「2,000円の負担のみ、返礼品あり」で子どもたちを虐待から救う、新しい「ふるさと納税」とは

認定NPO法人フローレンスは、「ふるさと納税」を通じて寄付金を募り、子どもたちを虐待から救う活動のために役立てる取り組みを行っています。実質2,000円の負担でまとまった金額の寄付をすることができ、返礼品も受け取れるというものです。本記事では、ふるさと納税を活用して寄付を行うことのメリットと、認定NPO法人フローレンスの取り組みの内容についてお伝えします。

目次
1. ふるさと納税で税制メリットを受けながら社会貢献できるしくみ
◆認定NPO法人フローレンスとは
◆「自己負担2,000円」で大きな額の寄付ができる
◆返礼品を受け取れる(渋谷区在住の方を除く)
◆キャッシュレス決済も利用できる
2. ふるさと納税で受け取れる返礼品
◆極味や(株式会社わっはっは)
◆まい泉 青山店(井筒まい泉株式会社)
◆イタリア式食堂 イルキャンティ (株式会社エスエー・エーエス)
◆SHIBUYA COFFEE PROJECT(※渋谷区の福祉作業所で製造)
◆株式会社LORANS.
3. ふるさと納税は法人にもメリットがある
4. 寄付金の使い道と金額ごとにできることの目安は?
◆寄付金の使い道
◆寄付額ごとに何ができるかの目安
まとめ

1. ふるさと納税で税制メリットを受けながら社会貢献できるしくみ

認定NPO法人フローレンスでは、2022年11月1日~12月31日の間、ふるさと納税を活用したクラウドファンディングを実施しています。

 

ふるさと納税とは、好きな地方自治体に「寄付」をした場合に、「寄付金額-2,000円」が「税額控除」または「還付」という形で戻ってくるしくみです。

 

認定NPO法人フローレンスは、国内の親子の福祉・支援領域における事業の公益性が認められ、ふるさと納税を活用して認定NPO法人を支援するしくみの寄付先団体に選ばれました。

 

東京都渋谷区のふるさと納税に寄付をしていただくと、寄付額から区の募集事務にかかる経費を差し引いた額が認定NPO法人フローレンスに交付され、全国の子どもたちを虐待から救う活動のために活用されます。

 

◆認定NPO法人フローレンスとは

認定NPO法人フローレンスは、2004年に設立された、日本の子ども・子育て領域における社会課題解決のための事業活動を行う国内最大規模のNPO法人です。

 

1週間に1人、子どもが虐待で亡くなる日本。また、母子のひとり親家庭の約半数は貧困状態にあり日本の子どもの7人に1人は相対的貧困と言われています。DVや性被害による予期せぬ妊娠から、赤ちゃん遺棄事件も絶えません。

 

認定NPO法人フローレンスは、無料食品宅配支援や相談支援、にんしん相談支援、ひとり親家庭支援を強化し、親子を孤立させないセーフティネットを日本に作りたいと考え、活動しています。

 

寄付金の額、返礼品の内容、寄付金の使い道、いくらの寄付でどのようなことができるかという点については、後ほど改めてお伝えします。

 

以下、ふるさと納税を利用して寄付を行うメリットについてお伝えします。

 

◆「自己負担2,000円」で大きな額の寄付ができる

ふるさと納税の制度を利用すると、税制上のメリットにより、実質自己負担2,000円でまとまった額の寄付を行うことができます。

 

まず、「寄付金額-2,000円」が所得税・住民税から控除されます。寄付金額の大小にかかわらず、自己負担する額は変わらず2,000円のみです。

 

すなわち、「確定申告」「ワンストップ特例」の2つの申告方法のどちらを選んでも、以下の通り、寄付額のうち自己負担額の2,000円を超えた金額が「還付」または「税額控除」という形で返ってくるのです。

 

【「確定申告」を行った場合(寄付額30,000円)】

 

 

【「ワンストップ特例」を利用した場合(寄付額30,000円)】

 

 

このように、実質的に自己負担額2,000円で、それよりも大きな額を寄付するという、レバレッジを効かせた寄付を行うことができるのです。

 

なお、控除を受けられる額には上限があり、所得等によって異なります。詳しくはこちらのページでシミュレーションすることができます。

 

◆返礼品を受け取れる(渋谷区在住の方を除く)

ふるさと納税により寄付を行うと、返礼品を受け取ることができます。

 

返礼品は、子どもたちや障害者に様々な機会を提供し、次世代を担う子どものための社会貢献活動に積極的に取り組む渋谷区ゆかりのお店から選定し、ご提供しています。返礼品の内容等の詳細については後ほどお伝えします。

 

ただし、渋谷区在住の方には返礼品を用意することができませんので、ご了承ください。

 

◆キャッシュレス決済も利用できる

さらに、寄付を行う際の決済方法は以下の14種類であり、キャッシュレス決済にも幅広く対応しています。いずれも、2022年12月31日いっぱいまでに決済完了すれば、その寄付は2022年の取り扱いとなります。

 

クレジットカード払い/Amazon Pay/PayPay/D払い/au Pay/楽天ペイ/メルペイ/あと払い(ペイディ)/PayPal/Auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い/ネットバンク支払い/コンビニ支払い/ペイジー支払い

 

このほか、ふるさと納税を通じて寄付を行うメリットの詳細については、ふるさとチョイスHPをご覧ください。

 

2. ふるさと納税で受け取れる返礼品

返礼品は、子どもたちや障害者に様々な機会を提供し、次世代を担う子どものための社会貢献活動に積極的に取り組む渋谷区ゆかりのお店から選定し、ご提供しています。以下、紹介いたします。

 

◆極味や(株式会社わっはっは)

ハンバーグセットペアお食事券(渋谷パルコ店限定):寄付額14,000円以上

 

画像はイメージです
※画像はイメージです

 

◆まい泉 青山店(井筒まい泉株式会社)

お食事チケット3,000円分(青山店限定):寄付額10,000円以上

 

画像はイメージです
※画像はイメージです

 

ランチディナー共通 ペア食事券 オリジナルブランド豚「甘い誘惑」豚しゃぶ2名様コース(青山店限定):寄付額30,000円以上

 

画像はイメージです
※画像はイメージです

 

◆イタリア式食堂 イルキャンティ (株式会社エスエー・エーエス)

お食事券9,000円分(渋谷区内5店舗):寄付額30,000円以上

 

※画像はイメージです
※画像はイメージです

 

 

◆SHIBUYA COFFEE PROJECT(※渋谷区の福祉作業所で製造)

ドリップバッグコーヒー60個 SHIBUYA COFFEE PROJECT【スペシャルティグレード】:寄付額30,000円以上

 

※画像はイメージです
※画像はイメージです

 

◆株式会社LORANS.

プリザーブドフラワー BOX (ピンク):寄付額70,000円以上

 

※画像はイメージです
※画像はイメージです

3. ふるさと納税は法人にもメリットがある

ふるさと納税のしくみを活用することは、法人にもメリットがあります。

 

法人税等を算出する場合、費用に入れる金額(損金)が大きくなるほど、法人税法上の利益(課税所得)が少なくなるため、納める法人税等が少なくなります。今回の取り組みを通して渋谷区へ納めたふるさと納税は、法人税法上「国又は地方公共団体に対する寄附金」に該当するため、全額が損金に算入できて税金の控除を受けることができるのです。

 

一方、通常の認定NPO法人への寄付の場合では、資本金や所得金額に応じて一般寄附金の損金算入とは別に特別損金算入限度額の範囲内においてのみ損金の算入が認められます。

 

また、ふるさと納税の場合、地域の課題解決・活性化という社会貢献を行っていることのアピールにもつながります。

 

詳細についてはこちらのページをご覧ください。

4. 寄付金の使い道と金額ごとにできることの目安は?

◆寄付金の使い道

ふるさと納税で寄せられた寄付金は、既存事業の拡大の一環として、下記の用途に活用させていただきます。

 

  • 予期せぬ妊娠をした人の相談対応活動費
  • 困窮家庭に届ける食品の配送料
  • 保育士や支援員の人件費
  • 社会課題を根本から解決するためのソーシャルアクション・政策提言費
  • その他の費用

 

◆寄付額ごとに何ができるかの目安

寄付額ごとにどのようなことができるかの目安は、以下の通りです。

 

【寄付額30,000円】

  • 15世帯にお米のお届けと、それをきっかけにご家庭と “つながる活動” を行うことができます(状況に応じてお送りする内容は食品・日用品・金券等から選択しています)。

 

【寄付額100,000円】

  • にんしん相談:予期せぬ妊娠で困った女性50人の相談対応を行うことができます。

 

【寄付額合計500万円】

  • 特別養子縁組:特別養子縁組で託される赤ちゃんが幸せに暮らせるように、8家庭の養親を育成することができます。

 

まとめ

ふるさと納税のしくみを利用して、自己負担2,000円のみで、子どもたちを虐待から救うために、まとまった額の寄付ができるしくみについてお伝えしてきました。

 

レバレッジの効いた寄付ができるばかりでなく、嬉しい返礼品を受け取ることができます。また、法人も、ふるさと納税のしくみを利用して寄付を行った場合、寄付額全額の損金への算入が認められるという特典を受けることができます。

 

日本では、子どもが週に1人、虐待で亡くなっています。防げるはずの悲しい事件から子どもたちを救うために、この機会を活用して、力をお貸しください。

 

2022年度分のふるさと納税の税制上の特典を受けるには、2022年12月31日いっぱいまでに決済を済ませる必要があります。少しでもご興味を持たれた方は、ぜひ、「ふるさとチョイス」のページからお申し込みください。

 

認定NPO法人フローレンスは、2004年の設立以来、日本の子ども・子育て領域における社会課題解決のため病児保育事業・障害児家庭支援事業・認可保育事業・相談支援事業・特別養子縁組事業、政策提言活動等、10以上の事業活動を全国でおこなう国内最大規模のNPO法人です。

認定NPO法人フローレンス 公式HP>>

著者紹介

連載「2,000円の負担のみ、返礼品あり」で子どもたちを虐待から救う、新しい「ふるさと納税」とは

TOPへ