バブル崩壊の歴史に見る「ペーパー投資」の不確実性

今回は、バブル崩壊時のエピソードを振り返り、ペーパー投資の危うさ、不確実性について見ていきます。※本連載では、株式会社OKAMURAの代表取締役・岡村恭資氏の著書『続・なりたい人だけが資産家になれる 企業経営者を目指すな! 個人企業家を目指せ!』(風詠社)の中から一部を抜粋し、不動産投資で大きな利益を得るためのノウハウを紹介していきます。

サブプライムローンの崩壊を描いた映画から得た教訓

株価で換算すると一年間で大きく変動するのですが、不動産の価格も連動し、変動して株価とかなり近いものになります。但し、業界にはあのバブルを経験している世代が生き残っているので、時価相場の正当性を大きくはみ出して価格をつけることはありません。

 

リーマン・ショックを描いた「マネー・ショート 華麗なる大逆転」という映画を見ましたがバブル崩壊を招いた当時の日本を彷彿とさせる内容でした。

 

サブプライムローンの構成で実際の信用度を自ら調査するファンドの経営者が現実の構成層を知ってアメリカ経済の崩壊を予測するのですが、主人公は客観的なデータから予測して空売りをするという金融業界のモラルの崩壊を暴露したものになっています。

 

彼らは予測が当たれば数千億ドルの利益を得るのですが愕然とするという結末です。

 

経済の崩壊は国家の弱体を招くということです。実際には政府の対症療法で当事者たちの逮捕や罰則実行は一部に留まったと記憶しています。

バブル時代の住宅ローンと営業マンの実態

日本のバブルも同じで住宅金融公庫の政府が関与する住宅ローンを最前線の営業マンたちが無条件に審査を通過するように操作していたという記憶があります。彼らはリフォームローンも付けて頭金もなしに現金バックという手法で注文をとるのです。

 

手元資金が不足していても新築住宅を得ると同時に、数百万円の現金がメーカーから口座に振り込まれるという、実際には犯罪の共犯者になってしまうような現実ですが、この手法が横行していたのです。

 

10年間の金利の抑制期間が過ぎて、実際に10年後に支払い者の所得が増えればよかったのですが、これもあやふやで崩壊の一因となりました。現実の世界は、映画や小説より面白いのです。

 

資産5億円への道程の中でこのような間違った予測を立てると、途中で支払いがショートすることもあります。しかし、収益物件が支える所有不動産内容は他のペーパー投資に比べ遥かに確実性があります。

本連載は、2016年11月刊行の書籍『続・なりたい人だけが資産家になれる―企業経営者を目指すな!個人企業家を目指せ!』から抜粋したものです。その後の法律、税制改正等、最新の内容には対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載「不動産を動かす」だけで儲ける資産家のノウハウ

株式会社OKAMURA 代表取締役

昭和26年生まれ。京都外語大学卒業後、宅地建物主任者資格取得。昭和58年2月福岡県にて登録。以降、不動産関連事業に従事し、現在に至る。

著者紹介

続・なりたい人だけが資産家になれる―企業経営者を目指すな!個人企業家を目指せ!

続・なりたい人だけが資産家になれる―企業経営者を目指すな!個人企業家を目指せ!

岡村 恭資

風詠社

手持ち資金0円から資産家生活へ!“なりたいシリーズ”待望の第2弾!不動産を動かすだけで思うがままに資産を増やすノウハウとは…。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧