各種税金、ローン返済・・・「相続した家」にかかるお金の問題

今回は、「相続した家」にかかる税金等の負担について見ていきます。※本連載は、士業プロフェッショナルネットワーク・アールパートナーズ代表で公認会計士の平林亮子氏の著書、『〈新版〉相続はおそろしい』を一部抜粋し、実際のトラブルをもとにしたフィクションを通じ、不動産の相続トラブルの予防策を見ていきます。

マイホームを得た代わりに500万円の借金が・・・

弟たちは、勝の意見に耳を傾けてはくれなかった。そして、家を売ったらいくらになるのかを、不動産業者に査定させた。

 

一方で勝は、固定資産税評価額など相続税の観点から計算した。

 

弟たちは平均値をとってその割合で借金を負担しようと提案してきたが、

 

「家を持っていても、お金が入ってくるわけじゃないんだから、少しだけ負担を軽くしてもらえないと困る。家は借金の担保にもなっているんだから」

 

と勝は反論した。

 

結局借金は、勝が500万円、弟たちがそれぞれ150万円ずつ負担することになった。

 

マイホームを手に入れたものの、勝にとって突然背負うこととなった500万円の借金は、大きな負担だった。

 

リフォーム費用であるため、住宅ローンよりも返済期間が短い。この500万円は、あと5年で返済していくことになっている。毎月の返済額は利息も合わせて約9万円。

 

結局、これまで家賃として支払っていた分が、ローンの返済に消えていく羽目になった。

 

しかし、問題はそれだけではなかった。家にはさまざまな「税金」がついてまわるのだ。

登録免許税として不動産価格の0.4パーセントが必要

まずは、相続によって手に入れた不動産の名義を変えるために、登録免許税がかかる。

 

相続の場合、不動産の価格に対して0.4パーセントが必要になるため、1000万円の不動産であれば4万円、1億円の不動産であれば40万円が必要になる。

 

また、不動産を所有していれば、毎年、固定資産税が必要になる。これは、不動産の価格に対して、原則として1.4パーセントかかってくる。1000万円の不動産であれば、年間14万円、1億円の不動産であれば、年間140万円必要になる計算だ。

 

勝は、家は相続で手に入ると考え、それまでほとんど預金をしていなかった。相続による出費がかさみ、勝の預金は底を突きかけていた。

本連載は、2015年10月30日に新版として刊行された書籍『〈新版〉相続はおそろしい』から抜粋したものです。稀にその後の法律、税制改正等、最新の内容には一部対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「相続・事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「相続対策」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載フィクション事例で学ぶ「相続トラブル」回避術

士業プロフェッショナルネットワーク・アールパートナーズ代表
レオン自動機株式会社(東証1部上場)社外監査役 公認会計士

士業プロフェッショナルネットワーク・アールパートナーズ代表。レオン自動機株式会社(東証1部上場)社外監査役。
起業やプロジェクトのたち上げから、経営全般に至るまであらゆる面において経営者をサポートしている。また、女性プロフェッショナルに関するプロジェクト「SophiaNet」をプロデュース。経営サポートに必要な幅広いネットワークを持つ。2013年には女性会計士チームCPA745をプロデュースし、女性会計士全国ネットワークCPA745Clubの代表を務めるなど公認会計士業界の活性化にも力を入れている。
コンサルティング業務のかたわら、情報番組のコメンテーター、ラジオパーソナリティーを務めるなど、マスコミでも活躍。
上場企業等の社内研修講師、学校、ビジネススクール、各種セミナーやイベントなどで講義、講演、ファシリテーター等も積極的に行っている。
『決算書を楽しもう』(ダイヤモンド社)、『お金が貯まる5つの習慣』『<新版>相続はおそろしい』(幻冬舎新書)『レシートで人生を変える7つの手順』『損しないのはどっち?』(幻冬舎)など、著書は監修も含めると50冊を超える。
1975年千葉県生まれ。お茶の水女子大学文教育学部地理学科出身。大学3年次在学中に公認会計士試験合格。太田昭和監査法人(現新日本有限責任監査法人)にて国内企業の監査に多数携わった後2000年に25歳で独立。現在にいたる。

アールパートナーズ
http://www.r-cpa.co.jp

平林亮子オフィシャルウェブサイト
http://www.hirabayashi-cpa.com

著者紹介

<新版>相続はおそろしい

<新版>相続はおそろしい

平林 亮子

幻冬舎

「相続」の恐怖が、さらに多くの人を襲う――。2015年1月1日より相続税が大幅に増税。妻と子供二人で夫の財産を相続する場合、税金のかからなかった8000万円というこれまでのラインが、4800万円まで引き下がる。4%しかいなかっ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧