特集2015.11「会社を売る」という選択肢

相続・事業承継 M&A
連載勝ち残る中小企業のM&A活用法【第4回】

「コングロマリット型」「周辺市場進出型」のM&Aとは何か?

M&Aシナジー異業種

「コングロマリット型」「周辺市場進出型」のM&Aとは何か?

前回は、M&Aの中でも「水平型M&A」「垂直型M&A」について解説しました。今回は、「コングロマリット型」「周辺市場進出型」のM&Aについて見ていきます。

意外な業種が買い手になる「コングロマリット型」

前回の続きです。M&Aの三つ目のタイプが、「コングロマリット型」です。平たくいえば、買い手の企業が他業種の企業を買収することで、異業種に進出しようとするものです。

 

 

上図表では円の左上の位置に当たりますが、本業のシナジーを表す水平型や垂直型にやや近い(一部かぶっているなど)ケースもあれば、まったく本業からはかけ離れたケースもあります。水平型や垂直型が本業のシナジー効果を見込みやすいのに対して、コングロマリット型のM&Aは、異業種に参入することで企業価値自体を高めようというものです。

 

水平型や垂直型の場合、M&Aは本業のシナジー効果を高めるための「手段」ですが、このケースではM&A自体が「目的」ということもできます。

 

有名な例としては、旅行会社のHISがハウステンボスを運営していたり、練炭やプロパンガスを販売していたアクアクララレモンガスホールディングスが、宅配水販売やタクシー事業にも乗り出すといった例があります。

 

当社が関わってきた事例では、ガソリンスタンドが健康ランドやフィットネスクラブの買収に動いたりしたケースなどがあります。コングロマリット型でも、宅配水とプロパンガスの組み合わせは一見するとまったくの異業種、関連のない商品のようですが、重くて持ち運びが大変という接点があり、1台のトラックで同時に運べるといったシナジーといえなくもない接点があります。

 

他方、ガソリンスタンドと健康ランドはほとんど接点と呼べるものがなく(健康ランドに燃料の油を卸しているといった場合は別にして)、本業のガソリンスタンドの将来が明るくないことを見越し、元気なうちから多角経営に乗り出そうという思惑があってのものでした。なお、水平型がともすれば買い叩かれやすいのに対して、コングロマリット型はドライに値段ありきといった側面が強くなりがちです。

 

マッチングを考えていて面白いのもこのタイプですが、奇をてらい過ぎてもダメで、売買の双方にメリットがあるか、よく吟味する必要があります。

新たな商品と市場を開拓する「周辺市場進出型」

最後が、「周辺市場進出型」です。異業種または業態の異なる企業を買収することで、新商品や新市場を開拓することを目的としたM&Aです。上図の下部にあたります。

 

例えば理容店を数店舗構えている会社があるとします。この会社が同業の理容店を営む会社を買収するのは4つのタイプのうち「水平型」にあたります。同じ会社が、美容店を営む会社を買収する場合はどうでしょう。コングロマリット型といえなくもありませんが、理容と美容は免許制度や客層こそ違え、店舗の仕様や接客のノウハウなどは共通する部分が多く、理容の会社にとって「新商品(サービス)開発」と「多角化」の側面があります。このようなM&Aが「周辺市場進出型」です。

 

当社が扱ってきた事例では、葬儀社が墓石を扱う石材会社を買収した事例があります。これもコングロマリット型といえなくもありませんが、葬儀と墓石には密接な関連があり、上図では「市場開拓」と「多角化」の要素を含んだM&Aといえるでしょう。

 

また、7回目の連載で改めて扱いますが、惣菜や乾き物を製造販売していた金沢の会社が、食品の小売店を買収した事例もありました。売り手の小売店は、「近江町市場」という金沢市民の台所での販売権を有していました。その権利は、単にお金を積んだからといって買えるものではなく、買い手の製造企業としては、市場での販売権欲しさも当然に加味したうえでM&Aを進めたのでした。

 

このケースは、上図の「市場開拓」をメインの目的に、また従来から作っていた既存製品の販路拡大という意味では「市場浸透」の要素も兼ね備えたM&Aといえます。

本連載は、2013年9月20日刊行の書籍『会社を息子に継がせるな』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

畠 嘉伸

株式会社スターシップホールディングス 代表取締役兼CEO

税理士・米国公認会計士。東京の独立系M&A専門会社にて、後継者難の企業に対するM&Aコンサルティング、M&Aによる企業再建コンサルティングを手掛ける。その後、監査法人系公認会計士事務所にてベンチャー企業の新興市場への公開支援業務、企業価値評価業務を手掛ける。

著者紹介

連載勝ち残る中小企業のM&A活用法

会社を息子に継がせるな

会社を息子に継がせるな

畠 嘉伸

幻冬舎メディアコンサルティング

現在、9割の中小企業経営者が後継者不在という問題を抱えています。息子がいない、いても“家業"に興味を示さない、あるいはオーナー社長が手塩にかけてきた会社を任せられるほどの才気がない。だからといって、廃業を選んでし…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest