海外不動産 無料

《2024年・最新情報が満載》銀行融資担当者が語る!「ハワイ不動産投資」の魅力

終了
満員御礼
募集締切
開催中止

名 称

《2024年・最新情報が満載》
銀行融資担当者が語る!
「ハワイ不動産投資」の魅力
さらに…「ハワイ不動産担保ローン」についても徹底解説

日 時 2024年3月9日(土)11:00~12:00 
会 場 オンライン開催
講 師 後藤 修一株式会社西京銀行
コンサルティング事業部  主任調査役
内藤 克税理士法人アーク&パートナーズ 代表社員
税理士
参加費無料
主 催西京銀行/株式会社幻冬舎ゴールドオンライン
予定内容

誰しもが一度は憧れるリゾート、ハワイ

 

観光地や移住先として人気が高いことはもちろんですが、不動産の動きが活発で賃貸住宅の空室リスクも低いため、投資先としても非常に魅力的な地域となっています。

 

そのなかでも、「米国ハワイ州ホノルル」は土地の希少性が高く、新築住宅の供給が制限されていることから、中古不動産の価値が上がっていくと推測されます。出口戦略の面でもリスクが低いといえるでしょう。

 

また、ホノルルに関して、最近話題を呼んだのが、ハワイのランドマークの1つである高級ホテル『Trump Tower Waikiki』。Trump Organizationとの契約を終了し、新たにHiltonとのパートナーシップを締結。HiltonブランドのLXR Hotels & Resortsを運営会社として迎えることになったのです。

 

この件で、すでに物件を所有するオーナーにとって問題となってくるのが、Hiltonブランドへの移行に伴い、オーナーが負担すべき改修費用が発生する点でしょう。改修費用の融資戦略において、オーナーはどのような策を打つべきなのでしょうか?

 

そこで本セミナーでは、西京銀行の融資担当者が、『Trump Tower Waikiki』のリブランド問題を踏まえた、2024年の「ハワイ不動産担保ローン」最新事情について徹底解説します。

 

さらに、ハワイ不動産に精通する税理士の内藤克氏が、ハワイ不動産の確定申告/相続/売却時などの税務についても解説。

 

既存オーナーにとっても、これからハワイ不動産投資を検討する方にとっても、必ず知っておくべき有益な情報をお届けします!

 

※本セミナーは金融機関関係者の方のご参加をお断りしております。ご理解、ご了承のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

 

【こんな人におすすめ】

●ハワイ不動産オーナーの方
●年収1,500万円以上の富裕層の方
●不動産投資に興味のある方
●ハワイ不動産投資に興味のある方
●海外不動産ローン利用を検討している方
 

【セミナー内容】
ハワイ不動産担保ローン最新事情
●ハワイ不動産に精通する税理士が解説「入口戦略~出口戦略までを網羅したハワイ不動産の税務」
【西京銀行・融資担当者】と【ハワイ不動産に精通する税理士】が回答!
~「ハワイ不動産」Q&A~

講師紹介
後藤 修一 株式会社西京銀行
コンサルティング事業部  主任調査役
山口県周南市に本店を置く西京銀行。「地域を活性化する銀行」「お客さまとのコミュニケーションを大切にする銀行」「時代のニーズを先取りし創造していく銀行」を企業理念として掲げ、商品の充実、サービスの強化に努める。
内藤 克 税理士法人アーク&パートナーズ 代表社員
税理士
日弁連、金融機関、後継者団体などで相続・事業承継の講演多数。
著書に「残念な相続」(日本経済新聞出版社)など。

弁護士、司法書士、社会保険労務士などの周辺専門家との共同コンサルティングを得意とし、
オーナー企業の経営課題を社長とひとつひとつ解決していくスタイルは定評がある。

ハワイと日本の専門家で構成する「ハワイ相続プロジェクト」代表。