商談の80%は第一印象で決まる!? 「服装選び」の重要性

本連載は、半蔵門パートナーズ・社長で、自身も日本を代表する現役のヘッドハンターとして活躍する武元康明氏の著書、『会社の壁を超えて評価される条件』(徳間書店)の中から一部を抜粋し、経営者の目線で「一流人材の条件」とは何かを見ていきます。

その人の「センス」として板についた着こなしか?

「人は外見で判断できない」と言われますが、私たちが初めて候補者とお会いする際に、まず注目するのは、そのかたからどんな第一印象を受けるかです。まずは頭のてっぺんからつま先まで、すべてを見る。するとこちらには、候補者のかたのその日のファッションセンス、声のトーン、言葉の選び方など、様々な情報が飛び込んできます。

 

ビジネス界の定説として、こんな言葉があります。

 

「商談の80パーセントは第一印象で決まる」

 

80パーセントは大げさだとしても、私の経験則では50パーセント程度の影響は十分与えるものだと思います。その人の見た目、態度、そこから醸し出される雰囲気など、相手に与える第一印象こそが、「心・技・体」でいうところの「体」なのです(「体」=第一印象は一夜にして成らず)。

 

しかし、ファッションに関しては、何も高級ブランドに身を包んでいることが正解というわけではありません。私たちがお会いする候補者は、すでに会社のなかでそれなりの地位と収入を得ているかたが多く、服飾や持ち物に対してある程度のお金をかけられるため、高級=センス良しという図式は成り立ちません。

 

私が注視するのは、ブランドが前面に出てしまってブランドに着られっぱなしになっていないか。その人のセンスとして板についた着こなしであるか否かです。

服装が「ブランド頼り」になっている人材は要注意

不思議なもので、決して華美な服装であるわけではないのに、どこか「華」のある人物だと感じさせるかたもいますし、ご自分の体形を理解して洋服を選んでいるのであれば、ご自身のパーソナリティや能力などをきちんと把握されているということでもあると解釈できるでしょう。

 

むしろ、高級ブランドで全身固めているかたなどは、そのかたご自身の個的な魅力以前にブランドの力ばかりが目立ってしまう印象を受けてしまいます。私たち人材サーチの視点からすれば、「ブランド頼りになっていて、自分に自信がないのでは?」とか「見栄っ張りな性格ではないか」という負の側面が気になってきてしまうものなのです。

 

また、候補者のかたとの面談待ち合わせの場所はホテルを利用することが多いのですが、その場所に馴染んでいるか、周囲から浮いていないかということなども、大事なポイントです。

 

[図表]人物のどこを見るのか?

Copyright© All Rights Reserved by Search Firm Japan Corp.
Copyright© All Rights Reserved by Search Firm Japan Corp.

 

ちなみに、私の場合、候補者に会う場所、時間帯、そのかたの立場などTPOによって着て行く洋服を選ぶようにしています。

 

例えば、候補者が私服で通勤する人が多い医師である場合。関連業者からの接待が禁止されている業界なので、私がスーツ&ネクタイ姿で会っていれば、それを見た同僚のかたたちのなかには「製薬メーカーなどの業者から接待を受けているのではないか」と誤解されるかたが出てきてしまうかもしれません。

 

候補者に迷惑をかけず、なおかつ私自身が候補者に対して良い印象を与えられるような服装であることを心掛けています。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「経営戦略」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載経営者の目線で見抜く「一流の人材」の条件

半蔵門パートナーズ 社長

1968年生まれ、石川県出身。
日系・外資系、双方の企業(航空業界)を経て、19年の人材サーチキャリアを持つ、経済界と医師業界における世界有数のトップヘッドハンター。日本型経営と西洋型経営の違いを経験・理解し、企業と人材のマッチングに活かしている。
クライアント対応から候補者インタビューまでを自身で幅広く手がけるため、全国各地を飛び回る。
2003年10月にサーチファーム・ジャパン設立に参加、08年1月に社長、17年1月~3月まで会長就任。
現在、半蔵門パートナーズ代表取締役。大阪教育大学附属天王寺小学校の研究発表会のほか、東京外国語大学言語文化学部でのビジネスキャリアに関する講演などの講師としても活躍。

著書に
『会社の壁を超えて評価される条件:日本最強ヘッドハンターが教える一流の働き』(徳間書店)
『ヘッドハンターはあなたのどこを見ているのか』(メディアファクトリー新書/KADOKAWA)
『ザ・ヘッドハンティング 未上場でも、知名度がなくても、優秀な人材は採用できる!』(日本法令)

著者紹介

会社の壁を超えて評価される条件

会社の壁を超えて評価される条件

武元 康明

徳間書店

ヘッドハンティングの最前線で求められる一流ビジネスパーソン、彼らはなぜ高評価されるのか。クライアントからの依頼に独自の情報分析に基づく人材を探し、転職マッチングを行うサーチ型ヘッドハンティング。その業界で国内最…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧