マーケットで勝つために「高度な投資理論」など要らない理由

本連載は、さわかみホールディングスの代表取締役で、日本における長期運用のパイオニアとして知られる澤上篤人氏の著書、『これが長期投資の王道だ』(明日香出版社)より一部を抜粋し、株式「長期投資」の極意を紹介します。

マーケットは「理論通り」に動くとは限らない

みなさんのまわりにも、こんな人たちが一杯いるんじゃない? 投資は難しい、なかなか儲からないと騒いでいる「投資家」たちが。

 

どうして儲からないのか? 投資なんて、安く買って高く売るだけのこと。なのに、その逆ばかりをやっているのだから、どの「投資家」たちも儲かりっこない。

 

彼らは「まだ下がりそう」「損しそう」といって暴落相場を買えない。かと思えば、「儲かりそうだから」と上昇相場に飛び乗っては、高値づかみをしてしまう。そういった「安い時に買えず、高くなって飛びつく」を繰り返す投資家の多いこと。

 

もうひとつある。投資の理論やテクニックを勉強するのは、どうぞご自由にだ。ただし、やたらと頭デッカチになってはいけない。理論通りにならないのが、マーケットであり、投資の投資たる所似なのだから。

 

どんなに高度な理論も、一時は成功したと得意になれるかもしれないが、すぐ通用しなくなる。なにしろ、理外の理にあふれているのが相場であり、すぐその成功の裏をかいてくる。そこのところが、学者先生や機関投資家にはわからない。

演算して出てくる投資判断は、どこも似たり寄ったりに

機関投資家をはじめとして、個人投資家でも高度な投資理論をありがたがる頭デッカチ人間は多い。彼らは数式とコンピュータさえあれば投資ができると思い上がっている。人間の叡知と近代科学で自然を克服したと信じ込んでいる傲慢な人たちと、まったく同じ。

 

たとえば、機関投資家は最新の投資理論と複雑な数式を駆使したり、膨大なデータを統計処理して標準化したモデルを好んでつかう。そんなもの、なんの役にも立たないのだ。なぜかわかるか?

 

いくら高度に理論やら数式をひねくりまわしたところで、演算して出てくる投資判断は、どこも似たりよったりとなる。元のデータが同じなのだから、演算結果も同じようなものになるのは、どうしようもない。

 

どこも似たりよったりとなるような投資判断には、なんの価値もない。そんなものをありがたがって、マーケットに参加したところで、大したリターンは得られない。

 

なぜなら多くの機関投資家が、同じような考えで、同じようなタイミングで行動することになるのだから。相場が一方通行になるだけで、彼らが期待する値ザヤ抜きなど望むべくもない。

 

それよりも、理論ガチガチの投資家たちが寄ってたかって築き上げている相場が、どこかで崩れるのを待ち受ける方が、よほど儲かると思わないか。

 

同じような投資判断で買っていた人たちが、ドドッと売りに走るところに網を張って、のんびり待つのだ。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載難しい理論やテクニックは不要!株式「長期投資」の極意

さわかみホールディングス 代表取締役

1971年から74年までスイス・キャピタルインターナショナルにてアナリスト兼ファンドアドバイザー。その後、80年から96年までピクテ・ジャパン代表を務める。96年にさわかみ投資顧問を設立し、99年に日本初の独立系投資信託会社であるさわかみ投信を設立。販売会社を介さない直販にこだわり、長期投資の志を共にできる顧客を対象に、長期保有型の本格派投信「さわかみファンド」を運営している。同社の投信はこの「さわかみファンド」1本のみで、純資産は約3000億円、顧客数は約11万5000人を超え、日本における長期運用のパイオニアとして熱い支持を集めている。

著者紹介

これが長期投資の王道だ

これが長期投資の王道だ

澤上 篤人

明日香出版社

長期投資の第一人者が「本物の株式投資」実践法、その全てを初公開! 構想に8年をかけた「長期投資、実践の書」がついに完成。本書は、これまで踏み込んでこなかった長期投資の考え方から実践法まで、余すところなく解説。株…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧