お金は自分でつくるもの・・・ハワイと日本の金銭教育の違い

今回は、ハワイと日本の金銭教育の違いを見ていきます。※本連載は、ハワイ教育移住コンサルタントのイゲット千恵子氏の著書、『経営者を育てるハワイの親 労働者を育てる日本の親』(経済界)の中から一部を抜粋し、ハワイと日本の「教育」の違いについて比較・検証します。

お金は「仕事の対価」として手に入るもの

大多数の日本人は、「お金はもらうもの」と考えています。これは、高度成長期に施された教育が、良い労働者や良い消費者となることを目指していたため、「お給料をもらう」というマインドがいまだに根付いているためではないかと考えます。

 

子どもの頃のお小遣いも定額制で毎月いくらと決まっていましたし、お正月になれば自動的にお年玉をもらえました。しかし、英語では「Make Money」といって「お金はつくるもの」という意識です。

 

ハワイでも「洗濯したら、新聞をとってきたら、月のお小遣いとして10ドルあげます」というように、お金は仕事の対価として配布します。ハワイで育った息子は、何もしないでお金をもらうことに慣れていないので、日本で祖父母や叔母たちから、たくさんのお年玉をもらうたびに、

 

「いや要らない、要らない。僕、何にもしてないですから」

 

と最初は断っていました。

 

「日本では断ることが逆に失礼にあたるから、お礼を言っていただきなさい」

 

と教えたので、今はそのようにしています。ただ彼にとっては、

 

「働かないのに、なんでみんなお金をくれるんだろう?」

 

と、何もせずにお金をもらえることが謎だったようです。

働きに応じて対価を渡し、「自分の役割」を意識させる

働きに応じてお小遣いを与えることは、子どもに「お金は働いて自分でつくるもの」という意識を植え付けるとともに、もうひとつの意義があります。それは、子どもが「家族の中で自分の役割を見出せること」です。

 

家族をひとつの企業にたとえてみましょう。

 

お母さんが経営者で、お父さんは財務担当というイメージです。ハワイでは夫婦共働きがあたりまえですから、家の仕事を子どもにも振り分けてうまく回していかないと、会社として成り立ちません。

 

仮に、子どもがニートや引きこもりだったりすると、たちまち経営が傾いてしまいます。だから、子どもにとっても家族の中で役割を持つことで、僕はこの家族に必要なんだという、家族の一員としての自覚と責任が持てるのです。

 

日本の場合は、お母さんがひとり頑張って全部やってあげてしまうから、子どもが何もできないまま大人になっていくし、家族における自分の役割も見出せません。その結果、皮肉なことに、家族の結び付きが弱くなってしまうようにも見えます。

 

子どもにとって、最初の集団生活の場は家庭です。

 

子どもが家庭の中で、誰かの役に立つことを実感できないまま大人になり、社会に出て就職すると、「会社に行けばお金がもらえる」という考え方になります。

 

これでは、会社の利益に貢献し、自らの年棒をどんどんあげていけるような人材を育てるのは難しいですよね。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「教育」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載ハワイの親に学ぶ「世界で勝てる子」の育て方

ハワイ教育移住コンサルタント

日本で18年間、ネイルサロンおよび美容スクールの経営をした後、子どもをハワイで出産(息子は現在16歳)。離婚後、ハワイへ移住し、ハワイの政財界で活躍するアメリカ人と再婚。ハワイのトップ経営者たちとの交流の中で、日本とのビジネスの違いを学び、ハワイで起業。
現在、敏感肌専門のエステサロン「グリーンスパハワイ」、通販、スクール、化粧品会社、コンサルティングなどの事業を経営し、海外ママ起業家として世界各地で精力的にセミナーや講演活動などを行う。日本人の起業家とも多く交流し、海外進出に必要なアントレプレナーとしての資質を伝える活動を行っている。

著者紹介

経営者を育てるハワイの親 労働者を育てる日本の親

経営者を育てるハワイの親 労働者を育てる日本の親

イゲット 千恵子

経済界

なぜ、教育熱心な親、多くの一流芸能人が 子どもを連れて「ハワイ移住」を選択するのか? “読書感想文はパワポでプレゼン!?” “高校生でベンチャー起業はザラ!?” これを知って衝撃を受けない親はいない! ハワイで…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧