開業後10年以上の医師が「法人化」を検討すべき理由とは?

前回は、医師としての「不動産ローン」の活用法を紹介しました。今回は、クリニック開業後10年以上の医師が検討したい「法人化」について見ていきます。

「法人化」によって何をしていくのか?

クリニック開業後10年以上になると、事業所得も安定し、将来の年金や不労収入の具体的な金額が把握できる段階になります。しかし、収入が増えると納税額も高くなりますから、この時点で「医療法人化」に踏み切るかどうかの検証が必要となります。その際には、法人化によって何をしていくのかを考えるのが大切です。

 

また、この段階はファイナンシャルゴールを目指して「収入転換」を準備する時期でもあります。売上が安定している時期でもありますので、自身に目を向け、不動産投資や国内外の商品などに積極的に投資するなど、目標達成に向けて様々な工夫をしていきましょう。

 

そのためにも「可処分所得」を増やし、生命保険や投資信託の積立に少しでも多くの資金を回せるようにしたいものです。

子供のために「学資準備計画」も確認

また子供の学資が一番ピークを迎える時期でもあります。

 

先にお伝えしましたが、開業医の子供は一般的なサラリーマンの家庭と違い、幼少のころから医院と関わる環境下にいるためか、ご両親が思っている以上に「後継者」としての自覚を持っています。実際、私がコンサルティングに関わった開業医のご子息の約70%以上が医学部もしくは歯学部に進学しています。

 

ですから、たとえお子様が小さく将来の人生設計が不確定であっても、医学部への進路が決まってから慌てて資金調達をしなくてもいいよう学資準備計画も確認しておきたい時期となるのです。

本連載は、2015年8月4日刊行の書籍『開業医のための資産形成術』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「ドクター向け」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載リタイア後も豊かに暮らしたい開業医のための「資産形成術」

株式会社インベストパートナーズ 執行役員・ゼネラルマネージャー

株式会社インベストメントパートナーズ 執行役員・ゼネラルマネージャー。
1972年福岡県生まれ。2006年に株式会社インベストメントパートナーズ設立メンバーとして参画。これまでに500人以上の個人開業院長、医療法人理事長に事業改善、人生設計をサポート。医院形態、規模、年代、地域性など、集積したデータをもとに実践的資産形成の設定を行う。2014年には公益法人日本医業経営コンサルタント協会認定登録。

著者紹介

開業医のための資産形成術

開業医のための資産形成術

恒吉 雅顕

幻冬舎メディアコンサルティング

かつて開業医は医師のなかでも勤務医より収入が圧倒的に多く、リタイア後の悠々自適な生活が保障されていたことから、将来安泰な職業だと言われてきました。しかし今、税制改革による富裕層への増税や、2025年問題へ向けた医療…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧