土地の活用法の検討で重要な「希少性」という要素

今回は、土地の活用法の検討で重要となる「希少性」という要素について説明します。※本連載では、株式会社OKAMURAの代表取締役・岡村恭資氏の著書『続・なりたい人だけが資産家になれる 企業経営者を目指すな! 個人企業家を目指せ!』(風詠社)の中から一部を抜粋し、不動産投資で大きな利益を得るためのノウハウを紹介していきます。

希少性を価値に変えるか、自ら価値を作るかが重要

例えば東京都中央区銀座の土地を押さえた場合を想像してみましょう。そこであなたは周辺を見て思うことでしょう。

 

「いつでも好きなときに好きな価格で売却できる」と。めったにないから、それには価値があるのです。

 

JR新橋駅から銀座方向に拡がる土地を想像すると古いものを壊さない限りは新たな更地などありません。つまりあなたが希少性を価値に変えるか、自ら価値を作り出すかの二通りしかないのです。

 

ほとんど手に入ることのない希少な銀座の土地をあなたは売り渡し、残ったのは数億円の利益です。この利益は必要であったわけではなく、自分がつけた価格で売却することが目的となっていたので満足すべき結果です。

資産ができたとしても日本の今後を考えると・・・

このような論法で話を進めていくと、一方では日本という国のあり方を論じる必要が生じます。現時点で5億円ほどの資産が所有できたとします。富裕層に一歩足を踏み入れたと言っていいでしょう。しかし、日本の日本的社会性、いわゆるサービス精神やモノの価格、労働賃金は毎年、下降しています。

 

日本は世界でまだ第3位に君臨しているからといって、今後もこれが続くと思っている人はいないでしょう。新興国に追いつかれてしまうのは時間の問題。日本人がいるから日本という国は立派なのであり、このまますばらしい精神性を維持できる可能性は、ほとんどないと思います。

 

悲しい現実ですが悪貨は良貨を駆逐するのです。

 

資産家となった暁にもやはり、この日本の豊かな精神性の行き届いた日本という国がある間はストレスもないかも知れませんが、それがもし消失してしまった場合、今の貧弱な資産内容では不安感が拭えないことがお分かりになるでしょう。

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載「不動産を動かす」だけで儲ける資産家のノウハウ

株式会社OKAMURA 代表取締役

昭和26年生まれ。京都外語大学卒業後、宅地建物主任者資格取得。昭和58年2月福岡県にて登録。以降、不動産関連事業に従事し、現在に至る。

著者紹介

続・なりたい人だけが資産家になれる―企業経営者を目指すな!個人企業家を目指せ!

続・なりたい人だけが資産家になれる―企業経営者を目指すな!個人企業家を目指せ!

岡村 恭資

風詠社

手持ち資金0円から資産家生活へ!“なりたいシリーズ”待望の第2弾!不動産を動かすだけで思うがままに資産を増やすノウハウとは…。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧