親に「お金の問題」で頼られたら・・・子どもはどう対応すべき?

今回は、親に「お金の問題」で頼られたら、子どもはどう対応すべきかを説明します。※本連載は、日本クオリティオブライフの代表理事である清水晶子氏の著書、『親とさよならする前に』(サンクチュアリ出版)の中から一部を抜粋し、親が生きているうちに解決したい「お金」の話について見ていきます。

<やっておくと、ここがラク>

◆「できない」を「これならできる」に換えることで、

親子ゲンカにならない

◆お金のストレスを感じずに済む

「親の借金」などを肩代わりする必要はない

ときどきお金の問題を子どもに頼る親がいます。たとえば

 

●お金を貸してほしい

●借金を肩代わりしてほしい

 

などです。

 

実際、何かにつけて親の買い物の支払いをしている人や、「親孝行できなかったから・・・」という負い目があるからか、親の死後、親の借金を返済し続けている人が多くいます。

 

子どもだからといって、親に頼まれたことをすべてやる必要はありませんよ。とくに親の借金は子どもの責任ではありません。独立した人間なのだから、断ってもよいのです。もし援助するなら、いくらまでお金を出せるのか、あらかじめ決めておきましょう。

「できない」ではなく「これならできる」と提案する

たしかに、親に「できない」と言うのはつらいこと。親も、子どもを信頼してお願いしているのに・・・と傷つくかもしれません。

 

そんなときは、どんなことならできるのか可能性を探って、「できない」ではなく「これはできるよ」と言えることを探してみてください

 

たとえば

 

「(お金は出せないけど)入院の付き添いならできるよ」

 

こんな感じですね。

 

できないことをわざわざ口に出して伝えるよりも、できることを教えてあげる。そうやってお互いの距離感を縮めていけるとよいですね。

日本クオリティオブライフ協会 代表理事

神奈川県生まれ。葬儀社の役員として、15年以上にわたり年間1,000件以上の葬儀供養などの相談に携わり、人生の終末期における生活者の悩みに真摯に向き合う。
更に自身の祖母の介護・成年後見を経験したことにより、終活の必要性・重要性を生活者・事業者に伝えることが使命と考え、一般社団法人日本クオリティオブライフ協会を設立。長寿社会において、最後まで尊厳を保ち、誰もが人生に幸福を見出せる社会の醸成に努める。
全国各地で、終活、生前整理に関するセミナーや高齢者ヨガのクラスを開催し、人気を博している。

《取得資格》
厚生労働省認定葬祭ディレクター技能審査 1級葬祭ディレクター
一般社団法人終活カウンセラー協会 終活カウンセラー
日本葬祭アカデミー教務研究室 葬祭カウンセラー
株式会社ジーエスアイ グリーフサポートバディ

著者紹介

連載親が生きているうちに解決したい「お金」の話

親とさよならする前に 親が生きているうちに 話しておきたい64のこと

親とさよならする前に 親が生きているうちに 話しておきたい64のこと

清水 晶子

サンクチュアリ出版

あなたは、あと何回親と話せるだろう その日がきても後悔しないために 幼いころの思い出 両親のなれそめ 感謝の気持ち 介護 お墓 お金 相続 実家の片付け いつまでも元気だと思っていた親が、段々年を重ねてきて心配な事がちょ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧