世界の都市と比較 東京には何人の富裕層がいるのか?

今回は、東京には何人の富裕層がいるのか、世界の都市と比較して見ていきます。※本連載では、株式会社OKAMURAの代表取締役・岡村恭資氏の著書『続・なりたい人だけが資産家になれる 企業経営者を目指すな! 個人企業家を目指せ!』(風詠社)の中から一部を抜粋し、不動産投資で大きな利益を得るためのノウハウを紹介していきます。

資産家を目指すための道しるべ

さて、ここで富裕層たる資産100億円を目指すための道しるべを世界各国のデータから見てみようと思います。

 

この手の調査を自覚するところから、目標に意味が出てくるということです。

 

当然のことながら、あなたが望めばこのクラスには今の位置から到達できるのは言うまでもありません。

 

イギリスの不動産コンサルタント大手のナイト・フランク社が発表したデータをかいつまんで説明すると以下のようになります。

 

資産34億円クラス以上の富裕層は東京には2035人しかいない、とのことです。面白いと思いませんか。あなたが目指す資産100億円の人はそれほど多くはないということが分かります。

 

1位のニューヨークは5600人です。しかし、注目点は昨年が4位で3227人だったのに今年は5600人になっている点です。

 

ロンドンが2位です。昨年は1位でした。3位は、モスクワです。3457人もいます。北京が6位、上海が16位です。パリには1510人です。ローマでは1242人、ユーロ圏の落ち込みは厳しい現実です。

富裕層の減少は株価の下落も影響!?

さて、東京ですが、昨年は3575人もいたのです。最新のデータでは2035人。この落ち込みが何を意味するかは、多くの要因があるので一概に判断できませんが株価の下落が影響しているでしょう。

 

あとは高額な税率を嫌って、国外に資産を移したということが考えられます。日本に住めなくなった人もいるようです。

 

ちなみに、大阪の規模はどうでしょう。1億円程度なら11万人、10億円で1840人、30億円以上が568人というところです。

 

海外に資産を持つのも面白いですが高くなりすぎています。20年前なら多くの不動産物件を抑えておけば投資として考えられますが、現在では高値つかみにしかなりません。

 

あなたがお住まいの都市で資産100億円を目指すのはそれほど無理なことではありません。個人で比べれば相当上位に位置するはずです。世界でも1万人の中に入ることもあるでしょう。こんな目標があれば明日からまた資産を増やしていこうと思っていただけると思います。

 

本書が、明日を生きるあなたのためのモチベーションとなれば、私にとっても、次回作へのモチベーションになっていくと思います。

株式会社OKAMURA 代表取締役

昭和26年生まれ。京都外語大学卒業後、宅地建物主任者資格取得。昭和58年2月福岡県にて登録。以降、不動産関連事業に従事し、現在に至る。

著者紹介

連載「不動産を動かす」だけで儲ける資産家のノウハウ

続・なりたい人だけが資産家になれる―企業経営者を目指すな!個人企業家を目指せ!

続・なりたい人だけが資産家になれる―企業経営者を目指すな!個人企業家を目指せ!

岡村 恭資

風詠社

手持ち資金0円から資産家生活へ!“なりたいシリーズ”待望の第2弾!不動産を動かすだけで思うがままに資産を増やすノウハウとは…。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧