その他 ドクター向け
連載成功する「クリニック 開業」のノウハウ【第9回】

クリニックの開業に「ベストな時期」はいつなのか?

クリニック口腔外科レーシック手術オペ室テナント

クリニックの開業に「ベストな時期」はいつなのか?

どの時期に開業するかということは、じつはクリニック経営のスタートダッシュに大きく影響します。ここでは4番目のポイント、「開業時期」の設定について見ていきます。

開業時期の決定は、あらゆる角度からの吟味が必要

もし「1年の中で一番好きな季節は真夏なので、8月に開業しよう」と考えているドクターがいらっしゃるなら、そのような考えはあらためることを、強くお勧めします。

 

なぜなら、クリニックを開業するのに8月は最も適さない時期だといえるからです。

 

そもそも夏は、ただでさえ「調子はすぐれないのだが、こんなに暑い中、外に出るともっと具合が悪くなりそうだ・・・」などと患者の足が他の季節より重くなりがちです。その上、8月にはお盆休みがあるのです。

 

開業場所がオフィス街であれ住宅街であれ、いずれの場合でもその前後を境に患者の数はめっきりと少なくなります。開業月というのは、本来、日々順調に患者数を伸ばしていくべきであるのに、これでは最初から出鼻を挫かれることになります。

 

また、中には、「人が働かないときに働いてこそ、より多くの収入をあげられる」という考えのもと、8月に開業してお盆も1日も休まずに診療しようとするドクターもいらっしゃいますが、スタッフが同じ思いを共有しているとは限りません。

 

それどころか、「お盆休みも取れないなんて!」と、勤めた早々嫌気がさして、時間をかけて募集した大切なスタッフが辞めてしまうケースも少なくないのです。

 

このように8月に開業することにはメリット(強いて挙げるならば、開業月においてゆっくりとスタッフの指導をすることができる点)が少なく、逆にデメリットの方がはるかに多いのです。

 

一方、開業する時期について特にこれといった希望はなく、「開業するのに最も適した月はいつなのだろうか? その時期を目指して開業準備をしていきたい」というドクターの方がその絶対数は多いのではないでしょうか。

本格開業までは2カ月程度の助走期間を設けておく

開業にベストな時期を一概に断定することは難しく、最終的にはケースバイケースとなってしまいますが、一般的には、それぞれの診療科目において、患者数が最も見込める時期の2カ月前に開業することが望ましいでしょう。

 

というのも、最盛期に開業していきなりたくさんの患者が押し寄せると、院内のインフラがしっかりと構築できていないことから患者側から不満が出てしまうのです。

 

よって、2カ月程度の助走期間、言うなればスタッフのトレーニング期間を設けておくことが必要となるのです。

 

例えば耳鼻咽喉科であれば、花粉症のシーズン前に開業することをお勧めします。特に患者数が多いスギ花粉のアレルギー時期は通常、2月中旬以降ということになりますから、開業時期は前年の11月頃がベストとなるでしょう。

 

また内科であれば、インフルエンザの予防接種が10月後半からスタートし、風邪の患者も11月以降に目立って増えてくるので、開業時期は9月頃がベストとなるでしょう。

 

さらに、産婦人科については、自治体から婦人科健診の補助金が出る時期を確認した上で開業することをお勧めします。自治体ごとに補助金が出る時期が異なっているため、開業エリアの役所等で事前に確認してから開業月を決めていくのがよいでしょう。

 

次回は5番めのポイント、開業時に細心の注意を払う必要べき「スタッフ採用」について見ていきましょう。

本連載は、2016年4月刊行の書籍『改訂版 クリニック開業読本』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

髙田 一毅

みなとみらい税理士法人 髙田会計事務所 所長 税理士

1965年生まれ。兵庫県出身。
1984年栄光学園高等学校卒業。
1988年上智大学文学部新聞学科卒業。
2002年税理士登録。
2003年神奈川県鎌倉市に髙田会計事務所を開業。
2011年税理士法人化をして神奈川県横浜市西区へ移転。みなとみらい税理士法人髙田会計事務所(東京地方税理士会横浜中央支部所属)となり現在に至る。2016年4月現在、スタッフ総数63名、顧問先総数837件の医科歯科に特化した会計事務所の所長を務め、これまでのクリニック開院サポート実績は600件を超える。

著者紹介

連載成功する「クリニック 開業」のノウハウ

改訂版 クリニック開業読本

改訂版 クリニック開業読本

髙田 一毅

幻冬舎メディアコンサルティング

2000年から2015年の医療機関の倒産件数は527件。経営破綻した医科・歯科クリニックの8割は破産を選択せざる得なく、再起も難しい状況です。このような厳しい状況の中でも集患に成功しているクリニックが存在するのはなぜでしょ…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest