国内不動産 無料

【オンライン開催(LIVE配信)】 医師のために2社が最強タッグを組んだ! 最大限のメリットをもたらす節税方法を詳細解説! 【医師限定】聞いて得する不動産投資セミナー <最新情報>

終了
満員御礼
募集締切
開催中止

日 時 2020年7月11日(土)17:00~18:00  
会 場 本セミナーはオンライン開催(LIVE配信)とさせていただきます (※視聴方法につきましては、お申し込み後、別途ご案内いたします)。
講 師 芦田 敏之税理士法人ネイチャー国際資産税 代表税理士 小松 信輝株式会社トライブホールディングス
参加費無料
主 催株式会社トライブホールディングス
共 催合同会社幻冬舎ゴールドオンライン/税理士法人ネイチャー国際資産税
予定内容

富裕層の資産対策において国内外で数多くの実績がある税理士法人ネイチャー国際資産税と医師専門の資産形成のコンサルティングを行う株式会社トライブホールディングスがタッグを組み、医師限定の不動産投資オンラインセミナーを開催します。

 

 

これからの医師には「マネーリテラシー」が必要

医師を取り巻く環境は激変していいます。

新型コロナウイルス感染拡大で医師が働く環境は一段と厳しさを増しています。
また、少子高齢化社会の到来で、高齢者医療の拡大、病院の廃止や統合、AIやICTの導入など、医療の現場は大きく変わりはじめています。
さらに、医師の仕事は危険と隣り合わせ。長時間労働の激務、人の命に直接かかわり過度の緊張を求められていて精神的ストレスにさらされています。

こうした問題を解消するのは、将来を見据えた資産形成に他なりません。

医師に最適な資産運用は「不動産投資」です

投資にはさまざまな種類がありますが、医師として日々、患者を診察しながら資産運用することは不可能に近く、忙しい医師には国内外の不動産投資が最も適しています。

 <不動産投資のメリット>
(1)不動産投資は「長期安定型」の投資である
(2)不動産投資は手間がかからない
(3)不動産投資で医師は融資が受けやすい

しかし、忙しい現場の医師からは、こんな声もあります。
「不動産投資について情報収集をしたいが、なかなか時間が取れない」
「不動産投資ってよく聞くけど、本当はどうなの?どんなメリットがあるの?」
「不動産投資を検討してみたいが、どの会社に相談すればいいか分からない」

そんな不満と不安を解消するのが【医師限定】セミナー

医師の持つメリットを最大限に活かす、医師だけに最適化されたコンサルティングサービス。資産形成・節税・開業など、医師ならではの課題への解決策をご提案します。税理士法人ネイチャー国際資産税の日本一富裕層を知る税理士による医師の国内外の不動産投資の税制面からのメリット、その活用方法を解説してもらいます。

<不動産投資のさらなる3つのメリット>
(1)生命保険としての効果
(2)年金としての効果
(3)節税としての効果

 

 

本セミナーでは、税理士法人ネイチャー国際資産税の代表税理士の芦田敏之氏と株式会社トライブホールディングスの小松信輝氏が、「withコロナ」時代の医師向けの国内外の不動産投資戦略をわかりやすく解説します。「医師も」ではなく、「医師だけ」の不動産投資セミナーで、医師に特化した国内外の不動産投資戦略をご提案します。

●なぜ医師に最適な資産運用は「不動産投資」なのか
●不動産投資のこれだけのメリットとデメリット
●「医師限定」「医師に特化した」不動産投資戦略
●節税に役立つ不動産投資の活用方法がある
●税理士法人ネイチャー国際資産税について
●株式会社トライブホールディングスについて 他

 

当日のタイムスケジュール
17:00~17:20 税理士法人ネイチャー国際資産税(芦田 敏之)
17:20~17:50 株式会社トライブホールディングス(小松 信輝)
17:50~18:00 講師対談

講師紹介
芦田 敏之 税理士法人ネイチャー国際資産税 代表税理士 大学卒業後、大手税理士法人に勤務。2005年、税理士試験合格。06年、税理士登録。12年に税理士法人ネイチャー国際資産税を設立。国内および国際資産税の専門ファームとして、富裕層の資産税対策を中心に数多くのインターナショナル案件への対応実績を持つ。国内外の金融機関・弁護士・会計士・そのほか専門家との提携のもと、クライアント一人ひとりに最適な資産形成、税務に関する提案を行う。数多くの富裕層・金融機関等の税務顧問も務め、「日本一富裕層を知る税理士」として注目を集めている。
小松 信輝 株式会社トライブホールディングス 常に次世代を見据えたヘッジプランのご提供をテーマに営業として活躍。2015年度には当社国内不動産販売実績において1位を獲得。実績が評価され、その後海外不動産の販売先駆者として海外不動産販売担当として抜擢され、今ではフィリピン(ダバオ)とカンボジア(プノンペン)にて1年の半分を現地で生活し、経済市況をリアルタイムで把握しお客様に“生きた”情報を提供することで多くの信頼を得ている。