不動産投資で重要な「時代を先読みする感覚」

今回は、不動産投資で重要な「時代を先読みする感覚」を見ていきます。※本連載では、株式会社OKAMURAの代表取締役・岡村恭資氏の著書『続・なりたい人だけが資産家になれる 企業経営者を目指すな! 個人企業家を目指せ!』(風詠社)の中から一部を抜粋し、不動産投資で大きな利益を得るためのノウハウを紹介していきます。

時代の流れに合わせた物件の建替えも

資産家の不動産業者がプロとして組み上げた法人に隙はないということです。これを継承するためには業態を常に不動産に置き、安定化させた上で内容を時代に合わせて変えていくのは当然です。

 

収益物件でもファミリー系が必要となる場合、独身者用が必要となる場合があります。都心においては車の乗り入れ制限で月極め以外の駐車場は需要が無くなることも考慮します。その時点で月極めのみで経営が可能かは判断のしどころですし、収益ビルに建てかえる効果も予測すべきです。

 

仕様をまちがえると需要に対応できないので、要注意です。

「30年先の計画」まで立てておく

ターミナル駅の近くなら、相変わらず人気のカラオケ店舗専用であったり、フロアすべてを貸しスタジオ、貸しコンサートホールなどに対応可能な仕様にしておけば、今後の需要に対しても堀起こし可能になります。

 

このように周囲を見回しつつ、時代を読む、先を読むという感覚を研ぎ澄まし、今後はどんな業態になっていくのかを常に考察していくべきです。

 

これらは、継承者がなるべく悩まぬように自分の代で30年先の計画まで立てておくようにしたいものです。

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載「不動産を動かす」だけで儲ける資産家のノウハウ

株式会社OKAMURA 代表取締役

昭和26年生まれ。京都外語大学卒業後、宅地建物主任者資格取得。昭和58年2月福岡県にて登録。以降、不動産関連事業に従事し、現在に至る。

著者紹介

続・なりたい人だけが資産家になれる―企業経営者を目指すな!個人企業家を目指せ!

続・なりたい人だけが資産家になれる―企業経営者を目指すな!個人企業家を目指せ!

岡村 恭資

風詠社

手持ち資金0円から資産家生活へ!“なりたいシリーズ”待望の第2弾!不動産を動かすだけで思うがままに資産を増やすノウハウとは…。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧