連載

現役獣医師が伝授!愛犬が長く健康に暮らすための「アンチエイジング」法

※本連載は、星野浩子氏の著書『愛犬と20年いっしょに暮らせる本 いまから間に合うおうちケア』(さくら舎)より一部を抜粋・再編集したものです。

著者

  • 星野 浩子

    ほしのどうぶつクリニック院長/獣医師/特級獣医中医師
    1975年、埼玉県に生まれる。埼玉県にある自由の森学園高校在学中に北海道へ行き、そこで暮らすことを決意。北海道江別市にある酪農学園大学酪農学部獣医学科に進学。卒業後は札幌市立円山動物園臨時職員を経て、2003年より東京都小平市にある内山動物病院にて小動物臨床に従事。

    勤務医をしながら2012年より日本獣医中医薬学院にて中国5000年の知恵にもとづく中医学を学び、2016年往診で中医学的治療(鍼灸・推拿・食養・漢方薬)をおこなう動物専門クリニック「ほしのどうぶつクリニック」を開業。

    獣医師、特級獣医中医師、獣医推拿整体師、日本獣医中医薬学院非常勤講師。本書が初の著書となる。

関連書籍

  • 愛犬と20年いっしょに暮らせる本 いまから間に合うおうちケア
    著者
    星野 浩子
    出版社名
    さくら舎
    発行年月
    2018年11月
    ワンちゃんの平均寿命は14歳。人間と同じく、高齢期(小型犬10歳頃)になると老化にともなう病気や体調不良が出てきて、「13歳の壁」を乗り越えられるかがポイントとなる。西洋医学では「トシだから仕方ない」と言われてしまう病気や不調を、著者は東洋医学の治療で改善してきた。 本書では、飼い主が自宅でできる「おうちケア」として、1.マッサージとお灸、2.季節の過ごし方、3.食の養生法の3本立てを紹介。ドッグフードの選び方、手作りごはんレシピなどお役立ち情報も満載。 「うちの子に長生きしてほしい」と願う人、必見!

ピックアップワード