「お金がない」という口グセが、運や評判を落とす理由

今回は、「お金がない」という口グセが自分の運や評判を落とす理由を見ていきます。※本連載では、株式会社クレア・ライフ・パートナーズ代表取締役・工藤将太郎氏の著書、『入社1年目から差がついていた!お金が貯まる人は何が違うのか?』(すばる舎リンケージ)より一部を抜粋し、今日から実践できる、お金を貯めるための簡単な習慣をご紹介していきます。

人の誘いを「お金ないんで」と断っていると…

ここで、会社員を経験した私から、入社1年目のみなさんにアドバイスがあります。

 

それは「『お金がない』が口グセの人は損をする」ということです。

 

会社の先輩が「今日は部長もいらっしゃるっていうし、みんなで飲みに行くか!」と言ったときに、あなたが「いや……、お金ないんで」と断ったとしましょう。

 

新入社員のうちは、先輩が「いいよ! 俺が出すから!」そんなことを言ってくれるかもしれません。

 

でも、2年目になったときや、人数が多かった場合、先輩はこう考えると思います。

 

「部長にたくさん払わせるのも悪いし、今回は自腹でも大丈夫そうな人を誘おう」

 

その結果、普段はなかなか話すことができない部長との飲み会のチャンスを逃してしまったり、仕事のアドバイスをもらう機会を逃してしまうことになります。

 

社内の飲み会では、付き合いのいい新人はかわいがられるものです。

 

本当にお金がないときには、先輩がおごってくれることもあるでしょう。

 

しかし、最初からおごってもらうことを前提としている人や、「お金がない」といつも言っている人には、声がかからなくなることもあります。

 

また、社内の飲み会に顔を出すことで、信頼関係が築けて、情報収集や成長の機会にもつながります。

お金がなさそうな人に、資産運用の話は回ってこない

私が資産運用をしてお金を増やしてみようと思ったのも、会社の先輩から多くのことを教えてもらったことがきっかけです。

 

「お金がない」が口グセの人には、まず資産運用の話などは回ってこないでしょう。

 

本当にお金がなくても、ものは言い様。断り方は色々あります。

 

「お金がない」と言うと、運やチャンスを逃してしまうだけでなく、自分の評判まで悪くなることをお金が貯まる人はよく知っています。

 

今日から「お金がない」という口グセをやめるだけで、人間関係もあなたの評判も、どんどんよくなっていくはずです。

本連載は、2017年4月27日刊行の書籍、『入社1年目から差がついていた!お金が貯まる人は何が違うのか?』(すばる舎リンケージ)から抜粋したものです。稀にその後の税制改正等、最新の内容には一部対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載お金が貯まる人に学ぶ「自然とお金が貯まる習慣」

株式会社クレア・ライフ・パートナーズ 代表取締役社長
CLP International Ltd. プレジデント&CEO 

1983年、大分県生まれ。西南学院大学卒業後、日本生命保険相互会社入社。法人営業部門にて企業の福利厚生制度の構築に従事。2010年に株式会社クレア・ライフ・パートナーズを創業。2013年には香港現地法人としてCL PInternational Ltd.を設立。生命保険に偏重せず、効率の良い資産形成をテーマとしてファイナンシャルプランニング、ライフプランニングを行っている。

WEBサイト:http://crea-lp.com

著者紹介

入社1年目から差がついていた! お金が貯まる人は何が違うのか?

入社1年目から差がついていた! お金が貯まる人は何が違うのか?

工藤 将太郎

すばる舎リンケージ

「年収が低くて、お金を貯めるのが大変」、「どうしても貯金が続かない」――20代、30代の人たちがお金を貯めるには、切り詰めた節約をしなければならないというイメージがあるようです。しかし、年収が低くても、ズボラでも、…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧