相続・事業承継 相続対策
連載「信託」と「遺言」で3代先まで財産を引き継ぐ相続対策【第13回】

家族信託の活用の成否を左右する「受託者」の選び方

家族信託信託契約書税務調査受託者

家族信託の活用の成否を左右する「受託者」の選び方

前回は、家族信託の「信託受益権」を活用した相続税対策について説明しました。今回は、家族信託で重要となる「受託者」の選び方を見ていきます。

契約書に不備があれば「贈与」と見なされる可能性も

家族信託でできることは本連載の第9回~12回で説明しました。実は、信託契約書ではそれ以上に複雑な内容でも契約できるのですが、あくまで財産の整理や管理を円滑に運ぶための手法なので、投資リターンを期待したり、税務的なメリットを生んだりするものとは考えないほうがいいでしょう。


また、受託者は、お金を自分が動かせるからといって、不動産管理、売却、土地活用、金銭運用などの行為すべてを自由にしていいわけではありません。あくまで契約書の内容を実行するのみで、いくら親子の関係だといっても契約書以上のことをするのは許されません。


契約内容自体は親子で話し合って決めるので、受託者の都合のいいように作られていることもよくあるとは思います。ただその契約書に不備があれば、当然、後の税務調査で贈与とみなされる危険性がありますので、契約書の作成は弁護士、司法書士、あるいは家族信託に慣れている税理士に依頼するのが賢明な選択です。

家族信託には税務署の監査以外のチェック機能がない

また、金銭の管理も重要です。主に信託口座にて行いますが、この明細が後にとても大事なものとなります。ですので、信託帳簿を用意して管理するとよいでしょう。というのも、資金管理をきちんとしていないと、今後、税務署の調査で信託口座のお金の出入りを細かくチェックされることになるのではないかと筆者は考えています。「家族信託」の契約書を盾に、受託者が自分で好きなものや不動産を買ってしまったら、税務調査において「それは贈与ですよね」と指摘されてしまうというわけです。


なぜ税務署職員に目をつけられるかというと、現在、家族信託は税務署の監査時以外にチェック機能がないからです。つまり、受託者である子どもが「俺が任されたんだから、俺が好きなように使って何が悪い」と思ってしまい、自分勝手に使ってしまうことがあっても、その時にチェックできる人がいません。


委託者はそもそも、自分が動けない代わりにこの信託を利用しているのでチェックは難しいですし、信託口座のお金を受託者である子どもが使い込んでしまったとしても、親が訴えることはほとんどありません。


しかし、受託者が自分勝手に使ってしまったら納税義務が不透明になってしまいますし、食費や生活費として使ってしまったら、それこそ領収書はないでしょう。そのような事態を見すごしたら、税務署の面目は丸つぶれというものです。税務署がそのまま黙っているということは考えにくいのです。


このように、まだまだ整備が追いついていない制度ではありますが、将来的には法律的に認可された機関がチェック機能を持つと考えられます。現状で、お金を目的外で使うリスクやチェック機能がないことなども踏まえると、委託者は慎重に受託者を選ぶ必要があることがわかってくるでしょう。複数の子どもがいれば、できる限り信頼のできる子どもを見極めて受託者にすることをお勧めします。

本連載は、2013年8月2日刊行の書籍『相続財産を3代先まで残す方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

廣田 龍介

エクスプレス・タックス株式会社 代表取締役

福島県いわき市出身。昭和60年税理士登録。昭和61年株式会社タクトコンサルティングに入社し、不動産を使った相続税対策の草創期から資産税に携わる。土地は“持つべき資産”から“利用すべき資産”への発想に転換すべきことを早くから提唱。
平成23年1月にエクスプレス・タックス株式会社代表取締役に就任し、個人・法人の資産税を中心とした幅広いコンサルティングおよび講演を行っている。講演では、ケーススタディ方式で易しく解説し、多くのファンを持つ。また、最近では不動産M&A・等価交換事業・法人化対策・家族信託に特化したコンサルティングに力を入れている。

著者紹介

連載「信託」と「遺言」で3代先まで財産を引き継ぐ相続対策

相続財産を3代先まで残す方法

相続財産を3代先まで残す方法

廣田 龍介

幻冬舎メディアコンサルティング

高齢化による老々相続、各々の権利主張、そして重い税負担・・・。現代の相続には様々な問題が横たわり、その中で、骨肉の争いで泥沼にハマっていく一族もあれば、全員で一致団結して知恵を出し合い、先祖代々の資産を守ってい…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest