親が集めた骨董品や宝石 なぜ早めに現金化すべきなのか?

今回は、骨董品、宝石などの「高価なもの」は、親が元気なうちにお金に換えておくべき理由を見ていきます。※本連載は、日本クオリティオブライフの代表理事である清水晶子氏の著書、『親とさよならする前に』(サンクチュアリ出版)の中から一部を抜粋し、親が生きているうちに解決したい「お金」の話について見ていきます。

<やっておくと、ここがラク>

◆医療費や介護費のための蓄えになる

預金や証券等以外の見落としがちな親の資産

預金口座、不動産、保険、有価証券、借金など、親の資産についていろいろ見てきました。ここではその他の見落としがちな親の資産を見ていきましょう。

 

●ゴルフ会員権

 

バブル経済のころは約1億円の価値があったともいわれるゴルフ会員権も、今では値崩れして紙切れ同然のものも多いです。相続すると会費や名義変更料が発生するので、ゴルフに興味がなければ処分しましょう。

 

●骨董品、美術品

 

親の死後、その価値がわからずに処分してしまったり、二束三文で売りに出してしまったりしがちなので要注意です。入手先や、購入金額を親に確認しましょう。

処分するかどうかは、必ず親と相談してから決める

●宝石、貴金属

 

もらう人を勝手に決めると、子どもの間でトラブルになりがちです。ちょっとした宝石なら、みんなで相談して、生前に親からプレゼントしてもらう形にするとよいですね。高価なものは贈与税の対象となる可能性もあるので、判断する際は税理士へ相談することをおすすめします。

 

●コレクション、収集したもの

 

切手やフィギュアなどマニア向けのコレクションは本人にしか価値がわかりません。生前は処分したがらないことが多いので、元気なうちに商品名、購入金額、価値などをリスト化してもらいましょう。いざというときにすぐ売ることができます。

 

子どもが引き継ぐ意思のないもの、今の親に必要ないものは、なるべく現金に換えて、老後の生活に備えるのがポイントです。ただ、こういったものは親にとっては、プライドを示すためのものだったり、価格以上の意味があるものだったりします。処分するかどうかは、必ず親に確認しましょう。

「相続・事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「相続対策」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載親が生きているうちに解決したい「お金」の話

日本クオリティオブライフ協会 代表理事

神奈川県生まれ。葬儀社の役員として、15年以上にわたり年間1,000件以上の葬儀供養などの相談に携わり、人生の終末期における生活者の悩みに真摯に向き合う。
更に自身の祖母の介護・成年後見を経験したことにより、終活の必要性・重要性を生活者・事業者に伝えることが使命と考え、一般社団法人日本クオリティオブライフ協会を設立。長寿社会において、最後まで尊厳を保ち、誰もが人生に幸福を見出せる社会の醸成に努める。
全国各地で、終活、生前整理に関するセミナーや高齢者ヨガのクラスを開催し、人気を博している。

《取得資格》
厚生労働省認定葬祭ディレクター技能審査 1級葬祭ディレクター
一般社団法人終活カウンセラー協会 終活カウンセラー
日本葬祭アカデミー教務研究室 葬祭カウンセラー
株式会社ジーエスアイ グリーフサポートバディ

著者紹介

親とさよならする前に 親が生きているうちに 話しておきたい64のこと

親とさよならする前に 親が生きているうちに 話しておきたい64のこと

清水 晶子

サンクチュアリ出版

あなたは、あと何回親と話せるだろう その日がきても後悔しないために 幼いころの思い出 両親のなれそめ 感謝の気持ち 介護 お墓 お金 相続 実家の片付け いつまでも元気だと思っていた親が、段々年を重ねてきて心配な事がちょ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧