開業後20年以上の医師が取り組むべき「最後の仕上げ」とは?

前回は、個人と法人という2つの軸で資産を形成する方法を説明しました。今回は、「ファイナンシャルゴール」に向けた最後の仕上げについて見ていきます。

リタイア後の不労収入はきちんと形成されているか?

開業後20年以上となった段階の最大のテーマは、「ファイナンシャルゴールに向けて最後の仕上げ」をすることです。事業承継や相続手続きなど、自身が亡くなったあとも家族が困らないように、様々な作業を片付けていきましょう。

 

また、リタイア後の不労収入がきちんと形成されているのかを確認する時期でもあります。公的年金などは年数を経過するうちに減額されることがありますし、投資信託や生命保険の運用状況も、その時の金融市場の情勢によって変動します。

 

その時、あるいはリタイア後に想定される状況に応じて修正しておくのも、この時期のテーマといえます。

誰と、どこで、どのように暮らしたいかを明確にする

たとえば、「海外でロングステイをしたい」という夢を持った開業医は非常に多いようです。ロングステイであれば、移住や永住ではないため、準備もそれほど大変ではありません。

 

しかし、月々支払われる年金や配当、利子、不動産の収益などをどう海外で受け取るのかなど、生活するにあたっての具体的な計画が必要です。海外の銀行口座、あるいはプライベートバンクに口座を開設しておくといった準備を事前にしておけば安心でしょう。

 

一方、国内で悠々自適に暮らしたいと希望される開業医も、リタイア後の医院経営について、自分は理事のような形で残るのか、それともすべて後継者に任せてしまうのかなど、税理士や公認会計士、弁護士などの意見を聞きながら決めていく必要があります。

 

田舎で自分の畑を持ち野菜作りをしながら暮らしたい、という人もいれば、奥様孝行もかねて全国の温泉巡りをしたい、国内外の海でセーリングして魚を釣りたい、大学に戻って講師をしたい、今まで培った技術を後進に伝えたい、もう一度研究室に戻りたい・・・など、リタイア後の夢は様々ですが、実際に現実味をおびてくる時期でもあります。

 

マネーリッチやタイムリッチだけではなく、マインドリッチの準備もしてリタイアを迎えたいものです。

 

リタイア後のライフスタイルを豊かなものにするためにも、誰とどこでどんな風に暮らしたいのかを明確にしていくことが、ファイナンシャルゴールの本当の意味での完成形といっても過言ではありません。

本連載は、2015年8月4日刊行の書籍『開業医のための資産形成術』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

株式会社インベストパートナーズ 執行役員・ゼネラルマネージャー

株式会社インベストメントパートナーズ 執行役員・ゼネラルマネージャー。
1972年福岡県生まれ。2006年に株式会社インベストメントパートナーズ設立メンバーとして参画。これまでに500人以上の個人開業院長、医療法人理事長に事業改善、人生設計をサポート。医院形態、規模、年代、地域性など、集積したデータをもとに実践的資産形成の設定を行う。2014年には公益法人日本医業経営コンサルタント協会認定登録。

著者紹介

連載リタイア後も豊かに暮らしたい開業医のための「資産形成術」

開業医のための資産形成術

開業医のための資産形成術

恒吉 雅顕

幻冬舎メディアコンサルティング

かつて開業医は医師のなかでも勤務医より収入が圧倒的に多く、リタイア後の悠々自適な生活が保障されていたことから、将来安泰な職業だと言われてきました。しかし今、税制改革による富裕層への増税や、2025年問題へ向けた医療…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧