事業投資 終了

【※オンライン開催(LIVE配信)】「初期投資1000万円」で「年間収益500万円] 驚異の高利回りを実現する 「小規模保育園」投資の全貌

終了
満員御礼
募集締切
開催中止

日 時 2021年6月24日(木)19:00~20:00  
会 場 本セミナーはオンライン(LIVE配信)にて開催いたします。 (※視聴方法につきましては、お申し込み後、別途ご案内いたします)
講 師 河村 憲良株式会社Five Boxes/代表取締役
主 催株式会社Five Boxes
共 催合同会社幻冬舎ゴールドオンライン
予定内容

 

「社会貢献×高収益」がかなう、未満児専門の「小規模保育園事業」とは?

少子高齢化、そして人口減…大きな成長が見込めない日本に、社会貢献性が高く、しかも高収益が見込める事業があります。それは「小規模保育園事業」。少子化が進むなか、保育園事業に将来性はないように思えますが、「待機児童問題」が解消されていないことから分かる通り、実は社会の変化により需要は右肩上がりとなっています。一方で参入ハードルは高く、参入できたとしても上手くいくとは限らないのが、保育事業の難しいところ。そこには実績にもとづく運営ノウハウが必要です。

 

本セミナーでは3歳児未満の「小規模保育園事業」を展開する株式会社Five Boxesの河村代表が登壇。社会貢献と高収益を実現する「事業委託型の投資スキーム」をWEBセミナー限定で公開します。

 

【こんな人におすすめ】

・社会貢献と高収益の両立を実現したい投資家

・投資として「小規模保育園事業」に興味がある人

・事業の多角化を検討している経営者

 

セミナー内容】

●待機児童、度重なる事故、労働環境……課題が山積する保育園業界

●保育園事業の参入企業急増も、多くが上手くいかない理由

●なぜ保育園事業のなかで「小規模保育園」有望と言えるのか?

●初期投資1000万円で年間収益500万円!
高収益「小規模保育園」のキャッシュフローを大公開

●事業のすべてを委託…社会貢献と高収益を両立する投資スキーム

●事業として「小規模保育園」に参入するには? 成功するFC事業の法則

講師紹介
河村 憲良 株式会社Five Boxes/代表取締役 大学院卒業後、政治家を志す。自動車関連のフランチャイズに加盟したのち、学習塾の経営に乗り出す。岐阜県可児市に学習塾「想論館」をつくり、生徒7人のスタートから約1年で126人が通う人気塾へと成長させる。
2011年時点の生徒数は500人を超え、順調な経営の只中に東日本大震災が発生。これを機に政治家の夢に立ち返る。
2011年8月、岐阜県八百津町の町議会議員に立候補し当選、政治家としての職務に従事。社会福祉の古い体質や社会的弱者の現状に立ち向かう。
2015年9月の2期目スタート直後に、保育園統合問題が発生し、2016年1月に町長に立候補するも落選。経営者に戻る。
現在は、事業性をもって社会問題を解決する集団として「教育」「介護」「福祉」「育児」「生活」に携わる事業を岐阜県中心に展開。