マネーリテラシーの高い投資家が「借金」を恐れない理由

前回は、サラリーマンの不動産投資に銀行が積極的に融資する理由を説明しました。今回は、マネーリテラシーの重要性を考えます。

「融資=借金」であることは事実だが・・・

メリットばかりを並べましたが、融資イコール借金であることも事実です。読者のなかには「借金への抵抗感」を持っている人もいるかと思います。実際に投資家と会って面談していると「多額の借金が怖い」という相談はよく出てきます。

 

多くの日本人が持っている、借金に対しての悪いイメージは、消費や浪費目的での借金に対するものです。

 

例えば毎日飲み歩く、ブランド物を買い漁る・・・こういった浪費のための借金は言語道断であり「悪い借金」にほかなりません。ですが、借金をして買うものが、収入を生み出す資産だった場合はどうでしょうか。

 

資産からの収入で毎月の返済ができるどころか、さらにプラスのキャッシュフローを得られる。もちろん完済後は物件も手に入ります。この借金は投資家にキャッシュフローをもたらす「良い借金」にほかなりません。

 

お金の使い方には「浪費」と「投資」があります。浪費はただ使っていくだけのお金です。投資はお金を使うことでより大きなリターンを得られることが前提です。浪費で借金することは言語道断ですが、投資のための借金であれば、より大きな利益につながるものなのです。

 

「良い借金」「悪い借金」の区別が付くことが重要

良い借金と悪い借金の区別がつく投資家は、良い収益物件に対して良い借金をすることで、さらなる資産を築いています。同じ借金でもギャンブルや遊ぶ金欲しさに、一時しのぎでサラ金から借りて、高い利息の返済にヒーヒー言っている人種とは大違いです。この差はマネーリテラシーの有無によるものです。

 

皆さんは両親から「借金は絶対にダメ」という教育を受けてきたかもしれません。それは実は、良い借金か悪い借金かの区別がつけられないまま、ただ一律に「借金をしてはいけない」と教え続けていたものだったのです。

 

借金イコール悪というメンタルブロックを外してマネーリテラシーを高めることで、安定的な収入を得て大きな資産を築く道が拓かれるのです。

 

本連載は、2017年8月15日刊行の書籍『区分物件オーナーのための 神速!億万長者計画』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載神速で資産形成を実現する「不動産投資ローン戦略」の立て方

株式会社T&Tハッピネス 代表取締役社長

1976年生まれ、神奈川県出身。BBT大学院にてMBA(Master of Business Administration)取得。デザイン業界、飲食業界を経験した後、不動産業界のデベロッパーに入社し、分譲マンションの販売・用地仕入れを行う。デベロッパーを2社経験した後、一棟収益不動産を専門に扱う会社に入り仕入れ・販売業務に携わる。2012年、株式会社T&Tハッピネス創業、代表取締役社長に就任。2016年3月には一棟収益不動産の仕入れに特化した別法人も立ち上げた。

著者紹介

T・Wealth Management 株式会社 代表取締役CEO

1979年生まれ、千葉県出身。金融業界を7年間経験した後、美容関連ビジネスで独立。
しかし、マーケットの価格破壊の煽りを受け、美容関連店舗を全て売却。
その後中堅デベロッパーに入社し、2年間用地の仕入れを行ったうえ、1棟収益不動産に特化したビジネスに転向し、仕入れ・販売共に相当な実績を積む。
2016年、T・Wealth Management 株式会社を創業、代表取締役CEOに就任。また同年、1棟収益不動産の仕入れに特化した別法人も設立し、1棟収益不動産のマーケットで更なるシェア拡大を狙う。

著者紹介

区分物件オーナーのための 神速!億万長者計画

区分物件オーナーのための 神速!億万長者計画

田中 竜太,太田 将司

幻冬舎メディアコンサルティング

不労所得を得るための方法として注目されている不動産投資。 中でも「少額から始められてリスクが低い」という理由から、投資用区分マンションを選択する人が増えています。しかし実際には、始めてみたはいいものの「毎月の収…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧