クリニック経営を成功に導く「患者に求められる医療」の提供

前回は、クリニック経営のために「ホスピタリティ」が不可欠な理由を解説しました。今回は、「患者に求められる医療」を提供することの重要性を改めて見ていきます。

患者のニーズを探ることが、開業立地を選ぶ際の基本

クリニックの開業立地の選定の基本は、人口比で医師数が少なくニーズのある地域を探すことです。なぜならば、経営のすべてにいえることは、自分が何をしたいかではなく、お客様(患者)のニーズがどこにあるかを探ることだからです。

 

これは医療業界の話ではありませんが、経営を考えるうえで示唆的な話があります。

 

若い方はご存じないかもしれませんが、かつて日本の家電業界でビデオ規格戦争というものがありました。現在では、テレビ録画といえばHDD(ハードディスクドライブ)が主流ですが、1980年代にはアナログテープを用いたビデオテープレコーダーが主流でした。というより、ビデオテープレコーダーの発売によって、一般家庭ではじめてテレビ番組を録画できるようになったのです。映像作品のパッケージ化も、レンタルビデオも、みなこのときに始まりました。

 

ところが、この家庭用ビデオは、当初、家電各社がそれぞれ別々の規格で製品を発表していたために、映像作品のパッケージ化が進みませんでした。どの製品が市場を制するかがわからなかったからです。

 

しばらく市場争いが続きましたが、そのうちに2種類の規格に収れんされました。ソニーのベータ方式と、日本ビクターのVHS方式です。ソニーのベータは高画質を売りにする代わりに基本録画時間が1時間に限定されていました。VHSは画質は今ひとつでしたが録画時間が2時間ありました。

お客様のニーズに応えたほうが選ばれる

最終的に市場が選んだのはVHSでした。ソニーのベータにおける画質や機能へのこだわりはメーカーの望んだものでしたが、VHSの長時間録画はお客様が望んだものだったからです。当時のソニーは、ウォークマンで名を上げ、面白いものを作るメーカーとして有名でしたが、自社のブランドやユニークさに対するこだわりが、お客様のニーズに応えることを邪魔してしまったのではないでしょうか。

 

この話は、すべての経営者にとってよい教訓になります。

 

あなたのクリニックは、その街の人々のニーズに合ったものでしょうか?

 

患者に求められる医療を提供できるでしょうか?

本連載は、2017年1月26日刊行の書籍『自己資金ゼロ・ローリスクで 儲かるクリニックを開業する方法』(幻冬舎メディアコンサルティング)の本文から一部を抜粋したものです。

株式会社GSKコミュニケーションズ 代表取締役

1971年生まれ。
1999年から労務を主にしたコンサルティング業務を行い、2004年、株式会社GSKコミュニケーションズを設立。
不動産賃貸業、管理・ソフトウェア開発のほか、飲食業や人材派遣、自動車販売業などさまざまな業種のコンサルティングに従事。さらに2006年4月より「大志の会」「有志の集い」「市川直樹塾」を主宰し、中小企業経営者に向けて講演会やシンポジウムなどを積極的に開催。これまで300社以上の中小企業経営者のコンサルティングに取り組んでいる。 2011年にはしいの木子どもクリニックを開業、クリニックと調剤薬局の経営コンサルティングを手がけ、開業以来5年間で約9万人の患者の集患に成功している。

著者紹介

連載自己資金ゼロで「儲かるクリニック」を開業する方法

自己資金ゼロ・ローリスクで 儲かるクリニックを開業する方法

自己資金ゼロ・ローリスクで 儲かるクリニックを開業する方法

市川 直樹

幻冬舎メディアコンサルティング

勤務医は慢性的な医師不足で時間外の労働が多く、給与も働きに見合わず、過酷な労働環境におかれています。 一方、そうした状況から理想の医療の実現を目標に開業する医師もいますが、都市圏のクリニックは今や乱立状態にあり…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧