約定書に記載される「繰上げ返済時の違約金」の問題

今回は、銀行との約定書に記載される「繰上げ返済時の違約金」について見ていきます。※本連載では、現場での実務経験豊富な経営コンサルタントである著者が、銀行交渉の成功事例、融資を受けるために知っておきたい銀行の内部事情などを紹介します。

大きなエネルギーを使う「返す交渉」

前回の続きです。

 

銀行交渉は、借りることばかりではありません。
返すための交渉も、あるのです。
が、借りるよりも返す交渉のほうが、
数倍大きなエネルギーが必要、という事が多いのです。

 

ある会社が、
第二地銀であるA銀行からの借り換えを決意しました。
長年のつきあいというだけで、借り続けてきたものの、
条件が良くなかったからです。
で、先方のA銀行にその意向を伝える前に、
こちらの体制を整えるべく、協力銀行を探しました。
結果、一年以上、営業に出向いてきていた、
地方銀行のB銀行が、協力してくれることになったのです。

 

とはいうものの、B銀行の条件が悪ければ、
話しになりません。
それでは借り換えるメリットが、ないからです。
後継者が交渉した結果、B銀行では、良い条件を確保できました。
個人保証・担保なし、金利はタイボ+スプレッド、
繰上げ返済あり、繰上げ時の違約金なし、です。
そもそも、この会社は自己資本比率が40%超です。
営業利益も、過去5年、5%超を維持していました。
不良債権化する可能性は低く、返済能力も十分に見込めます。
B銀行にすれば、好条件を出してでも、融資をしたい会社なのです。

違約金は罰金ではなく「金利の精算」!?

そこで、改めてA銀行のことが気になりました。
“そういえば、
 A銀行への繰上げ返済時の違約金の扱いは、どうなってます?”
後継者にたずねました。
“いやあ、どうだったか・・・。”
“融資を受けたときの、約定書はありますか?”
“あります。”
“じゃあ、その内容を細かく見てください。
 たいがい裏面に、小さい文字で書いていますから。”
“わかりました。”
“そこに期限前返済時の条件記載があれば、
借り換えでの繰上げ返済をA銀行に申し入れた際、
必ずこう言ってきます。
 「違約金がかかりますよ!」と。”
“そうなんですか。”
“でも、それはいわば、おどし文句ですよ。
 違約金というけど、罰金でもなんでもなく、
 繰上げ返済分にかかるはずの、金利の精算なんですよ。
 それに、実際には担当が銀行内でその手続きをしておらず、
 ごねたら免除された、というケースもありますから。”
“えっ、じゃあ何のための違約金ですか?”
“借り換えをさせないため、ですよ。”

 

繰上げ返済時の違約金とは、
その時点での借入残高にかかる、残りの金利を、
一気に精算して支払う、という仕組みです。
それを、違約金がかかる、という言い方をして、
「借り換えたら損ですよ」と思わせるのです。

 

しかし、この違約金、約定書に記載されていても、
実行されたりされなかったりするのです。
で、不思議に感じて、元頭取の方にお尋ねしたところ、
“ああ、それは多くの担当が面倒くさがって、
 違約金の社内手続きをしていないからですよ。”
ということが、わかったのです。

 

早速、A銀行の約定書を、後継者に確認してもらいました。
“どうでした?違約金の記載、ありましたか?”
“ありませんでした。念のため、確認してもらっていいですか?”
確かに、繰上げ返済時の違約金条項は、ありませんでした。
B銀行の協力体制が整い、
A銀行には違約金条項がないこともわかりました。
後継者に言いました。
“さあ、ここからですよ。A銀行に倍返しするのは。”
“わかりました。次はどうすればいいでしょうか?”
後継者も、大いにその気になってきました。
いよいよ、A銀行への融資を一気に返し、
B銀行に切り替える、具体的な作戦に動き始めたのです。

 

(続く)

本連載は、株式会社アイ・シー・オーコンサルティングの代表取締役・古山喜章氏のブログ『ICO 経営道場』から抜粋・再編集したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。ブログはこちらから⇒http://icoconsul.cocolog-nifty.com/blog/

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「経営戦略」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載経営者必読!融資を勝ち取る銀行交渉術

株式会社アイ・シー・オーコンサルティング 代表取締役

昭和40年 大阪府生まれ。

平成元年 関西大学卒業後、兵庫県の中堅洋菓子メーカーに入社。経理、総務、人事、生産管理、工程管理、広報など、主たる管理部門で実力を発揮。

平成17年 株式会社アイ・シー・オーコンサルティングに加わり、経営指導業務を開始する。
以降、長年の現場実務経験と、師匠である井上和弘(アイ・シー・オーコンサルティング会長)の《井上式経営術》を武器に、日々、中小企業の黒子としての経営指導に邁進している。

指導実績:財務改善、税務・銀行対策、労務問題改善、経営企画、管理会計、IT・システム化、事業承継など。
また、日本経営合理化協会主催「後継社長塾」(塾長:井上和弘)、に塾長補佐として参加し、後継社長の育成にも尽力している。

著者紹介

経営者の財務力を一気に アップさせる本〔補訂版〕

経営者の財務力を一気に アップさせる本〔補訂版〕

古山 喜章,井上 和弘

東峰書房

数字が苦手な人にこそ読んで欲しい!本書では、会社経営にまつわる数字を読み解き財務力をアップさせる方法を解説します。数字が苦手だからこそとことんわかりやすく理解する方法を見出した筆者。そのノウハウをお伝えし、経営…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧