訪日観光客をリピーターに…「世界基準のおもてなし」の重要性

前回は、外国人観光客に「ポジティブな口コミ」を発信してもらう方法を取り上げました。今回は、訪日観光客をリピーターにする「世界基準のおもてなし」の重要性を見ていきます。

「口コミ」はネガティブな側面も合わせ持つが・・・

前回の続きです。

 

しかし反対に、この「口コミ」には命取りになるほどのネガティブな面があることも決して忘れてはなりません。

 

お客様の情報選別は自由であり、勝手なものでもあります。今日来店してくださった、滞在してくださった外国のお客様がトップセールス・パーソンになることもありますが、逆に手厳しい批判者になることも私たちは知っておかなければなりません。たった一人の旅行者のネガティブな投稿が引き起こす波及効果は、計り知れないものがあります。

 

その批判者の発信によって、向かっていた足を別方向へ向けるお客様がいても何ら不思議はありません。私たちはIT革命による口コミの効果をいま一度きちんと考え、それに対応する手立てを考える必要があるのです。

外国人観光客を「リピーター」にすることが重要

世界中から観光客が来日し「買い物」ではなく、日本文化に親しむ、地方を体験するのが目的となりつつある現在。地方への掘り起こしも進み、小さな一地方都市でも、口コミのパワーにより人気観光地となる可能性が俄然開けていることは言うまでもありません。

 

来日した観光客をたった一度きりの観光客にせず、何度でも来日してもらう、つまりリピーターになってもらうために、私たち日本人は大都会から一地方都市まで、「世界基準のおもてなし」で外国からのお客様をお迎えしなければなりません。

 

外国のお客様が日本に一歩を踏み入れたときから、お客様の日本体験は始まるのです。

 

日本人は生来「おもてなし」の心をもっているといわれています。見知らぬ街で道を尋ねれば、10人中10人が非常に親切に教えてくれます。若い人はスマホのアプリで気軽に調べてくれたり、目的地まで連れていってくれたりする人もいます。

 

その日本人が万全なおもてなしマニュアルを手にすれば、それこそ「鬼に金棒」となるはずです。

 

しかし、万全なマニュアルにのっとっていても、誠心誠意お客様に対応していても、実はそれが外国人のお客様にきちんと伝わっていなかった事例を、私はサービスの現場で何度も目にしてきました。

 

誠意を込めて謝罪しているのに気持ちが伝わらない、丁寧に料理をサーブしてもフレンドリーじゃないと言われてしまう――皆が真面目にサービスを提供しているだけに残念でなりません。

 

ぜひ皆さんに「一度来日していただいた外国人観光客をリピーターにする世界基準の接客サービス」が何であるかを理解していただき、そのうえで伝授していきたいと思っています。

 

理解を深めるために、次回からは、日本におけるサービスの問題点を明確にしておきましょう。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「経営戦略」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載旅行者に求められる「インバウンド観光サービス」

株式会社RADIANT 代表取締役

新潟大学人文学部英米文化課程卒業後、米国系航空会社(旧NW)日本支社に入社。旅客部門、機内サービス部門を経て、アジア地区における接遇教育専任担当として、接客力をもつ多くの社員を職場に送出。退社後、神田外語学院エアライン科講師を経て、株式会社早稲田総研インターナショナル(現:早稲田大学アカデミックソリューション)の英語コミュニケーションクラスの講師として大学の講座で教壇に立つ。
その後、株式会社RADIANT設立。ヒルトン東京ベイを皮切りに、マンダリンオリエンタルホテル東京、東京ステーションホテル等の大手ホテルにて、英語接遇研修を行う。その他、大手製薬会社、医療メーカー等の社内研修においても高い評価を得ている。

著者紹介

外国人観光客をリピーターにする 世界基準の「接客サービス」

外国人観光客をリピーターにする 世界基準の「接客サービス」

村田 志乃

幻冬舎メディアコンサルティング

サービス・ホスピタリティ業界に携わるすべての人に贈る外国人観光客をリピーターにする方法! ●日本人のおもてなしが外国人に伝わりにくい理由 ●「あいづち」「聞き返し」の英語とは? ●接客における「魔法の言葉」ma…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧