被相続人名義の預貯金や不動産に関する留意点とは?

今回は、被相続人名義の預貯金や不動産に関する留意点をお伝えします。 ※本連載は、ともに行政書士・社会保険労務士である、井出誠氏と長岡俊行氏の最新刊、2015年11月30日に刊行された『相続川柳――相続を 気軽に学ぶ 五七五』(東京堂出版)の中から一部を抜粋し、知っておきたい相続の知識を伝授します。

 

銀行や郵便局の預貯金は、たとえ自分のものであっても、一定の手続きを踏まないと引き出すことができません。これが被相続人名義の預貯金となると、さらに大変になるわけです。

 

理屈の上では、名義人が亡くなった時点で相続人に権利が移っているのですが、そのまま窓口に行ったとしても、まず下ろさせてはくれません。自分が相続人であることに加えて、その預貯金を処分する権利があることを証明しないといけません。

 

例えば、二人兄弟が相続人だったとして、長男が「二分の一だけでいいから」と言ってお金を引き出したとします。その後に、「その口座の預貯金はすべて次男に」という遺言書を持った次男が窓口に来たら、大変なことになってしまいます。

 

ですから、名義人が亡くなったことを金融機関が知ったならば、有効な遺言書や遺産分割協議書などが提出されるまでは、口座を凍結して誰にも預貯金をいじらせなくします。名義人の死亡をはっきり伝えた場合はもちろん、窓口に行って「亡くなった人の口座から葬儀費用を下ろしたい」などと伝えた場合も、金融機関は凍結せざるを得なくなるでしょう。

 

以上のことから、葬儀費用や最後の医療費などを本人の財産から支払う予定があるのであれば、あらかじめ現金で用意しておくのが無難だと思われます。

 

 

土地や建物といった不動産の持ち主は、登記事項証明書に記載されています。いわゆる登記簿というやつですね。

 

不動産の所有者等が亡くなって相続が発生したときには、その権利は相続人へと受け継がれます。ただ、登記簿の名義人まで自動的に変更されるわけではありません。証明書の内容を更新するためには、法務局に申請書を提出して、相続登記の手続きをしなければなりません。

 

亡くなった人からの名義変更ですから、それなりの手間がかかりますし、登録免許税などの費用もかかります。そして、相続登記には期限がないので、長年にわたって手続きをしない人もめずらしくはありません。

 

役所からは、固定資産税等の納税者だけは相続人の代表者などに変更するよう求められますが、納税者と登記の名義人が一致していなくても問題ないので、相続登記を強いられるようなことはありません。ただ、その不動産を売りたくなった場合や、お金を借りるために担保として差し出そうとした場合に、亡くなった人の名義だと、話が進まなくなってしまいます。

 

ちなみに、権利自体は死亡によって相続が発生する度に動いていますから、亡くなった父の家が祖父名義のままだった場合などは、おじなどを経由していとこも権利者の一人となっていることがあり得るわけです。

 

どんなに細分化されても権利者ですから、場合によっては何十人もの実印が必要になってくることもあります。

「相続・事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「相続対策」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載相続川柳――相続を 気軽に学ぶ 五七五

至誠法務労務サポート 代表 社会保険労務士(東京都社会保険労務士会所属)
行政書士(東京都行政書士会所属)

1975年東京都八王子市生まれ。中小企業の人事労務管理及び経営サポート業務を中心に活動。

〈取扱業務〉
人事労務コンサルティング(社会保険手続・就業規則整備・労使トラブル対応等)
外国人雇用コンサルティング(外国人就労ビザ申請・外国人起業サポート等)
行政への許認可コンサルティング(介護事業指定・建設業許可・飲食業許可等)

〈著書〉
『相続川柳 相続を 気軽に学ぶ 五七五』(東京堂出版)

著者紹介

はちおうじ総務相談所 代表
東京都行政書士会所属 行政書士
東京都社会保険労務士会所属 社会保険労務士
NPO法人 著作権推進会議 理事 

1975年東京都八王子市生まれ。遺言書作成支援・相続手続等の個人向け業務を行うとともに、経営革新等支援機関として、知的資産等を活用した中小企業の経営改善支援を行う。 2011年よりブログでの情報発信を始める。「八王子のGONZO行政書士 控えめに語る」の名称で週に3本程度の更新を続け、2015年6月には投稿数が1,000本を突破。

著者紹介

相続川柳  相続を 気軽に学ぶ 五七五

相続川柳 相続を 気軽に学ぶ 五七五

井出 誠・長岡 俊行

東京堂出版

右肩上がりの高齢化、終活への関心が高まるなか、難しいとっつきにくい内容である「遺言・相続・成年後見・終活」などを、17文字の川柳(100句)を題目として、気軽に楽しく分かりやすく解説。単に知識の提供だけではなく楽しく…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧