自社にマッチングする「M&Aのタイプ」を見極める方法

前回は、「コングロマリット型」「周辺市場進出型」のM&Aについて解説しました。今回は、これらを含めた四つのタイプのM&Aのうち、自社がどれにマッチングするのか、基本的な考え方を見ていきます。

どんな企業がどのような目的で自社に興味を示すのか?

前回、前々回の連載では、M&Aの四つのタイプ、「水平型」「垂直型」「コングロマリット型」「周辺市場進出型」について紹介してきました。これらは、買い手企業の視点や目的から見た分類です。

 

翻って、自ら経営する会社をM&Aで売却することを検討しているオーナー社長としては、「自社がどのようなタイプのM&Aにマッチングする可能性があるのか?」を考えてみるのもよいことです。つまり、どのような企業がどのような目的で自社に興味を示すのかという思考のトレーニングでもあります。

 

このようなトレーニングの習慣を持っておくことで、M&Aのアドバイザーなどと接して実際に買い手候補を探す際、戸惑いを感じることも少なくなるはずです。

 

まず誰しもが思いつきやすいのは「水平型」のM&Aでしょう。日ごろからの商売仲間や取引先、業界団体の集まりなどで顔を合わせている同業の仲間たちの中で、比較的羽振りが良さそうな会社や事業拡張意欲が旺盛な人たちなどです。中には他県など、事業エリアの異なる地域で展開している人たちもいることでしょう。

 

ただ、先にも記した通り、そのようなすぐに顔が思い浮かぶ人たちは事業の端々まで熟知しているため、買い叩かれる心配もあります。

客観的な視点を持つ外部コンサルタントを活用する手も

皆さんの会社に興味を示す買い手の候補は、何も業種や事業エリアが身近な会社ばかりではありません。異業種や他県にまで、可能性は広がっていきます。そして、売り手のオーナー社長が思ってもみなかった、あるいは気付かなかった点を評価して「買いたい!」と名乗り出る会社があるかもしれないのです。

 

特許をはじめとする技術や熟練した職人、特定地域の営業権や大手企業との取引口座、さらには他の用途にも転用できそうな倉庫や工場といった不動産・・・。そういった諸々の点を、どこかにいる潜在的な買い手企業が欲しがっているかもしれないのです。一度、自社の資産や強みと思えるものを、洗いざらい棚卸しして見直してみることもお勧めです。

 

前回、人気のある市場での販売権が買い手企業の興味を刺激したという話をご紹介しましたが、同じようなことは他の業種にも当てはまります。

 

例えば、デパートに商品を納入する口座を持っているメーカーや卸業者があったとします。仮にその会社の業績がいまひとつで、赤字続きのうえ債務超過であるとしても、M&Aの対象となり得る可能性は十分にあります。なぜなら、取引実績があり取引口座を有しているというその一点が評価されるからです。

 

デパートとの取引ができればよいと考えるメーカーや卸は多いでしょうが、そう簡単ではありません。長年の取引実績や絶大な仕入れの権限を持つデパートのバイヤーと深いパイプがなければ、一般に新規参入は困難です。一から営業を続けたり、バイヤーを接待して取引口座の開設を図ったりするより、いっそM&Aで口座のある会社を買ったほうが得策と考える買い手が現れるかもしれないのです。

 

皆さんの会社の強みと魅力は何か? よく自問してみてください。また、社長自身なかなか気付きにくいのであれば、客観的な視点に立つことができる外部コンサルタントに確認することもお勧めします。

本連載は、2013年9月20日刊行の書籍『会社を息子に継がせるな』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

畠 嘉伸

株式会社スターシップホールディングス 代表取締役兼CEO

税理士・米国公認会計士。東京の独立系M&A専門会社にて、後継者難の企業に対するM&Aコンサルティング、M&Aによる企業再建コンサルティングを手掛ける。その後、監査法人系公認会計士事務所にてベンチャー企業の新興市場への公開支援業務、企業価値評価業務を手掛ける。

著者紹介

連載勝ち残る中小企業のM&A活用法

会社を息子に継がせるな

会社を息子に継がせるな

畠 嘉伸

幻冬舎メディアコンサルティング

現在、9割の中小企業経営者が後継者不在という問題を抱えています。息子がいない、いても“家業"に興味を示さない、あるいはオーナー社長が手塩にかけてきた会社を任せられるほどの才気がない。だからといって、廃業を選んでし…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest