不動産投資の規模拡大を左右する「金融機関との付き合い方」

本連載は、多忙な現役医師でありながら、不動産投資家としても成功を収めている本間けい氏の著書『レバレッジ不動産投資』(サンライズパブリッシング)の中から一部を抜粋し、いわゆる「高属性投資家」の医師が不動産投資で成功するためのノウハウのうち、金融機関との付き合い方や不動産会社との付き合い方などをご紹介します。

信用が重視される融資では、「第一印象」が大切

不動産投資を始めるにあたり、金融機関からどうやって融資を引き出そうかと、試行錯誤を繰り返し、攻めあぐねている方もいるのではないだろうか。しかし、これから金融機関にアプローチしようと思う方は、是非知っておいていただきたい。金融機関は敵でもなければ、攻略するような対象でもないということを。ここでは、僕流の「金融機関との付き合い方」についてお話していきたい。

 

金融機関へのファーストコンタクトであるが、「第一印象が大切」ということに尽きる。自分をいかによく見せるか、良い印象を残せるかが、今後の投資規模拡大を左右する。まず、アポイントメントも取らずに訪問してはいけない。金融機関というものは、公共性の高いオープンな場所ではあるが、融資の担当者が不在であったり、多忙であったりして会えなければ何の意味もないし、突然訪問することで、計画性のない面倒な人間だと認識されても困る。

 

僕の場合はまず、パートナーになってもらいたい金融機関に電話をかける。そして、融資の担当者に繋いでもらう。

 

「収益不動産の購入を考えているのですが、融資の条件などを教えて頂きたくて」といった感じで言えば、無下に扱われることはない。

 

そして、自分の素性をしっかり説明し、「投資」などのワードを極力使わないように気をつけたい。やはり融資は「信用」が重視される。いくらお金を持っていても、怪しい人に融資は下りないので、言葉のチョイスは慎重に行わなくてはいけない。120%真面目さをアピールしよう。

「資産がたくさんある」ように感じさせるには?

例えば、僕だったらまず「医師」であることを伝え、「不動産投資」ではなく、「収益不動産事業」とか「不動産を事業として考えている」というワードを使うようにしている。そして、あくまで個人的な考えだが、金融機関の方は「節税」というワードはあまり気にしていないように感じる。効果的なのは資産をたくさん持っているように相手に感じさせることだろう。

 

「○〇〇の理由で、結構お金が入る予定なんですよ・・・。将来のことを考えて、収益不動産の購入を検討しておりまして」(あくまでもスマートに)

などと言ってみると

「ああ、そうですよね〜」

という流れになり、うまく波に乗ることができる。

 

電話で感触が良ければ、そこで担当者と面談の約束を取って、直接会うようこぎつけるのだ。訪問するときはもちろんスーツ! 髪もヒゲも整えて、鼻毛はカット。清潔感と誠実さを全力で出そう。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載現役医師が教える「レバレッジ不動産投資」

医師
医学博士
不動産投資家

1982年生まれ。山形県出身。
2013年8月に不動産投資の開始を決意、1年以上の購入できない期間を経験し、2015年4月に1棟目を購入。その後わずか1年間で5棟を購入し、家賃収入は年間約1.3億円を突破。
現在は6棟、195戸の不動産を所有し、家賃収入1.5億円、返済比率35%を誇る。収益の柱を本業とは別に立てることによって、経済的な事情に左右されずに医師業に専念する日々を送る。

著者紹介

レバレッジ不動産投資

レバレッジ不動産投資

本間 けい

サンライズパブリッシング

融資の出やすい人は、スケールメリットを活かすべし! 忙しい現役医師である著者は、ライバルの多い物件よりも、 金融機関から融資を引いて高額な物件で勝負する方が有利だと気付きます。 本書では、プレミアム層ならではの不…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧