なぜ英語の習得が「世界で戦える人材」の絶対条件なのか?

今回は、世界で戦える人材になるために英語の習得が不可欠な理由を見ていきます。※本連載は、ハワイ教育移住コンサルタントのイゲット千恵子氏の著書、『経営者を育てるハワイの親 労働者を育てる日本の親』(経済界)の中から一部を抜粋し、ハワイと日本の「教育」の違いについて比較・検証します。

第二外国語に選ばれなくなった「日本語」

かつてはアメリカ人にとって、アジアの言語といえば日本語でした。日本はGDPがアメリカに次ぐ世界第2位の、経済大国でしたから。

 

しかし、数年前に中国に抜かれて日本のGDPは世界第3位になり、日本語の代わりに中国語が選ばれるようになりました。海外の免税店でも、日本人の店員さんがカットされ、代わりに中国人、韓国人の店員さんがどんどん増えています。

 

日本は消費しない国として、もう世界からあまり期待されていないのです。アメリカでは、すでに、日本語を第二外国語として選べる学校が残念ながら少なくなっているのが現実です。

 

ハワイは、例外的に日本の文化が根強く残っていますから、必ず学校に選択科目の中に日本語の授業がありますが、やはりスペイン語や中国語が人気のようです。このように、世界が学ぶ言語として日本語が選ばれなくなってきている今、相手が日本語を話してくれることはまずありません。

世界人口の4分の1が話す英語は、ビジネスに不可欠

私はハワイにいて、日本がもうアジアの経済大国、ナンバーワンでなくなったことを、がっかりするくらいに感じています。だから今度は逆に、日本人の私たちが海外に乗り込んで行かなければいけないのです。

 

当然、世界で日本人が戦っていくには、英語を話せることが絶対条件となります。世界人口の4分の1が英語を話せますし、コンピューター用語は英語ですから、世界中の人たちが使う言語が、英語であることには間違いありません。英語で主張できれば、世界のどこの国に住んでも、まあまあやっていけます。

 

今、「日本語と英語、どっちをやらせたら良いですか?」と質問されたら、「絶対英語です」と迷わずに答えています。日本語ができなくても、正直、別にそれほど困らないですから。

 

もちろん日本語は、私たち親が、日本の文化や日本人としてのアイデンティティーを教えていくべきものだと思っていますが、子どもたちが将来、世界でビジネスをすることを考えると弱い言語です。戦略的に子どもを教育していこうと思ったら、まずは英語、となるはずです。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「教育」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載ハワイの親に学ぶ「世界で勝てる子」の育て方

ハワイ教育移住コンサルタント

日本で18年間、ネイルサロンおよび美容スクールの経営をした後、子どもをハワイで出産(息子は現在16歳)。離婚後、ハワイへ移住し、ハワイの政財界で活躍するアメリカ人と再婚。ハワイのトップ経営者たちとの交流の中で、日本とのビジネスの違いを学び、ハワイで起業。
現在、敏感肌専門のエステサロン「グリーンスパハワイ」、通販、スクール、化粧品会社、コンサルティングなどの事業を経営し、海外ママ起業家として世界各地で精力的にセミナーや講演活動などを行う。日本人の起業家とも多く交流し、海外進出に必要なアントレプレナーとしての資質を伝える活動を行っている。

著者紹介

経営者を育てるハワイの親 労働者を育てる日本の親

経営者を育てるハワイの親 労働者を育てる日本の親

イゲット 千恵子

経済界

なぜ、教育熱心な親、多くの一流芸能人が 子どもを連れて「ハワイ移住」を選択するのか? “読書感想文はパワポでプレゼン!?” “高校生でベンチャー起業はザラ!?” これを知って衝撃を受けない親はいない! ハワイで…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧