「公正証書遺言」のメリットと、その原本の保管期間とは?

今回は、「公正証書遺言」のメリットと、その原本の保管期間についてお伝えします。 ※本連載は、ともに行政書士・社会保険労務士である、井出誠氏と長岡俊行氏の最新刊、2015年11月30日に刊行された『相続川柳――相続を 気軽に学ぶ 五七五』(東京堂出版)の中から一部を抜粋し、知っておきたい相続の知識を伝授します。

 

公正証書遺言は、その名のとおり公正証書による遺言です。

 

法律では、本人が口伝えした趣旨を公証人がその場で記録して、本人と二名の証人に内容を確認させるように定められています。といっても、実際には、あらかじめ公証人と打ち合わせをしておき、当日は公証人が用意しておいてくれた証書を証人と一緒に読み聞かせてもらうのが一般的なようです。

 

いずれにせよ、法律の専門家である公証人が作成に関わるのですから、内容に不備のある遺言が作られる可能性はきわめて低くなります。また、公証役場では、原本を長期にわたって保管してくれますので、偽造はもちろん、紛失の心配も無用です。

 

そして、相続開始後に家庭裁判所での検認がいらないのは、この公正証書遺言だけとなります。検認不要につき戸籍の収集もかなり省略できるうえ、信頼性が高いので大抵の手続きは順調に進められます。ですから、公正証書遺言があると、相続人の負担が一気に軽くなるわけです。

 

筆記用具と認め印だけで作れる自筆証書遺言と比べると、公正証書遺言の作成には手間も費用もかかります。ですが、後々のことまで考えると、それだけの価値はあるのではないかと思われます。

 

 

公正証書遺言を作成した場合には、公証役場にてその原本が保管されます。「原本保管の期間はどれくらいですか?」というご質問をよく頂きます。

 

公証人法施行規則には、公正証書の原本保管期間は、原則二十年間と規定されています。そうしますと、六十五歳で公正証書遺言を作った場合は八十五歳までしか原本保管がされないということになります。遺言は、遺言者の死亡時に初めて効力を生じるわけですから、遺言者のご存命中に保管期間が満了してしまっては困りますね。

 

故に、公証人法施行規則には、「保存期間の満了した後でも特別の事由により保存の必要があるときは、その事由のある間保存しなければならない」という規定もあるのです。

 

公正証書遺言はまさしくこれにあたりますので、少なくとも遺言者のご存命中は保存されることになっています。具体的な保管期間については、各公証役場で取り扱いが異なるようですが、概ね遺言者が一二十歳になるまでは保管する事になっているようです。この年齢につきましては、日本人の最高年齢の方の年齢をおおまかな基準としているようです。

 

また昨今、東日本大震災のような大災害に備えて、公正証書遺言については、作成時に原本と電磁的記録とを二重に保存しておく、原本の二重保存制度が構築されました。

 

このあたりを考慮しますと、やはり自筆証書遺言よりも多少費用がかかっても、公正証書で遺言を残す意味がご理解して頂けるのではないでしょうか。

井出 誠

至誠法務労務サポート 代表 社会保険労務士(東京都社会保険労務士会所属)
行政書士(東京都行政書士会所属)

1975年東京都八王子市生まれ。中小企業の人事労務管理及び経営サポート業務を中心に活動。

〈取扱業務〉
人事労務コンサルティング(社会保険手続・就業規則整備・労使トラブル対応等)
外国人雇用コンサルティング(外国人就労ビザ申請・外国人起業サポート等)
行政への許認可コンサルティング(介護事業指定・建設業許可・飲食業許可等)

〈著書〉
『相続川柳 相続を 気軽に学ぶ 五七五』(東京堂出版)

著者紹介

長岡 俊行

はちおうじ総務相談所 代表
東京都行政書士会所属 行政書士
東京都社会保険労務士会所属 社会保険労務士
NPO法人 著作権推進会議 理事 

1975年東京都八王子市生まれ。遺言書作成支援・相続手続等の個人向け業務を行うとともに、経営革新等支援機関として、知的資産等を活用した中小企業の経営改善支援を行う。 2011年よりブログでの情報発信を始める。「八王子のGONZO行政書士 控えめに語る」の名称で週に3本程度の更新を続け、2015年6月には投稿数が1,000本を突破。

著者紹介

連載相続川柳――相続を 気軽に学ぶ 五七五

相続川柳 相続を 気軽に学ぶ 五七五

相続川柳 相続を 気軽に学ぶ 五七五

井出 誠・長岡 俊行

東京堂出版

右肩上がりの高齢化、終活への関心が高まるなか、難しいとっつきにくい内容である「遺言・相続・成年後見・終活」などを、17文字の川柳(100句)を題目として、気軽に楽しく分かりやすく解説。単に知識の提供だけではなく楽しく…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest