会社やリフォーム会社から下請けで受注しているために、利益の少ないビジネスを強いられており、直接受注すれば大手から仲介手数料のようなピンハネをされずに済むために、仕事も丁寧で、きちんとやってくれる可能性が高いと言えます。ただし、腕が確かかどうかはわかりませんから、知り合いや任意売却を仲介している不動産会社に、その腕の良し悪しを聞いてみることです。

 

いずれにしても、任売物件の場合、「資金調達」「物件選び」そして「修繕管理」が重要になってくるのは確かなようです。この3点をきちんとクリアしておけば、いわゆる「出口戦略」もスムーズに考えられ、さらに様々な事態にも対応できるはずです。

本連載は、2014年10月10日刊行の書籍『任意売却物件ではじめるローリスク不動産投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

安田 祐次

丸の内AMS株式会社 代表取締役 一般社団法人 全日本任意売却支援協会 代表理事

1967 年生まれ、大阪市立大学大学院 創造都市研究科修了。現在、丸の内AMS株式会社代表取締役。一般社団法人 全日本任意売却支援協会代表理事の肩書を持つ。首都圏、関西圏を中心に年間1200 件を越えるローン破綻者からの相談を解決に導いている、任意売却を専門に取り扱う不動産のプロ。ローン破綻者の住み続けたい要望に応えるための、任売リースバック社債で投資家と債務者をつなぎ合わせる手法での実績が多い。また、不動産会社に任意売却の方法をセミナー等で伝え、任意売却の啓蒙活動も積極的に行っている。報道ステーション、ワールドビジネスサテライト、報道特集などメディア出演多数。著書に『住宅ローン無理して払うな!』(早稲田出版)、『お客様に喜んでもらえる不動産会社のつくり方』(風詠社)がある。

著者紹介

連載任意売却物件の魅力と投資法

任意売却物件ではじめる ローリスク不動産投資

任意売却物件ではじめる ローリスク不動産投資

安田 祐次

幻冬舎メディアコンサルティング

サラリーマンが副収入を得る方法として注目を集める不動産投資。しかし不動産は決して安いわけではありません。初期費用がかかるほどリスクは高くなるため、不動産投資の基本はできるだけ安価で条件の良い物件を探し出すこと、…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest