不動産事業の経営者としての「入居者クレーム」との向き合い方

前回は、不動産投資で銀行との金利交渉を有利に運ぶ「見せ金」の作り方について取り上げました。今回は、不動産事業の経営者としての「入居者クレーム」との向き合い方を見ていきます。

設備上の問題なら大家が負担すべきだが・・・

7.入居者のクレームに感謝せよ! 交渉力を磨け!

 

入居者からの電話は、良いことはほとんどない。大体がクレームで、ロクなことはない。しかし、この対応力を上げ、積み重ねていくと自分の経験値となり、糧となる。そもそも、全く無知で不動産事業に飛び込んでいるんだ、入居者と向き合うのは当然だ!

 

私の事例では、築20年を経過した物件をしばらく保有していたので、その時によくあったトラブルは排水トラブルだ。キッチンの水が流れなくなった。というパターン。で、これは誰が支払うのか? という微妙な話になる。「入居者の過失で、何か詰まったのであれば、入居者負担だが、設備上の問題なら、大家負担」だ。

 

じゃ、今回のトラブルの原因は!? となると、正直よく分からんという結論。その場合、入居者に上記のような原則論をまず話す。しかしながら、何が原因かよく分からないですよね・・・だから折半して負担しませんか。という交渉をする。

ビジネスだと割り切り、心を鬼にして対応する

大体の入居者さんは理解してくれるが、築20年も経過していると、実はどちらかというと大家側の設備上の問題では? と内心では思っている。しかし、これは不動産事業というビジネスだと割り切って、心を鬼にして折半を持ちかける。

 

私も、相当背伸びをして銀行から融資を組んで、この事業に取り組んでいる。私の家族を路頭に迷わせないためにも、この事業で失敗するわけにはいかんのだ。ここでの入居者さんのクレームは、ロジカルな思考を鍛える1つの練習場所であり、交渉力を強化することができる! 逃げずに正面からぶつかれ! 嫌なことも前向きにとらえて、1つ1つの問題をクリアにしていくことで成長できる! 

 

ぜひ、入居者のクレームも前向きにとらえてほしい。そして、どうしたら少ない経費でそのクレームを解決することができるか、脳みそに汗をかいてほしい。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載本気で不労所得1000万円を目指す! 不動産投資成功の心得17条

茨城県出身、東北大学工学部卒、1976年生まれ38歳、一般メーカーに勤務。
子供の頃、父親の影響で株式投資に興味を持つ。学生時代、初めて買った株(シントム)は上場廃止に。
社会人になった後も、懲りずに株に手を出す。ライブドアショック時には震源地のライブドアを保有しており、数百万円の損失!一念発起して次は日本と海外の金利差に着目してFXを試みるが、リーマンショックが直撃してあえなく撃沈。
その後、2008年に不動産業界に参入。売買頻度も少なく、腰を据えて不動産事業に向き合った結果、今までに無い好成績を上げる。
現在は、東京都内と神奈川県に5棟・5億円・50部屋のオーナーとなる。40歳までにトリプル3 (3棟・3億円・30部屋)を目指していたが、オーバーシュートして勢い余ってトリプル5 (5棟・5億円・50部屋)に!

著者紹介

理系サラリーマン大家が伝授する  不動産投資で不労所得1000万円を得る方法

理系サラリーマン大家が伝授する 不動産投資で不労所得1000万円を得る方法

溝口 晴康

幻冬舎メディアコンサルティング

いまや大ブームとなった不動産投資。しかし初心者であれば、どんな物件を買うべきか、資金をどのように調達するのか、購入後はなにをすればよいのかなど、わからないことだらけ。しかし著者は、そこで、自ら不動産投資にチャレ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧